【現在位置】トップページ > 他の国内メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2011年11月23日

フジプレアム社が2012年度に、1.5m2(出力200W以上)で重量を半減(8.5kg)した太陽電池パネルを発売予定

フジプレアム社が2012年度に、重量を従来商品から半減した太陽電池パネルを発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・太陽電池パネル、重さ半減 フジプレアム(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819890E0E3E2E1918DE0E3E3E3E0E2E3E39E9696E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

上記URL先ページによると、製品の概要は、

・主な特徴:
 ・ガラスを従来商品(3.2mm)の半分以下まで薄型化した。
  一方、
  ・耐久性
  ・最大出力200W以上)
  は従来製品と変わらない。
 ・生産はほぼ機械化しており、効率的な製造が可能。
・サイズ:縦1m・横1.5m
・重量:8.5kg(自社従来品は17kg)
・価格:
 1戸建て住宅への設置(3kW)の場合、約180万円。(従来商品とほぼ同等)
・想定用途:
 ・一般住宅
 ・公共施設
 ・築年数が古い住宅(通常は強度の面から、太陽電池パネルの設置が難しい)

等となっています。

またフジプレアム社では、太陽電池事業において事業強化(営業拠点の増加、新商品の投入など)を図り、2012年度に売上高50億円以上(※2010年度は約25億円)を目指す方針とのことです。


2010年にデュポン社と共同開発したモジュールの重量は、1m2あたり7.2kg(1.5m2で10.8kg)とのことでしたが、今回は更なる軽量化を実現した、ということでしょうか。
(軽くなっただけでなく、耐久性や発電能力が維持されているというのも魅力的)

既設住宅への太陽電池パネル設置のハードルが大きく下がるためにも、今後も発電能力を維持しつつ軽量化が進むことを、強く期待したいです。


※参考サイト・ページ
・[1]フジプレアム
 http://www.fujipream.co.jp/
・[2]住宅用太陽光発電システム
 http://www.fujipre-sales.co.jp/solar_system.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 02:07 | Comment(0) | 他の国内メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。