【現在位置】トップページ > 有機太陽電池 > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年09月27日

大阪大学の研究グループが太陽光発電できる「紙」を開発、ナノファイバー(木材パルプ繊維から作る)や銀ナノワイヤを使用

大阪大学の研究グループが、太陽光発電できる「」を開発したとのこと。

(ニュース記事)
・紙の太陽電池、加工自在に 阪大が開発(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2300I_X20C12A9MM0000/

(「Laboratry of Cellulose nanofiber Materials」内のページ)
・【新聞】 「紙の太陽電池」日本経済新聞ウェブに紹介されました。
 http://www.nogimasaya.com/news/2012/%E3%80%90%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%80%91%E3%80%80%E3%80%8C%E7%B4%99%E3%81%AE%E5%A4%AA%E9%99%BD%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E3%80%8D%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96/

上記URL先ページによると、太陽電池の概要は

・構造:
 木材パルプ繊維から作るナノファイバー(厚さ15nm)等により、透明な紙を製造。
 その上に、
 ・銀ナノワイヤ透明膜電極(幅100nmの銀ナノワイヤを塗布)
 ・有機太陽電池素子
 を設けている。

・変換効率:3
 紙ベースの有機太陽電池では世界最高水準。
 また、ガラス基板+ITO透明膜電極による従来の有機太陽電池と同等の水準。

・その他の特徴:
 ・折り畳み可能
  「透明な紙」「銀ナノワイヤ透明膜電極」はナノネットワーク構造を持つため、折り畳んでも壊れない。
 ・低温での製造が可能:
  製造プロセスにおける最高温度は50度。
  (※ガラス基板を用いる太陽電池の場合は、300〜500度の熱が必要)

等となっています。


基板がパルプ繊維から作られるために「紙」とされているのだと思いますが、柔軟性だけでなく色が(太陽電池素子を除いて)透明である、ということにも驚きます。

変換効率が1ケタ台前半に留まっているのは難点ですが、取扱いのしやすさや低温での製造が可能な点は大きな魅力であり、実用化に強く期待したいところです。

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 22:58 | Comment(0) | 有機太陽電池
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。