【現在位置】トップページ > 太陽電池を使った製品・グッズ・設備 > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年09月21日

バイタルフォース社が49kW台で648万円の野立て用システムを発売、架台は別売り

バイタルフォース」社が2013年9月20日に、49kW台648万という野立て用太陽光発電システムを発売したことを、発表していました[1]。

これは「アマテラス・ソーラー」ブランドで販売されるもので、概要は下記の通り。

  • 特徴
    仕入れ先への発注量増加により、低価格を実現した。
  • 機器
    太陽電池モジュール
     ・メーカー・機種:Canadian Solarの「CS6P-255P」
     ・枚数:200
    パワーコンディショナー
     ・メーカー・機種:田淵電機の三相9.9kW機
     ・台数:3台
    集電箱1
    架台は、設計の自由度を高めるため別売りとしている。

イー・コモンズ社の「980セット」を3割以上下回る価格はインパクトが大きいですが、こちらは架台が別売りなので、単純な比較はできないと思われます。

架台を別途用意する必要があるのは、導入のハードルは高くなる一方、自力で設計・調達ができる事業者にとっては融通が利き、50kW未満のセット商品において、ユーザーニーズへの対応を一つ広げるのではないでしょうか。


※参照・参考サイト:
[1]648万円で49kw太陽光発電システムをバイタルフォースが販売開始(バリュープレス)
http://www.value-press.com/pressrelease/116025
[2]アマテラス・ソーラー
http://amateras-solar.com/

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント
架台の価格はパネルの半分程度が平均程度なので、PCS費用を除くと(100万位)、前記事のものより割安かもしれませんね。

Posted by kyouisan at 2013年09月21日 22:07
情報ありがとうございます。
50kW未満のセット商品で急速に価格低下が進んでいるのは、やはり興味深いですね。
Posted by 管理人 at 2013年09月22日 02:35
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。