【現在位置】トップページ > 賃貸住宅・集合住宅 > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年02月01日

レオパレス21が福島県での「仮想メガソーラー」実証事業で、各アパートでの発電状況などをウェブ上で公開する方針

レオパレス212013年1月31日に、福島県内の管理物件を活用する「仮想メガソーラー」の実証事業計画を発表していました。

(レオパレス21のサイト内ページ)
・67棟で1.2MW、約400世帯分の電力供給〜福島県で仮想型太陽光発電所の実証事業本格始動〜
 http://www.leopalace21.co.jp/news/2013/0131_649.html

上記URL先ページによると今回の事業では、レオパレス21が管理する福島県内のアパート67棟に、計1.2MWの太陽光発電システムを設置し、各棟ごとの稼動状況や環境条件をデータセンター(富士通)で一元管理

更に、その収集データはウェブ上で公開する予定で、具体的には

・太陽光発電システムの導入アパートを地図上に示し、各アパートにおける
 ・発電容量
 ・発電量
 ・日射量
 ・温度
 等の情報を公開する。

とのことです。


アパートと戸建住宅では、太陽電池パネルの設置条件(屋根の形状など)が異なるとは思いますが、それでも例えば自宅近辺のアパートにおける発電状況や環境が明示されることで、戸建住宅への太陽光発電導入においてもかなり有力な判断材料になるのでは、と考えます。

今回の事業は福島県内のみですが、仮想メガソーラーともども今後全国に取り組みが拡大して、豊富な情報が手軽に参照可能になることを、期待したいところです。


※関連記事:
富士通とレオパレス21が福島県内で、複数アパートの太陽光発電をICT技術で束ねる「仮想型太陽光発電所」の実証事業に取り組む(2012/09/08)
レオパレス21の管理アパートで太陽光発電設置が5,000棟を突破、2年未満で設置可能物件の22%超に(2013/01/17)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 04:37 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。