【現在位置】トップページ > 他の海外メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年11月15日

独SolarWorldの新モジュール「Sunmodule Protect」は両面をガラス化、高い耐久性と30年の出力保証を実現

SolarWorld社が、表裏両面にガラスを用いて強度・耐久性を高めたモジュール「Sunmodule Protect」を発表していました[1]〜[3]。

製品の主な特徴は下記の通り。

  • 両面にガラスを採用
    モジュールの表面・裏面ともに、厚さ2mmの特殊ガラスを採用。
    これにより、
    ・環境要因(水の侵入など)
    ・機械的な負荷(力が加わることによる破損)
    に対する、太陽電池セルの防護性を高めている。
  • サイズ・重量は変わらず
    両面ガラス化にも関わらず、モジュールの大きさと重さ(21kg)は、裏面がフィルムの従来製品「Sunmodule Plus」と変わらない。
  • 長期の出力保証
    発電能力は、
    21年後:90
    30年後:86.85
    を保証する。

また製品のPR動画も公開されており、その中ではストレステストとして

  • 突風の吹きつけ
  • 雹の叩きつけ(最大200km/hとのこと)
  • モジュール上でのBMXのジャンプ
  • SUVの落下(高さ1mから、モジュール4枚の上に落下)
等の実演が示されています。


モジュールの強度の追求は、Q-CellsAntaris Solarでも見られ、この剛健さはドイツらしい長所という気がしますが、それを考えても今回の「Sunmodule Protect」のPR動画はインパクトのあるものです。

[2]ではアジア製低価格モジュールのエラー率や欠陥についても言及されていますが、かつて中国政府によるメーカー支援を批判し、米国でのダンピング提訴に加わったSolarWorld社が、この「Sunmodule Protect」での差別化(高耐久性や長期保証)により、高品質メーカーとしての意地を示した、とも感じられます。

また、1枚2mmという薄いガラスで、この強度を実現していることには非常に驚かされるだけに、ガラスのメーカーや製品名が非常に気になるところです。(旭硝子の「Leoflex」だろうか?)


※参照・参考サイト:
[1]Sunmodule Protect(SolarWorld社)
http://www.solarworld.de/en/products/products/solarmodule/sunmodule-protect/
[2]A car tests solar modules(同上)
http://www.solarworld.de/en/press/press-releases/press-release/single-press-releases/article/a-car-tests-solar-modules/
[3]News&Topics(SolarWorldの日本総代理店「ESI」社)
http://www.e-solar.co.jp/news/index.html

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 11:11 | Comment(0) | 他の海外メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。