【現在位置】トップページ > メーカー:京セラ > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年03月28日

京セラが2012年4月に、太陽光発電+蓄電システム+HEMSの住宅向けシステムの受注を開始予定、太陽光発電システム4.03kWの場合は約490万円

京セラ2012年4月に、

太陽光発電システム
蓄電システム
HEMS

を組み合わせる住宅向けシステム受注を開始する予定とのこと。

(ニュース記事)
・京セラ、太陽光発電と蓄電システムを連携した新システムの受注開始(エクール)
 http://www.ecool.jp/press/2012/03/kyocera12-pv0328.html

(京セラのサイト内ページ)
・太陽光発電に蓄電システムを組み合わせた新システムの受注開始
 http://www.kyocera.co.jp/news/2012/0308_yoko.html

上記URL先ページによると、システムの概要は

・主な特徴:
 ・太陽光発電システムと蓄電システムの連系により、下記の機能を実現する。
  ・通常時
   安価な深夜電力を蓄電し、昼間に利用。
   これにより、太陽光発電による売電量の増加(押し上げ効果)が期待できる。
   運転モードは、ユーザーの生活パターンやニーズに合わせて6つを用意。
  ・停電時
   自動的に、蓄電池(7.2kWh)からの電力供給に切り替わる。
   生活に必要な家電(冷蔵庫、冷暖房器具、テレビ等)を、同時に最大12時間連続使用できる。
   また晴天時には、太陽光発電システムの自立運転機能を利用可能。
 ・京セラの独自技術を活用したHEMSと組み合わせることで、
  ・パソコン
  ・テレビ
  ・スマートフォン
  等により、家庭内エネルギー状況を「見える化」できる(画面上で一元管理)。

・主な仕様:
 ・設備構成:太陽光発電システム+蓄電システム+HEMS
 ・蓄電システム:
  ・バッテリーの種類:リチウムイオン電池
  ・容量:7.2kWh
   フル充電の所要時間は3時間。
  ・定格出力:2.5kW
  ・その他:
   蓄電ユニットは計2台(14.4kWh)まで増設可能。
 ・運転モード:
  ・太陽光売電優先モード
  ・深夜電力活用モード
  ・エコハウスモード
  ・ピーク抑制モード
  ・強制充電モード
  ・強制放電モード
 ・希望小売価格(税、工事費別)の例:
  太陽光発電システム4.03kWの場合は4,926,000円。(HEMSを除く場合は4,726,000円)
  ※顧客の要望に応じ設備構成を変更できるため、希望小売価格は各々の場合で異なる。

・受注・販売:「京セラソーラーコーポレーション」社が担当。

・今後の予定:
 ・受注開始時期:2012年4月1日
  (※販売ルートにより受注開始時期が異なる)
 ・出荷開始時期:2012年7月中旬

・販売目標:初年度に10,000セット

等となっています。


(あくまで一例とはいえ)約490万円という価格は非常に高額なので、「太陽光売電優先モード」において深夜電力と太陽光発電の売電価格の差により、初期投資の回収期間がどの程度と見込まれるのか、というのが非常に気になるところです。

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 21:23 | Comment(0) | メーカー:京セラ
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。