【現在位置】トップページ > 導入施設 > 当記事

(スポンサード リンク)

2013年12月17日

東電管内のセブン-イレブン店舗などで、太陽光発電・蓄電池・ICTシステムによる消費電力削減の実証事業が実施予定

三井物産などが2013年12月17日に、

  • 東京電力管内セブン-イレブン店舗などで、太陽光発電・蓄電池・ICTシステムによりピークカット・ピークシフトを行い、消費電力を地域横断的に削減する実証事業を行う。
との方針を発表していました[1]〜[3]。

事業の概要は下記の通り。

  • 内容
    ピークカット
     太陽光発電により、日中消費電力を平準化し、電力料金の削減を図る。
    ピークシフト
     太陽光発電由来の電力を積極的に活用。
     特に夏季期間中の電力会社のピーク時間帯(需給逼迫時)に、蓄電池から店内に一斉放電することで、ピーク時電力の削減を図る。
    災害時の電力供給
     東日本大震災での経験を踏まえて、蓄電池による、災害時のコンビニ店舗の冷凍冷蔵設備への電力供給の実効性を実証する。
  • 対象店舗
    東京電力管内の
    ・セブン-イレブン店舗
    ・三井物産の取引先の小売店舗
    の計約50店。
  • 目標
    ・ピークカット:10%以上
    ・ピークシフト:約10%強
    ・災害時の電力供給:コンビニ店舗の冷凍冷蔵設備に6時間程度(太陽光発電時にはより長時間)
  • 参加事業者と担当
    三井物産プラントシステム
     事業の主体者として、実証事業の全体を統括。
     太陽光発電・蓄電池サービスを小売店舗に提供する。
    三井物産
     再生可能エネルギーと蓄電池を組み合わせるビジネスモデルを構築。
     本取り組みの大規模展開時の事業性を検証する。
    京セラ、京セラコミュニケーションシステム
     ・太陽光発電・蓄電池の設計・納入
     ・災害時システムの設計
     ・データ一元管理システムの構築
     ・システム運用
     ・データ解析
     を担う。
    セブン-イレブン・ジャパン
     ・実証店舗フィールド
     ・店舗の電力消費データ
     を提供する。
  • 実施期間:2016年3月まで(3年間)の予定

東電管内の小売店の電力需要ピークは概ね10時〜17時あたり[4]ですが、この時間帯に、太陽光発電の発電電力を2つの用途(店舗の使用電力と蓄電池の充電)にどのように振り分けるのか、というのが、効率的・効果的なシステム運営で非常に重要になるのでは・・・と考えます。

1店舗あたりの太陽光発電と蓄電池の設置規模は未公表ですが、上記の点を踏まえてどのような内訳に決定されるのか、またそれらをどのような考え方・アルゴリズムで運用するのか、というのは、興味を引かれるところです。

(もっとも、蓄電池の充電に夜間の商用電力を用いるのであれば、また話が別とは思いますが)

東電管内の電力需要において「卸・小売店(スーパー除く)」の割合は約20%であり、その1割を削減したとしても、ピークカットの効果は全需要の2%程度に留まると思いますが、需要が多い他の需要先(特にオフィスビル、スーパー)でも同様の取り組みが行われれば、更に効果は高くなると思われるので、まずは小売店舗における今回の実証事業が、他の産業に先駆ける取り組みとなることを期待したいものです。


※参照・参考サイト:
[1]セブン-イレブン店舗を中心とする小売店舗向け 太陽光・蓄電池一元管理実証事業を開始(三井物産)
http://www.mitsui.com/jp/ja/release/2013/1201734_4689.html
[2]同上(京セラ)
http://www.kyocera.co.jp/news/2013/1203_gyut.html
[3]同上(セブン-イレブン)
http://www.sej.co.jp/company/news_release/010449.html
[4]夏期最大電力使用日の需要構造推計(東京電力管内)(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/setsuden/20110513taisaku/16.pdf

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 22:00 | Comment(0) | 導入施設
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。