【現在位置】トップページ > 市場・業界の動向:欧米 > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年08月31日

EU ProSunが、中国太陽電池メーカーが多種の政府補助金(売上高の11.5%相当)を受けていることを欧州委員会が認めた、と発表

欧州の太陽光発電業界団体「EU ProSun」が2013年8月28日に、

  • 9ヶ月以上にわたる調査の結果、欧州委員会は
    中国の太陽電池メーカーが、売上高の11.5に相当する多種の政府補助金を受けている。
    との結論に達し、これを公表した。
と発表していました[1]。

この発表によると、補助金の種類には

  • 原材料の割引
  • 電力の割引
  • マーケティングの補助金
  • 国有銀行による融資
などがあり、欧州委員会が作成したこれらのリストは、多数のページを埋めているとのこと。

また発表の中では、EU ProSunのプレジデントのMilan Nitzschke氏による

  • 欧州の生産コストは、中国より安い。
    中国製太陽電池パネルが欧州製より安い唯一の理由は、政府による違法な補助金である。
  • 最近EUが受けた(ダンピングに対する)和解案は、これらの補助金に言及しておらず、中国政府が補助金を止めることも明記されていない。
等のコメントも紹介されています。


欧州委員会のサイトには、現時点でこの件に関する発表は見当たりませんでしたが、ニュース記事[2]では報道官の方のコメントも報じられており、調査結果自体は(EU ProSunの一方的な主張ではなく)欧州委員会によるもので間違い無いと思われます。

補助金による中国製パネルの値下げ効果は、大雑把に1割と考えられますが、5月には中国製パネルの価格について欧州製より最大で45%安いとの業界関係者のコメントが報じられており、今回指摘された補助金だけでそれだけの価格の優位性が実現できるものなのか、というのは正直疑問を感じます。

中国政府の補助金が無ければ欧州製パネルのほうが安い、というのは強気の主張ですが、例えばJinkoSolar社は、中国製パネルの競争力は企業努力により実現されたと主張しており、それは一理あると考えるべき、という気もします。

とはいえ、EU側の主張の根拠である(中国政府による)「違法な補助金」に関して、具体的な数字が示されたことは大きく、今後のペナルティー措置の行く末に大きな影響力を持つのではないでしょうか。


※参照・参考サイト:
[1]European Commission confirms massive illegal subsidies to Chinese solar manufacturers(EU ProSun)
http://www.prosun.org/en/component/downloads/downloads/194.html
[2]中国太陽光パネルメーカーに補助金の恩恵−欧州委の調査結果(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MSA4VE6JIJVO01.html

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 14:04 | Comment(0) | 市場・業界の動向:欧米
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。