【現在位置】トップページ > 市場・業界の動向:国内 > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年04月04日

楽天ソーラーが京セラ製リチウムイオン蓄電システムを取り扱い開始、太陽光発電2,28kWとのセットは294万円

楽天が2013年4月3日に、

楽天ソーラーにおいて同日に、リチウムイオン蓄電システム京セラ製)の取扱いを開始した。

と発表していました。

同社のサイト[1][2]によると、製品の概要は下記の通り。

蓄電容量7.2kWh
寿命4,000サイクル後(約10年間)でも、使用可能容量80%を維持する。
稼動モード:下記の6種類。
 ・太陽光売電優先モード(※推奨モード)
 ・太陽光充電モード
 ・ピークカットモード
 ・深夜電力活用モード
 ・強制充電モード
 ・強制放電モード
保証10年間
価格(太陽光発電システムとのパッケージ):
 税込294万円(太陽光発電2,28kW)〜416万8,500円(同6.27kW)。
 ※別途、蓄電分電盤2万3,000〜3万7,000円)の購入が必要。
 ※蓄電システムだけの購入も可能。
キャンペーン
 ・「蓄電地ポイントバックキャンペーン」:
  ・対象者:
   2013年4月3日〜4月30日の期間にエントリーし、システムを購入・設置した顧客。
  ・ポイント還元:
   ・蓄電システムのみ:1万ポイント
   ・蓄電システム+太陽光発電システム:3万ポイント
   ・蓄電システム+太陽光発電システム+太陽マイレージクラブ入会:5万ポイント


蓄電システムはまだまだ高価な設備であるものの、思ったよりも安く抑えられている印象ですが、ネット通販で多大な実績・経験を持つ楽天ならではの価格設定を実現した、ということでしょうか。(それでも、蓄電池分だけで200万円程度はすると見受けられますが)

ただ、楽天ソーラーではシャープ製の太陽光発電システムを取り扱っており、そちらとの兼ね合いは今後どうなるのか、というのがちょっと気になるところです。(2メーカーのものを取り扱っていく、ということなのか)


※参照・参考サイト:
・[1]楽天ソーラー、「リチウムイオン蓄電システム」の取扱いを開始(楽天の企業サイト)
 http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2013/0403_01.html
・[2]蓄電池(楽天ソーラー)
 http://solar.rakuten.co.jp/battery/


※関連記事:
楽天が住宅用太陽光発電を低価格で販売・施工する「楽天ソーラー」を発表、一式価格は2.77kWモデルで95万円・4.44kWモデルで148万5,000円(2012/07/10)
楽天が「楽天ソーラー産業用」を提供開始、価格はkWあたり31万6,800円〜46万8,100円(2012/10/16)
楽天ソーラーに損害補償サービス「住宅用ワランティ」が追加、自然災害による損害を10年間・最大150万円補償(2013/02/02)
楽天ソーラーが「太陽マイレージクラブ」を開始、発電電力量1万kWhごとに設備のメンテナンス・洗浄などが利用可能(2013/03/05)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 08:44 | Comment(0) | 市場・業界の動向:国内
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。