【現在位置】トップページ > 試験・検査 > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年05月12日

UL Japanが太陽電池モジュールの出力検査サービスを強化、固定価格買取制度の導入に備える

UL Japan」社が2012年5月10日に、

・固定価格買取制度の導入に備え、太陽電池モジュール出力検査サービス強化した。

と発表したとのこと。

(ニュース記事)
・UL Japan、太陽光発電モジュールの出力検査サービスを強化 〜発電事業者の安定した売電収入と事業運営をサポート〜(PR TIMES)
 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000004222.html

(UL Japanのサイト内ページ)
・【プレスリリース】UL Japan、太陽光発電モジュールの出力検査サービスを強化  −発電事業者の安定した売電収入と事業運営をサポート -
 http://www.ul.com/japan/jpn/pages/newsroom/newsitem.jsp?cpath=%2Fjapan%2Fjpn%2Fcontent%2Fnewsroom%2Fnews%2Fgeneral%2Fdata%2Fpr_pv_20120510175400.xml

上記URL先ページによると今回は、三重県伊勢市のPV試験所において、従来の試験(目視検査・出力測定・耐圧試験・漏れ電流試験)の他に、顧客の要望に応じて

耐荷重試験
降雹試験
火災試験
環境試験

等の追加実施が可能になったとのことです。


追加可能な試験の項目を見ると、実際の設置環境における物理的なダメージを想定したものが多い、と見受けられますが、太陽光発電の普及が進むにつれて、より実際の設置環境に即した試験に対するニーズが高まっている、ということでしょうか。


※当ブログの関連記事:
「UL Japan」の太陽光発電機器向け試験所が稼動開始、米「UL」の認証が国内で可能に(2010/09/10)
UL JapanのPV試験所がCB試験所に認定、IECの全加盟国で通用するCBレポートの発行が可能に(2012/03/16)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 13:23 | Comment(0) | 試験・検査
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。