【現在位置】トップページ > 飛行機 > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年06月07日

太陽光発電飛行機「ソーラー・インパルス(HB-SIA)」がスペインのマドリード〜モロッコのラバト間(830km)を飛行、大陸間飛行は初

太陽光発電をエネルギー源とする飛行機「ソーラー・インパルス(HB-SIA)」が2012年6月5日に、初の大陸間飛行を達成したとのこと。

(ニュース記事)
・初の大陸間飛行に成功=スペインから海峡越えモロッコ到着−太陽電池機(時事ドットコム)
 http://jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012060600201
・ソーラー飛行機、初の大陸間飛行 スペイン―モロッコ間(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/eco/news/TKY201206060211.html
・ソーラー飛行機で初の大陸間飛行(NHK)
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120606/k10015634112000.html

(プロジェクトのサイト)
・SOLAR IMPULSE - AROUND THE WORLD IN A SOLAR AIRPLANE
 http://solarimpulse.com/

上記URL先ページによると、今回の飛行の概要は

・区間:スペインのマドリード〜モロッコの首都ラバト
 (ジブラルタル海峡を跨いでいる)
・飛行距離:830km
・飛行時間:19時間
 ・出発:6月5日5:22
 ・到着:同日23:30

等となっています。


初の大陸間飛行の達成とのことで、「ソーラー・インパルス」が2年後の世界一周に向けて着実に準備を進めていることが伺えます。

それだけに、次はどのような飛行に挑むのか、今後の発表が非常に楽しみです。


※当ブログの関連記事:
インドで開発中の太陽電池搭載飛行機「Solarimpulse」(2008/11/17)
スイスの科学者が、太陽光発電のみで飛ぶ飛行機「ソーラー・インパルス」を開発中(2009/06/28)
太陽光発電飛行機による世界一周計画「ソーラー・インパルス」が、日本で発表(2010/03/06)
「ソーラー・インパルス」が約1時間30分の試験飛行に成功、最高高度は1,200m(2010/04/08)
「ソーラー・インパルス」の飛行機が約26時間の連続飛行を達成、エネルギーは約3時間分を残す(2010/07/09)
スイスの「ソーラー・インパルス」が、ソーラー飛行機での国際飛行(飛行距離約500km)を初成功(2011/05/16)
ブルガリアの「ソルベイ・グループ」が2012年5月に、航空機「ソーラー・インパルス」の48時間連続試験飛行(スイス−モロッコ間2,500km)を行う予定(2012/04/06)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 23:28 | Comment(0) | 飛行機
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。