【現在位置】トップページ > 他の海外メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2012年11月21日

台湾の新日光能源科技(Neo Solar Power)と旺能光電(DelSolar)が合併する方針、セル生産能力は約2GW(世界2位)に達する見通し

・太陽電池メーカー「新日光能源科技(Neo Solar Power、NSP)」
・「台達電子工業(Delta Electronics)」

の台湾企業2社が2012年11月19日に、

・新日光能源科技と、台達の子会社「旺能光電(DelSolar)」を合併する。

との方針を発表したとのことです。

(ニュース記事)
・台湾太陽電池2社合併 新日光と旺能、生産能力世界2位(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1905K_Z11C12A1000000/

(各社のサイト内ページ)
・Neo Solar Power joins hands with Delta Group to create the largest solar cell company in Taiwan(Neo Solar Power社)
 http://www.nsp.com/ftp/TSEC%20NR_20121119.pdf
・Neo Solar Power joins hands with Delta Group to create the largest solar cell company in Taiwan(Delta Electronics社)
 http://www.delta.com.tw/press/press_detail.asp?sid=1&id=775

上記URL先ページによると、合併の概要は下記の通り。

・合併後の生産能力
 ・セル:約2GW(Suntechに次ぎ世界2位となる見通し)
 ・モジュール240MW
 (※各社の現在の生産能力は、
   ・新日光能源科技:セル1.3GW、モジュール60MW
   ・旺能光電:セル600MW、モジュール180MW)

・今後のスケジュール:
 新日光が2012年11月20日〜12月14日に、旺能光電の株式(現在は台達が54%を保有)の13〜15%を取得。
 その後2013年6月を目処に、2社が合併する。
 (台達は新会社の株式約17%を保有し、筆頭株主になる予定)

・その他:
 台達電子は今回の合併において、現在の新日光の経営陣をサポートすることで同意している。


合併により生産能力が世界トップクラスに躍り出るとはいえ、現在の世界市場での供給能力が過剰(需要の約2倍)という状況は変わらないはずですが、今回の合併ではその現状の先を見越して、生き残りのために事業の効率化や技術力の向上を図る、ということなんでしょうか。

先月には韓国のHanwhaグループが独Qセルズを買収していますが、今後も大手メーカー間での買収・合併が続くことになるのか、引き続いて注目していきたいところです。


※関連記事:
Hanwhaグループが「ハンファQセルズ」社を設立、生産能力は計2.3GWに(2012/10/26)

中国「Trina Solar」社のCEOが、2015年までに太陽光発電関連企業の約2/3が淘汰される、等と予想(2011/11/09)
Suntech Power社CEOへのインタビュー内容を紹介している「東洋経済」の記事(2012/04/03)
米GTM Reseachが、2015年までに太陽光発電関連メーカー約180社が破綻または売却される、と予想(2012/10/17)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 04:16 | Comment(0) | 他の海外メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。