【現在位置】トップページ > 国内のメガソーラー > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年09月25日

「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」(111MW)は三井物産とSBエナジーの共同事業、稼動は2015年度冬の予定

三井物産SBエナジーの2社が2013年9月24日に、北海道安平町でのメガソーラー「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」(111MW)の建設・運営予定を発表していました。

事業の概要は下記の通り。

  • 敷地面積:約166万m2
    株式会社苫東の所有地。
  • 年間予想発電量:初年度は約10万8,014MWh。
  • 運営
    2社が共同設立した「苫東安平ソーラーパーク株式会社」が担う。
  • スケジュール
    2013年10月:着工
    2015年度冬:運転開始

2011年の計画発表(340MW)から早や2年が経過していますが、まずは系統連係が認められた分が着工に漕ぎ付けたのは、ホッとするものがあります。

SBエナジーは苫東で先行して実験プラントを設置しており、その成果を生かして、国内トップ規模となるメガソーラーを北海道でどう作るのか(パネルの種類、設置角度・高さ等)、今から非常に楽しみです。


※参照・参考サイト:
[1]北海道安平町でのメガソーラー発電所の建設について(三井物産)
http://www.mitsui.com/jp/ja/release/2013/1201036_4689.html
[2]北海道安平町でのメガソーラー発電所の建設について(SBエナジー)
http://www.sbenergy.co.jp/ja/news/press/2013/article/press_20130924_01j.html

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 02:33 | Comment(0) | 国内のメガソーラー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。