【現在位置】トップページ > 国内のメガソーラー > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年05月16日

日本製紙と三菱商事が、徳島県小松島市で約210MWのメガソーラー事業を計画

日本製紙2013年5月14日に、

  • 徳島県小松島市で、三菱商事との共同により、約210MWのメガソーラー事業に取り組む。
との計画を発表していました。

日本製紙のサイト[1]やニュース記事[2]によると、事業の概要は下記の通り。

  • 場所:小松島市豊浦町の製紙工場跡地(臨海部の遊休地)
  • 敷地面積:約25万m2
  • プロジェクトの運営主体
    2社が折半出資するSPC「日本製紙メガソーラー小松島合同会社」(今年3月に設立)が担当する。
  • 発電電力の用途:FITにより四国電力に売電する。
  • スケジュール予定
    2013年秋:建設着工
    2014年後半:売電を開始

100MW超の太陽光発電所計画としては

に続くもので、日本国内でも(数は少ないながら)意外に出揃ってきているのは、固定価格買取制度とパネル価格の下落によるものでしょうか。

ただ、小松島市で県が先に計画しているメガソーラーでは、南海トラフ巨大地震による津波での浸水対策を講じる予定とのことで、今回の日本製紙などによる事業でも、その点で何らかの対策を講じることになるのか、注目したいところです。


※参照・参考サイト:
[1]徳島県小松島市(日本製紙社有地)で四国最大規模のメガソーラープロジェクトを推進(日本製紙)
http://www.nipponpapergroup.com/news/news13051401.html
[2]日本製紙・三菱商事、四国で最大規模となる メガソーラープロジェクトを徳島で開始(日経BP環境経営フォーラム)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/emf/20130515/248132/

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:31 | Comment(0) | 国内のメガソーラー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。