【現在位置】トップページ > ガラス(カバーガラス・基盤用ガラス等) > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年02月03日

日本板硝子が太陽電池向けガラスを減産する方針、2011年度第3四半期に需要が急減速

日本板硝子」社が2月2日、2012年3月期通期連結業績予想を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・日本板硝子、世界で3500人削減 欧州需要減で人員の1割(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E2E0E29B9A8DE2E0E2E0E0E2E3E08698E3E2E2E2;at=ALL

(日本板硝子のサイト内ページ)
・収益性改善施策と連結業績予想の修正についてのお知らせ
 http://www.nsg.co.jp/ja-jp/media/announcements-2012/improve-profitability

上記URL先ページによると、この中で太陽電池用ガラスについては、

・市場の見通し:
 中期的には成長している。
 しかし、3四半期著しい減速がみられ、通期では見通しを大きく下回ると予想される。

・対策:
 需要減少に対応するため、英国のフロートライン1基を休止する。
 これは、ベトナムでの太陽電池用ライン建設の延期決定(2011年12月15日発表)に続く措置である。
 (※管理人注:
   英国での停止対象設備が、太陽電池向け製品の生産ラインなのかどうかは明記されていません)

等の内容が示されています。


・シャープの太陽電池パネル
・コマツNTCのワイヤソー

の販売の減り具合は2011年10-12月に大きくなっていますが、日本板硝子のガラス需要も同時期に急減速したとのことで、やはりこの時期に太陽電池市場での急激な状況変化が起こった、ということなんでしょうか。

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。