【現在位置】トップページ > 戸建住宅 > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年09月27日

LIXILが住宅用「ソーラーラック」に「立平固定金具」「瓦棒固定金具」を追加、穴開けが不要

LIXIL2013年9月26日に、

  • 住宅用太陽光発電システム「ソーラーラック」のパネル設置用金具に、新たに
    ・「立平たてひら固定金具
    ・「瓦棒かわらぼう固定金具」 を追加した。
と発表していました。

製品の概要は下記の通り。

  • 主な特徴
    屋根への穴開けが不要
     立平葺き・瓦棒葺き金属屋根において、ハゼ部を掴んで固定する。
     これにより、屋根にビス孔を開ける必要が無く、雨漏り発生のリスクを解消できる。
  • 追加時期2013年10月1日
    ※「ソーラーラック」用オプション部材のため、単品販売は行わない。

また今回は、垂直積雪量30cm以下の地域向け限定のオプション「雪止め部材」も、同時に追加するとのことです。


屋根のハゼ折り部分をクランプする方式とのことで、パネルが強風を受けた際に、金具のズレや屋根の破損などが生じないかが気になりますが、LIXILは産業用で既に同方式の固定金具を実用化しているだけに、住宅用でも同様の性能・メリットを発揮し、既築住宅へのパネル設置の容易化に寄与するものとなることを、期待したいです。


※参照・参考サイト:
[1]住宅用太陽光発電システム「ソーラーラック」専用金具にラインアップ追加(LIXIL)
http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2013/060_roof_0926_03.html

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 03:57 | Comment(0) | 戸建住宅
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。