【現在位置】トップページ > 他の国内メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2011年12月14日

フジプレアムが、重量を従来比で半減した結晶シリコン太陽電池モジュール「希(のぞみ)」を発売予定

フジプレアム」社が、重量を大幅軽減した結晶シリコン太陽電池モジュール(のぞみ)」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・フジプレアム、軽量化した太陽電池モジュールを2月発売(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201112130008.html

上記URL先ページによると、製品の概要は、

・主な特徴:
 フジプレアムのコア技術である「超精密貼合技術」を用い、
 ・ガラス(従来は3.2mm)の薄型化0.8mm)
 ・荷重試験・衝撃試験をクリアする強度
 の両方を実現。
・メリット:
 大幅な薄型化・軽量化により、下記のメリットが期待できる。
 ・住宅屋根への設置可能容量の拡大
  3kWのシステムでの重量負担は160kgとなる。(従来品の「FMC」「FC」シリーズでは325kg)
 ・設置用途の拡大
  従来は設置できなかった
  ・住宅用カーポート
  ・折半屋根(工場、倉庫などで使用)
  ・築10年以上の一般住宅
  ・二次的建物や曲面対象物(駐輪場、バス停留所など)
  への導入が可能となる。
 ・応用商品(カーポート用、曲面タイプ、太陽熱ハイブリッドタイプ)への適用
 ・設置作業負荷の軽減、安全性・作業性の向上
・サイズ:横1,482mm×縦985mm×厚さ35mm
・重量:8.2kg(従来品「FC-215」から51.8%軽量化)
・最大出力:215W(「FC-215」と同じ)
・価格:スーパーストレートタイプの従来品と同等
・発売時期:2012年2月末の予定

等となっています。


最もポピュラーで実績がある結晶シリコン型太陽電池パネルにおいて、大幅な軽量化を実現したという点に、非常に大きな魅力を感じます。

設置できる場所の大幅な拡大には、勿論強く期待したいですが、曲面への適用というのが具体的にどのように実現されるのか、という点にも、非常に興味を引かれます。


※参考サイト・ページ
・[1]フジプレアム
 http://www.fujipream.co.jp/
・[2]住宅用太陽光発電システム(「フジプレ販売」のサイト内)
 http://www.fujipre-sales.co.jp/solar_system.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:23 | Comment(0) | 他の国内メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。