【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年09月10日

中国のJinko、LDK、Yingliは、業績が上向きつつあるとのこと

この中で、業績が回復しつつあるメーカーとして、下記の3社が取り上げられています。

  • JinkoSolar
    2013年第2四半期は、(中国メーカーの)過去2年間で初の黒字となった。
  • LDK Solar
    2013年は黒字化が見込まれる。
    ウエハーの生産は、現在フル状態。(※年初は生産能力の30%)
     CEOのTong Xingxue氏は、労働者2,000〜3,000人の追加雇用を考えている。
  • Yingli Green Energy
    損失が減りつつある。

急激な生産能力拡大が、自らの首を絞める結果になったとも言える中国メーカーですが、あくまで一部の企業ではあるものの、ここに来て明確に業績改善の傾向が出ているというのは、かなり意外でした。

例えばJinkoSolarが、技術や製品・サービスの品質向上、付加価値の追求を方針として示されているように、中国の太陽電池メーカーもこれからは、製品価格が安い一方で品質が(日本メーカー製などと比べて)劣るというイメージをどれだけ払拭できるかに、生き残りの鍵がかかっているのかもしれません。

中国メーカーは巨大な生産能力を持つだけに、世界の太陽光発電産業の発展という点からも、実際に残る企業が果たして何処になるのか、非常に興味を引かれるところです。


※参照・参考サイト:
[1]Chinese Zombies Emerging After Years of Solar Subsidies(Bloomberg Businessweek)
http://www.businessweek.com/news/2013-09-08/chinese-zombies-emerging-after-years-of-solar-subsidies-energy

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 02:18 | Comment(0) | 中国メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。