【現在位置】トップページ > 戸建住宅 > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年01月23日

米Pecan Street Researchが、西向きのパネル設置がピーク需要の削減効果が高い、等の調査結果を公表

米国の「Pecan Street Research Institute」が昨年11月に、太陽光発電設置住宅夏季発電電力・消費電力についての調査結果を公表していました[1]。

主な内容は下記の通り。

調査の要綱

  • 対象地域:テキサス州オースティン
  • 対象住宅:1戸建て住宅約50戸(試験に参加した175戸から、ランダムに選定)
  • 太陽電池パネルの設置向き
    南向き:24戸
    西向き:14戸
    南向きと西向きの組み合わせ:14戸
  • 対象期間2013年6月1日〜8月31日
    この期間は
    ・日照時間
    ・電力需要(空調向けが増加)
    の点で、他の季節と需給動向が大きく異なっている。

主な結果

  • ピーク需要時間帯午後3時〜7時)の電力需要の引き下げ割合(逆潮流分を除いた数字):平均58
    ・南向きシステム:54
    ・西向きシステム:65
  • 発電電力のうち自家消費分の割合
    ・ピーク需要時間帯:平均80%(発電電力の20%は電力網に送電)
     ・南向きシステム:73%(同22%)
     ・西向きシステム:84%(同16%)
    ・1日:64%(同36%)
  • 消費電力に占める太陽光発電電力の割合(逆潮流分を除いた数字):36
    そのうち約1/3(32%近く)が、ピーク時間帯に発電されている。

日経新聞の記事[2]に掲載されているグラフでは、1日の発電電力量(グラフで囲まれた面積)は西向きと南向きで概ね同等ですが、発電のピークは西向きが(南向きより)明らかに後ろに移動しており、その分需要のピークにより近くなっている(=ピークを相殺する効果がより高い)のが見て取れます。

実証実験や調査がまだまだ必要だとは思いますが、パネルの設置施設(電力の自家消費場所)の需要ピーク時間帯がはっきり判っており、またそれが長期に渡って変化する見込みが無い場合に、発電電力のピークが需要ピークにできるだけ近づくようにパネルの設置向きを決める、というのは、太陽光発電を有効利用する一つの方法と成り得るのかもしれません。

また住宅用以外にも、例えばメガソーラー内でパネルの設置向きを変えた場合(1/3づつ東・南・西など)、出力の平準化にどのような効果をもたらすのか等、いろいろ興味を刺激される調査結果だと思います。


※参照・参考サイト:
[1]Report: Residential Solar Systems Reduce Summer Peak Demand by Over 50% in Texas research trial(Pecan Street Research Institute)
http://www.pecanstreet.org/2013/11/report-residential-solar-systems-reduce-summer-peak-demand-by-over-50-in-texas-research-trial/
[2]南より西向き有利 米国発、太陽光発電の「意外な事実」(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1600E_W4A110C1000000/

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 01:27 | Comment(0) | 戸建住宅
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。