【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年04月18日

LDK Solarが転換社債(約2,400万ドル)の支払延期を目指す、合肥市の子会社は売却

中国の「LDK Solar(江西賽維LDK太陽能高科技)」社が2013年4月16日に、

・一時的なキャッシュフロー不足により、4月15日が満期の転換社債(約2,400万ドル)を、期限内に全額償還できなかった。

と発表していました。

同社のサイト[1]やニュース記事[3]によると、社債保有者のうち2者との間では、

・現金による分割返済
・新規融資

により、約1,650万ドルの支払いを延期することで合意。
残りの転換社債については、協議を続けていくとのことです。

またこの件に関連したものかは不明ですが、LDK Solarは同日に子会社の売却を発表しており、[2][4]によると概要は下記の通り。

売却の対象
 合肥市を拠点とする全額出資子会社「LDK Solar High-Tech (Hefei) Co., Ltd.,(賽維LDK太陽能高科技(合肥))」
売却先
 合肥市政府の関連会社「Hefei High Tech Industrial Development Social Service Corporation」
売却額:約1億2,000万
 ※これによりLDK Solarは、8,000万〜9,000万ドルの損失を計上する見込み。


売却対象の子会社の詳細は良く分かりませんが、合肥市に構える太陽電池セル・モジュールの工場と関係があるのか、LDK社全体での生産能力調整という面からも、かなり気になるところです。

先に破綻した無錫サンテックについては、無錫市政府の出資企業による再編主導の可能性が指摘されていましたが、今回のLDKの子会社も合肥市政府の関連会社が買い取るとのことで、中国太陽電池メーカーで経営難を背景に、今後も地方政府による子会社買収が続くことになるのか、注視していきたいところです。


※参照・参考サイト:
・[1]LDK Solar Announces Partial Nonpayment for Convertible Notes(LDK Solar)
 http://www.ldksolar.com/med_press_list.php?news_id=451
・[2]LDK Solar Provides Update on the Sale of LDK Hefei(同上)
 http://www.ldksolar.com/med_press_list.php?news_id=452
・[3]LDKソーラー、2400万ドルの転換社債を償還できず(WSJ)
 http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323846104578427810474256692.html
・[4]LDKソーラー、子会社の持ち分売却で損失計上へ(同上)
 http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324309104578427973556356956.html


※関連記事:
LDK Solarが、中国国内に太陽電池セルとモジュールの工場を新設する予定(2010/08/19)
中国の太陽電池産業・メーカーの苦境を解説している「朝日新聞」の記事(2012/08/13)
LDK Solarは2011年末以降に人員の約22%(5,000人以上)を削減、利ざやは同業他社と比べ最低水準(2012/05/01)
中国の大手太陽電池メーカー10社の債務は、2012年1-3月期末時点で計175億ドルとのこと(2013/02/09)

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 22:03 | Comment(0) | 中国メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。