【現在位置】トップページ > 市場・業界の動向:国内 > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年04月10日

ソフトバンク社による各メーカーの太陽電池パネルの発電データ公開の影響を解説している「日本経済新聞」の記事

下記URL先ページでは、ソフトバンク社による各メーカーの太陽電池パネル(北海道の帯広市・苫小牧市に設置)の発電データ公開の取り組みについて解説されています。

(ニュース記事)
・陽光発電 「メーカー主導」の終わり 引き金引いたソフトバンクとカカクコム(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g=96958A9C93819696E2E4E2E4E28DE2E4E2E6E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;dg=1;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2EB

この中で、実際の太太陽電池パネル販売における

・従来は無かった実測データの比較公表による影響で、ある販売店では
 ・「ソフトバンクのサイトで見たところ、発電量が多かった○○社のパネルが欲しい」
 との問い合わせも受けている。

との状況が紹介されています。


SBエナジー社のサイトにおける比較情報の公開がもたらしている影響については、週刊ダイヤモンドでも取り上げられていました[2]が、あくまである特定の場所・環境における実績とはいえ、発電量の実態を消費者が確認できるようにしたことの意義は非常に大きいのでは、と考えます。

今後は環境・気象が異なる各地域での発電実績を確認できるよう、このような実証施設が北海道以外の日本各地に設置されたら、更に消費者が有用な判断材料を得られるのではないでしょうか。


※参考サイト・ページ
・[2]事業内容(SBエナジー社)
 http://www.sbenergy.co.jp/ja/business/index.html
・[1]ソフトバンクの発電性能公表で戦々恐々の太陽電池メーカー(週刊ダイヤモンド)
 http://diamond.jp/articles/-/16276


※当ブログの関連記事:
ソフトバンクの孫社長が、北海道帯広市での太陽光発電実験プラント建設の計画を公表、複数メーカーのパネルのデータを収集(2011/07/14)
ソフトバンクが北海道・帯広競馬場で太陽光発電実証プラントを着工、国内外10社の太陽電池パネルを設置(2011/11/07)
ソフトバンク社が、北海道・苫東地域での太陽光発電実験プラント建設で、太陽電池パネル設置を開始(2011/12/12)
ソフトバンクによる北海道・帯広競馬場内の太陽光発電実験プラントが完成、2012年1月からはメーカー毎のパネル発電量をウェブ上で公開予定(2011/12/16)
ソフトバンクによる北海道・苫東地域の太陽光発電実験プラントが完成(2011/12/23)
SBエナジーが北海道の太陽光発電実験施設のデータを公開開始、10社のパネルの発電量などをリアルタイムで確認可能(2012/02/06)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 09:31 | Comment(0) | 市場・業界の動向:国内
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。