【現在位置】トップページ > 市場調査・予測(レポート等) > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年09月26日

2012年の太陽電池モジュール生産量は、中国が22.749MW(全体の66%)でトップ

グローバル インフォメーション社が2013年9月25日に、GlobalData社発行のレポート「Solar PV Modules - Market Size, Annual Production, Average Price, Competitive Landscape and Key Country Analysis to 2020」を発売したとのことです[1]。

プレスリリースで示されている主な数字は下記の通り。

  • 太陽電池モジュールの年間設置容量
    2006年:1.43GW
    2011年:28.94GW
    2012年:30.25GW
    2013年見通し:25.38GW
    2008〜2011年には、累積発電能力が毎年50%以上増加。
    しかし2012年に入ると、成長率は大幅に低下している。
  • 国別の生産量(2012年):
    中国22.749MW(世界の生産量の66%)
     6年連続で世界トップ。
     種類別では、
     ・結晶シリコン型:22.099MW
     ・薄膜型:650MW
    日本3.03GW(同9%)

2012年の設置容量については、他の調査機関が発表済みのデータと概ね同じですが、2006年からの伸びには、最近数年での世界需要の急拡大振りを再確認させられます。

国別の生産量では、中国が7割弱を占めていることに驚きましたが、昨年末には米国での反ダンピング関税・相殺関税の導入、更に今年には欧州でもダンピング解消策(中国からの輸入量の制限)が施行されており、これらが2013年の生産量にどう影響するのかが、非常に気になるところです。

日本は生産量では確かに大きく遅れを取っていますが、需要が未だ各国の政策に大きく依存している現状では、無闇に生産能力を増やすのは得策ではないと思われるので、今後も高品質・性能による差別化で、確固とした地位をキープしてもらいたいです。


※参照・参考サイト:
[1]太陽電池モジュールの生産量は中国が6年連続でトップ(グローバル インフォメーション)
http://www.gii.co.jp/press/8484.shtml

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:36 | Comment(0) | 市場調査・予測(レポート等)
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。