【現在位置】トップページ > メーカー:ホンダ > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年10月31日

ホンダソルテックが事業終了の方針、市場の激変で継続困難に

ホンダが2013年10月30日に、ホンダソルテック事業を終了する方針を発表していました[1][2]。

概要は下記の通り。

  • 背景
    ホンダソルテックのCIGS薄膜太陽電池は、会社設立(2006年)の当時には高い製品競争力を持っていた。
    その後も性能向上に取り組んできたが、市場環境が激変し(結晶シリコン型パネルの価格下落など)、海外製パネルとの競争が激化
    業績不振により当初の事業計画が達成できない見込みとなり、事業継続が困難と判断した。
  • スケジュール予定
    2014年2月中旬:受注を終了
    同年春:事業終了、会社を解散
  • アフターサービス
    「ホンダ開発」社を窓口に、継続して提供する。
  • 雇用:従業員(約90人)は、グループ内の配置転換などを検討する。

ソーラーフロンティアと同タイプのパネルを製造販売してきたメーカーが、明確に事業終了を発表したことには非常に驚きました。

ホンダソルテックはホンダのグループ会社であるだけに、足元の事業環境が苦しくても、将来を見越して事業を続けていくものと思っていたので、今回の決定は残念ですが、FITにより国内需要が活況の中でも、メーカーの明暗が明確に分かれている、ということかもしれません。


※参照・参考サイト:
[1]太陽電池事業子会社 ホンダソルテックの事業終了について(ホンダソルテック)
http://www.honda.co.jp/news/2013/c131030d.html
[2]ホンダ、太陽光パネル撤退 ソルテックは閉鎖へ(熊本日日新聞)
http://kumanichi.com/news/local/main/20131030003.shtml

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 06:31 | Comment(0) | メーカー:ホンダ
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。