【現在位置】トップページ > 海外メーカー:サンテックパワー(中国) > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年09月27日

Suntech子会社保有のイタリアの太陽光発電所(37ヶ所・30MW)が、裁判所から差し押さえの通知

Suntech Power Holdings2013年9月26日に、

  • 子会社「Global Solar Fund(GSF)」がイタリアで保有する太陽光発電所のうち、37ヶ所について、9月19日に同国の裁判所から差し押さえの通知を受けた。
と発表していました[1]。

Suntech Powerは、GSFの株式の約88%を保有。

今回差し押さえの対象となった施設の発電容量(計約30MW)は、GSFが保有する太陽光発電所の約21%に相当するもので、更に発電で得られたFITによる収益も、差し押さえの対象になるとのことです。


違法と判断された詳しい内容・状況は判りませんが、差し押さえ対象の発電所の建設時期(2010〜2011年[2])は、太陽電池パネルの供給過剰状態が始まった頃であり、パネル出荷の上り調子からの転換時期に、収益確保のために何か無茶なことをやったのでしょうか。

どうもお粗末な感が拭えませんが、Suntechは経営建て直しの真っ最中だけに、今回の資産差し押さえがそれにどの程度影響するのか、非常に気になるところです。


※参照・参考サイト:
[1]Suntech Announces Developments with Respect to Global Solar Fund Assets in Brindisi, Italy(Suntech Power Holdings)
http://ir.suntech-power.com/phoenix.zhtml?c=192654&p=irol-newsArticle&ID=1856845&highlight=
[2]サンテックパワーのイタリア資産差し押さえ、企業再生にも新たな動き―中国メディア(新華経済)
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/360581/

※関連記事:

(スポンサード リンク)


この記事へのコメント
ありがとうございます。
以下サイトでは、不正な補助金受注、FIT狙いの不正開発許可、環境問題について書かれてありますね。SuntechのGFS買収時期が今年3月のようにも書いてありますので、買収時のDD不足もあるのかもしれませんね。
http://www.pv-magazine.com/news/details/beitrag/suntechs-gsf-charged-with-illegal-construction-of-solar-plants-in-italy_100008248/#axzz2gHo9vPo4
Posted by kyouisan at 2013年09月29日 22:05
情報ありがとうございます。

結果から見ると、サンテック側による(裁判所の判断についての)見通しが楽観的すぎだったと思いますが、その点でもちょっとお粗末だと感じますね。
Posted by 管理人 at 2013年09月30日 01:32
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。