【現在位置】トップページ > 導入施設 > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年09月10日

三重高校が、太陽光発電の売電収益を用いる奨学金制度を設立予定

  • 三重県松阪市の「三重高校」が、屋上設置の太陽光発電システムを利用した奨学金制度を設立する方針。
と報じられていました。

まず、設備の概要は下記の通り。

  • 発電容量30.4kW
  • 太陽電池パネルの枚数160
  • 設置費用:約1,300万
    三重中学・高校同窓会が、設立50周年事業として設置した。
  • 売電収入:年間120万円程度の見込み。
    2013年9月11日に売電を開始する予定。

そしてこの施設の売電収入を奨学金に充てるとのことで、制度の概要は下記の通り。

  • 対象者
    原則として毎年、中学1年生から1人程度ずつを選ぶ。
  • 給付額:毎月1万5,000
  • 給付期間:高校卒業まで
  • 開始時期2014年度からの予定

中学〜高校の計6学年に1名づつだと、1万5,000円/月 × 12ヶ月 × 6人 = 108万円となり、売電収入が順調に得られれば、問題なく給付できる額ですが、太陽光発電の発電量は一定ではないだけに、毎年の天候と設備のしっかりした管理・メンテナンスが、制度の安定運営の鍵となると思われます。

初期費用の償却が考慮されていないのは、同窓会による寄付ならではの特殊な条件であり、また制度の維持はFITの適用期間(20年)内に限られるとは思いますが、「太陽光から得る奨学金」がユニークで魅力的な試みであることは間違いなく、他校でも同様の取り組みが広がれば面白いと思います。


※参照・参考サイト:
[1]三重高校に太陽光パネル設置 売電収入は奨学金に
http://www.asahi.com/area/mie/articles/NGY201309070024.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 02:17 | Comment(0) | 導入施設
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。