【現在位置】トップページ > 地方自治体の取り組み > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年05月12日

静岡県内での2010年度末時点の太陽光発電システム導入住宅は3万3,187戸、普及率は3.74%

下記URL先ページでは、静岡県内での太陽光発電導入の動向などが解説されています。

(ニュース記事)
・新エネルギー「元年」/1年後の浜岡(朝日新聞)
 http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001205100004

この中で、同県での太陽光発電の普及状況(2010年度末時点)として、県エネルギー政策課による

・太陽光発電システムの導入住宅数3万3,187
普及率3.74

との数字が紹介されています。


記事で取り上げられている住宅用太陽光発電の導入者(2012年2月に発電開始)の事例では、設置費用(補助金適用後で165万円)について「5年で元はとれる」と、私が良く見聞きする見通し(10年以上)に比べてかなりの短期間であることに驚きましたが、それだけ設備費用の低下が著しく進んでいる、ということでしょうか。

この状況が、静岡県での住宅用太陽光発電システムの普及率をこの1年間でどこまで高めたのか、というのも、かなり気になるところです。


※当ブログの関連記事:
静岡県が太陽光発電などの導入計画を前倒しする方針、東日本大震災に伴う電力不足に対応(2011/04/13)
静岡県内での2010年度の住宅用太陽光発電補助制度の申請件数は7,912件(前年度比52.3%)、全国の伸び率(35.1%)を大きく上回る(2011/08/23)

太陽光発電の住宅普及率は「西高東低」(2008/11/17)
長野県松本市が住宅用太陽光発電の導入率目標を3%に引き上げ(2009/01/15)
岡山県が2011年までに、住宅用太陽光発電設備の普及率2.5%を目指す(2009/07/21)
家庭用太陽電池を導入したいが、コストや設置場所等の制約で導入できない人が27.5%(2009/08/26)
九州地方における、2009年度の住宅用太陽光発電システム普及状況を解説している「くまにちコム」の記事(2010/10/13)
静岡県が太陽光発電などの導入計画を前倒しする方針、東日本大震災に伴う電力不足に対応(2011/04/13)
内閣府によると、2007年度末の太陽光発電の国内普及率は平均1.52%とのこと(2011/06/22)
富山県内の太陽光発電設置住宅数は5,100軒(2011年6月末現在)、57件に1件の割合とのこと(2011/07/13)
熊本県が独自算出による2010年度の住宅用太陽光発電普及率を発表、1位は佐賀県(5.59%)・2位熊本県(5.63%)・3位宮崎県(5.47%)(2011/11/18)
沖縄県内の住宅用太陽光発電の導入件数は2011年10月末時点で9,540件、導入率は1.28%とのこと(2011/12/09)
住宅金融支援機構による2011年の「住宅取得に係る消費実態調査」で太陽光発電システムの導入率は8.5%、「一戸建て(新築)」では17.5%(2012/01/24)
埼玉県行田市が太陽光発電システム設置業者・金融機関と協定、割安価格(4kW設備で200万円前後)・低金利ローン(年4%未満)で既存住宅への太陽光発電普及を図る(2012/3/19)
marsh社のインターネット調査で、東京電力管内の住宅用太陽光発電システムの設置率は4.3%、ただしオール電化住宅では29.0%(2012/04/17)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 13:21 | Comment(0) | 地方自治体の取り組み
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。