【現在位置】トップページ > 地方自治体の取り組み > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年09月27日

静岡県での8年後の太陽光発電の導入目標が、2012年度中に達成される見通しとのこと

静岡県の川勝知事が9月25日の県議会において、県内の太陽光発電の導入状況を公表したとのこと。

(ニュース記事)
・太陽光発電の導入 8年前倒しで目標達成へ(静岡県)(日本テレビ)
 http://news24.jp/nnn/news8804092.html

上記URL先ページによると川勝知事は、

・県の新エネルギー倍増計画における太陽光発電の8年後導入目標が、2012年度中に達成される見通し。
・この要因としては、
 ・固定価格買取制度の施行
 ・県内4ヶ所で実施したセミナー
 等が挙げられる。

等の内容を語ったとのことです。


2011年3月の発表資料[1]では、静岡県での2020年度の太陽光発電の導入目標は

・2009年度実績の3倍
・住宅用は10万世帯以上

とされており、これらが今年度中にも達成される勢い、ということであれば凄まじいハイペースですが、東日本大震災を契機とした県の取り組みや県民の意識向上がもたらしている結果、ということなんでしょうか。

今後どこまで設置・普及を進めることができるのか、日照条件に恵まれた地域[2]での先駆的な導入推進の事例という意味でも、強く注目したいところです。


※参考サイト:
・[1]ふじのくに新エネルギー等導入倍増プラン(静岡県)
 http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-260/documents/shinnenepuran.pdf
・[2]太陽エネルギーを活かしたエネルギーの地産地消の推進(同上)
 http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/0618.html


※関連記事:
静岡県が太陽光発電などの導入計画を前倒しする方針、東日本大震災に伴う電力不足に対応(2011/04/13)
静岡県内での2010年度末時点の太陽光発電システム導入住宅は3万3,187戸、普及率は3.74%(2012/05/12)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 01:24 | Comment(0) | 地方自治体の取り組み
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。