【現在位置】トップページ > 中国メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年01月09日

ReneSolaが日本の太陽光発電事業(山岳地帯、10ヶ所以上)に、パネル420MW分を供給予定

ReneSola社が2014年1月6日に、

  • 日本山岳地帯で計画されている太陽光発電事業向けに、太陽電池パネル420MW分を供給することで、日本の発電事業者と合意した。
と発表していました[1]。

概要は下記の通り。

  • 供給先の事業10ヶ所以上の地上設置型太陽光発電所
  • 供給製品:多結晶型で出力300W(セル72枚)の「Virtus II」
  • 供給期間2014年1月〜2015年12月

また発電事業者のCEOによるコメントの中では、ReneSola社製パネルを採用した理由の一つとして

  • ReneSolaのチームは、製品の耐久性・信頼性に関する深い知識を提供した。
との状況が挙げられています。


0.4GW超と巨大な規模の供給契約ですが、それだけに供給先の発電事業者の名前が(発表の中で)明かされていないのは、ちょっと気になるところです。

私は今のところ該当の事業計画を見つけられておらず、どのような内容なのか全く判りませんが、計画場所が山岳地帯であり、また1ヶ所あたりの規模も(単純計算で)40MW程度と推測されるので、開発・建設による自然環境への影響(森林伐採など)がどう考慮されているのか、発電事業者による正式発表は必須だと考えます。

もっともそのことはReneSola社に責任は無いですが、同社は発電事業者には(自社製品・技術についての)詳細な情報提供を行い、また今回の発表で事業者のCEOのコメントを紹介しながら、他方で事業者の名前(企業名)を明記していないのは、不思議な気がします。


※参照・参考サイト:
[1]ReneSola Panels Power 420MW Solar Project in Japan(ReneSola社)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=210622&p=irol-newsArticle&ID=1887868&highlight=
[2]VirtusU(同上)
http://www.renesola.com/moduledetail/30?t=en

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 09:34 | Comment(2) | 中国メーカー
この記事へのコメント
はじめまして、三浦と申します。
私も、ReneSole社のニュースは気になっていました。
今日、とある方のFBのリンクに以下のような内容の書き込みがありました。
そこから辿っていくと、どうやら、未発表の事業者は、「スカイ・ソーラー・ジャパン」という中国系企業ではないかと思います。


北海道議会議員 小野寺まさる氏のFB
https://www.facebook.com/?sk=nf#!/onoderamasaru1

---ここから---------------------
以下…SPA!中韓問題取材班
― 2014年 中韓[反日大暴走]がますます加速するー

◆中国企業が太陽光発電で日本の土地を買い漁り中!

 チャイナマネーによる、日本国内での土地の買い漁りが、再び活発化している。

「北海道では今、複数の中国系企業が太陽光発電事業に乗り出している。上士幌町で’13年3月より同事業を開始させた中国系企業の日本法人社長は、『今後2年間で道内の十数か所に太陽光パネルを設置したい』と語り、広大な土地の取得に向けて動いています」

 そう話すのは 『だから中国は日本の農地を買いにやって来る』を上梓した作家の河添恵子氏。彼らの“真意”をこう警告する。

「積雪量が多く、日照時間も短い北海道は、太陽光発電には向かない。彼らの目的は、ずばり土地。国策で後押しする再生可能エネルギー分野の事業を表看板にすれば、怪しまれずに、土地を大量に、しかも二束三文で取得できる」

 中国企業の太陽光発電事業を隠れ蓑にした土地買収は、北海道だけではない。国産パネルメーカー代理店の社員は言う。 

「中国系企業は、中規模の太陽光発電システムとパネル設置用の土地のリースをセットでやっている。初期投資が安く、手軽さがうけている一方、企業側は売れば売るほど土地が手に入る。リース料も激安で、採算度外視に見える」
---ここまで---------------------

更に、↓こちらのHPで、上士幌町に2013年3月から稼働している太陽光発電施設の事業者名にたどり着けます。
http://www.pveye.jp/mega_solar_maps/view/1

事業者:スカイ・ソーラー・ジャパン(http://skysolar.co.jp/index.html
発電規模(MW):0.552
設置方式:地上
設置場所:北海道河東郡上士幌町
稼働開始時期:2013年3月
Posted by 三浦 俊治 at 2014年01月21日 16:57
情報ありがとうございます。

スカイソーラージャパンの動向については、下記ページでも取り上げられていますが、土地乗っ取りという作家の方(SPA!のほうと同じ)の主張は別として、発電設備建設のための森林伐採は、全くいただけないですね。

http://www.e-themis.net/feature/read_1306.php

スカイソーラージャパンとはまだ断定できませんが、ReneSolaの供給先事業は「山岳地帯」であるだけに、私としては強引な開発・自然破壊が起こらないか、非常に心配です。

この点では、ちょうど長野県佐久市が発表したような、自治体による(太陽光発電設備建設に関する)規制の策定は、全国で早急に進める必要があると思います。
Posted by 管理人 at 2014年01月23日 01:42
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。