【現在位置】トップページ > その他の素材・材料・部品 > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年04月13日

加Spark Systems社が、太陽電池パネルの発電能力を高める小型機器「スパーク」を開発

カナダのベンチャー企業「Spark Systems」が、太陽電池パネルの発電能力をアップさせる小型機器スパーク」を開発したとのこと。

(ニュース記事)
・今週のグリーンフロント・フラッシュ・ニュース(usfl.com)
 http://www.usfl.com/Daily/News/12/04/0411_026.asp?id=94909

上記URL先ページによると、製品の概要は

・機能:
 専用ソフトウェアを搭載。
 送電網と接続しパネル毎の最大出力を検知して、全てのパネルにおいて最大の出力が常時得られるように調整を行う。
・メリット:
 ・ユーザーは
  ・LCDディスプレイ
  ・スマートフォン
  により、リアルタイムで稼動状況確認できる。
 ・日照が弱い場合でも、太陽電池パネルによる発電を従来よりも長く行うことが可能になる。

等というもの。

また記事では、Spark SystemsのCOOのランドール・ノース氏の

・「スティーブ・ジョブズがアイパッドでやったことを太陽電池でやりたい」

とのコメントが紹介されています。


検索してみたところ、同じくオンタリオ州を拠点とする「Spark Solar」社のサイト[1]を見つけましたが、今回の記事の「Spark Systems」社と同じ企業であるかは確認できませんでした。
(今回の機器に関する情報は掲載されていない)

ニュース記事で紹介されているCOOのコメントからは、(iPadを引き合いに出すあたり)利便性や機能の面でかなり革新的な機器であることが期待されるので、より詳しい機能・特徴が気になるところです。


※参考サイト・ページ
・[1]Spark Solar
 http://www.sparksolar.ca/

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 09:51 | Comment(0) | その他の素材・材料・部品
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。