【現在位置】トップページ > 試験・検査 > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年07月13日

テュフ ラインランド ジャパンが、太陽電池モジュールの信頼性保証体制に関する規格「JIS Q 8901」の認証サービスを開始

テュフ ラインランド ジャパン」社が2012年7月12日に、

・太陽電池モジュールの信頼性保証体制に関する新規格「JIS Q 8901」の認証サービス

を開始したことを、発表したとのこと。

(ニュース記事)
・テュフラインランド、太陽電池モジュールの信頼性保証体制に関する認証サービスを開始(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=314284&lindID=4

(テュフ ラインランド ジャパンのサイト内ページ)
・テュフ ラインランド ジャパン JIS Q 8901(太陽電池モジュールの信頼性保証体制)についての認証サービスを開始 ユーザーに対し長期の信頼性を保証するための任意認証
 http://www.tuv.com/news/jp/japan/about_us_jp/press_2/news_1/newscontentjp_110272.jsp/pv20120712

上記URL先ページによると、サービスの概要は

・主な調査対象:
 メーカーまたは商社で、太陽電池モジュール製品の
 ・設計
 ・製造
 ・性能保証
 に主たる責任を負う製造責任者

・調査・評価方法:
 新規格に基づき、実際に現地を訪問して調査・評価を行う。

・必要な期間:
 ・調査:通常は1日をかけて行う。
 ・認証:評価に問題が無い場合、数週間以内に認証書を発行する。

等となっています。


「JIS Q 8901」の適合性認証については、既に「UL Japan」がサービス開始を発表していますが、更に今回は大手の検査機関であるテュフ社でのサービス開始とのことで、太陽光発電設備の安定運用実現という面からも、モジュールの品質・保証の信頼性向上に大きく寄与することを、期待したいところです。


※当ブログの関連記事:
UL Japanが地上設置する太陽電池モジュール向けに「JIS Q 8901」の適合性認証サービスを開始、設計製造・性能保証の信頼性保証体制を要求(2012/07/04)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 13:14 | Comment(0) | 試験・検査
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。