【現在位置】トップページ > メーカー:シャープ > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年09月28日

シャープが寄棟屋根用の単結晶型モジュールの新製品4種を発売予定、設置容量アップと設置時間短縮を実現

シャープが2012年9月28日に、

寄棟屋根向けに、設置容量アップ・設置時間短縮を実現する単結晶型太陽電池モジュールを発売する。

との方針を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・シャープ、設置容量が高く設置時間も短い寄棟屋根対応太陽電池モジュールを発売(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=320487&lindID=6
・シャープ 寄棟屋根に最適化した新太陽電池モジュール(家電Watch)
 http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20120928_562916.html
・シャープが設置容量を11%増やせる太陽電池モジュールを発売、15年で22万円の差に(Tech-On!)
 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120928/242631/?ST=energytech
・シャープが太陽電池4機種を発売 単結晶に資源を集中、黒字化へ(サンケイビズ)
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/120928/bsb1209281642003-n1.htm

(シャープのサイト内ページ)
・寄棟屋根対応 単結晶太陽電池モジュールを発売
 http://www.sharp.co.jp/corporate/news/120928-b.html
・発表会レポート
 http://www.sharp.co.jp/corporate/report/solar_module/index.html

上記URL先ページによると、今回の製品の概要は

・背景:
 日本国内の戸建て住宅の構成比率(2007年度から過去10年間)は、
 ・寄棟屋根43
 ・切妻屋根40
 ・その他16
 と、寄棟屋根と切妻屋根はほぼ同じ。
 しかし寄棟屋根は、屋根面の形状が複雑なため、太陽電池モジュールの効率的配置が難しい。
 シャープでは、2001年に5角形の「コーナーモジュール」を発売して以来、設置容量の向上に取り組んできたが、2012年度上期の販売における寄棟屋根向けの比率見込みは、約10%に留まっている。

・主な特徴:
 ・設置容量の向上:
  ・セルの出力アップ
  ・コーナーモジュールのセル枚数増量(従来製品の16枚から20枚に増加))
  により、設置容量を従来システム比で約11%アップした。
  従来では設置量が3.76kWだった寄棟屋根では、今回の新製品により、4.17kWの搭載が可能になる。
 ・屋根と調和するデザイン:
  黒色のセルとバックフィルムを採用。
  モジュールの外観を黒に統一している。
 ・マルチストリングパワーコンディショナとの組み合わせによる発電量アップ
  マルチストリングパワーコンディショナ(JH-45CD3P/JH-40CD3P)は、
  ・電力ロスの低減
  ・屋根面ごと最大電力取り出し
  との機能を持っており、これを用いることで更なる発電量の向上が期待できる。
 ・新開発の取り付け工法に対応:
  新しい取り付け工法では、
  ・モジュール固定金具と横桟の一体化
  等、構造の改良を行っている。
  これにより、取り付けの強度・安全性を維持しつつ、設置時間を約20%削減できる。
  社内の検討では、4kWのシステムの設置時間(従来は10時間)を、7時間40分まで短縮することに成功している。
 ・その他:
  セルの電極は3本バスバー構造を採用しているが、京セラの特許とは裏面の電極構造が異なっている。

・種類:
 ・「NU-172BB」:
  ・公称最大出力:172W
  ・希望小売価格(税抜き):81,600
 ・「NU-122CB」:
  ・公称最大出力:122W
  ・希望小売価格(税抜き):57,800
 ・「NU-081LB」:
  ・公称最大出力:81W
  ・希望小売価格(税抜き):45,600
 ・「NU-081RB」:
  ・公称最大出力:81W
  ・希望小売価格(税抜き):45,600

・発売日:2012年10月10日の予定
・月産台数:計40,000

等となっています。


シースルー太陽電池モジュール「NA-B095AA」から連続しての発表にちょっと驚きましたが、国内市場でのニーズに細かく対応していくことで、太陽電池事業での活路を見出す狙いがある、ということでしょうか。

2つ目のニュース記事では、住宅用太陽光発電システムにおけるシャープの

・「52万件の導入実績を背景に、約28万通りのCADデータベースを持っており、それをもとに屋根への最適な配置を可能にできるという強みがある」

との主張が紹介されていますが、今回の製品の発表内容を見る限りでも、数々の配慮は老舗の大手メーカーならではのものであり、海外メーカーが簡単に追従できるものではないのでは・・・と感じられるので、今後も国内市場で確固としたポジションを固めていくことを、期待したいところです。


※関連記事:
「PV EXPO 2009」に出展された、バリエーション豊かな太陽電池(2009/03/04)
シャープが「ルーフィット設計」方式対応の太陽光発電システムを、2010年5月に発売(2010/03/17)
シャープが住宅用システム向け「まるごと15年保証」を開始予定、約16,000円(3〜4kW設備の場合)で修理・交換が15年間無制限(2012/06/27)
シャープは、国内住宅向け太陽電池(ブラックソーラー等)の国内生産を続ける方針とのこと(2012/08/28)
シャープがシースルー太陽電池モジュール「NA-B095AA」を発売予定、「太陽光発電」「適度な採光」「熱の遮断」を兼ね備える(2012/09/26)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 23:02 | Comment(0) | メーカー:シャープ
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。