【現在位置】トップページ > その他の素材・材料・部品 > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年08月30日

横浜ゴムのブチルゴム系シール材「M-155P」がUL認証の「RTI値110℃」を取得、シリコーン系と同等以上の耐熱耐久性が証明

「横浜ゴム」社が2012年8月29日に、

ブチルゴム系ホットメルトタイプの太陽電池モジュール用シール材M-155P」が、米UL認証の「RTI値(耐熱耐久性)110」を、2012年7月に取得した。

と発表したとのこと。

(ニュース記事)
・横浜ゴム 太陽光発電モジュール用シール材が米国のUL認証を取得(横浜ゴム)
 http://www.gomutimes.co.jp/?p=39077

(横浜ゴムのサイト内ページ)
・太陽光発電モジュール用シール材「M-155P」がUL認証のRTI値110℃を取得
 http://www.yrc-pressroom.jp/html/201282915mb001.html

上記URL先ページと資料[1]によると、「M-155P」の概要は

・背景:
 ・モジュール用シール材は、
  ・モジュール基板(セルをガラスや樹脂で保護したもの)
  ・アルミフレーム
  を接着し、湿気の侵入防止するための部材である。
 ・太陽電池モジュールは使用時に高温になるため、シール材には現在、耐熱耐久性に優れるシリコーン系シーリング材が多用されているが、これには他方で
  ・硬化に時間がかかる。
  ・吸湿性が高く、モジュールの長期間使用における出力低下の原因になる。
  との課題・懸念がある。
  一方ブチルゴム系ホットメルトは、耐湿性には優れるものの、熱に弱い難点がある。

・主な特徴:
 ・ブチルゴムの架橋反応を向上させる新技術を採用し、耐熱耐久性を大幅にアップしている。
  今回の「RTI値110℃」取得は、実際の使用環境において、シリコーン系シール材と同等以上の耐熱耐久性を持つことを示す。
  (※「RTI値」は、10万時間使用の想定下で初期性能が半減する温度を評価するもの)
 ・シリコーン系より接着速度が圧倒的に速い。
 ・透湿性が一般的なシリコーンの1/100程度で、モジュールの長期耐久性向上に寄与する。

等というもの。

横浜ゴムでは本製品について、日本国内の他、中国・韓国・台湾などでの販促にも取り組んでいく方針とのことです。


最近は産業用太陽光発電システムで発生するPID現象への関心が高まっていますが、「M-155P」は耐湿性に優れるとのことで、湿度の高さが発生・進行原因の一つという同現象に対する防止効果はどうなのか、という点に興味を引かれます。


※参考サイト:
・[1]太陽光発電モジュール用のシール材「M-155P」発売
 http://yrc.dga.jp/?go=http%3A%2F%2Fwww.yrc-pressroom.jp%2Fpdf%2F20102415mb001.pdf%26f%3Dr&rid=46784&ref=http%3A%2F%2Fwww.yrc-pressroom.jp%2Fhtml%2F201282915mb001.html&PHPSESSID=792686a53cfa8f5e30f7341338d661b4


※関連記事:
横浜ゴムが中期経営計画「グランドデザイン100」で、太陽電池用の高性能シール材開発に取り組む(2009/05/13)
横浜ゴムが、耐熱性・接着性を向上させた太陽電池モジュール用シール材「M-155P」を発売(2010/02/06)

Q-Cellsの多結晶型モジュール「Q.PRO」が、Fraunhofer CSPによる耐PID試験において、最大出力の保証性能を証明(2012/06/23)
京セラ製の産業用モジュールがフラウンホーファー研究機構により、PID現象での出力低下が起きない、と認可されたとのこと(2012/07/11)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 03:42 | Comment(0) | その他の素材・材料・部品
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。