【現在位置】トップページ > 他の海外メーカー > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年01月25日

印Moser Baer製太陽電池モジュールの日本輸出額は、2013年4-12月に10億ルピー超と急増

インドのMoser Baer社が2014年1月20日に、日本市場での最近の太陽電池モジュール販売状況を公表していました[1]。

主な数字・状況は下記の通り。

  • 販売額2013年4-12月10億ルピー以上
    (※管理人注:現時点(1/25)では1ルピー=約1.63円[4]。)
  • 出荷量の変化
    Moser Baer製モジュールの日本出荷は過去4年間に渡っているが、最近の9ヶ月で出荷量が急増した。

同社は過去数年で太陽光発電関連事業への投資を急速に進めていましたが、日本市場に一定規模の出荷を行うまでになっていることには、ちょっと驚きました。

FIT実施を受けての発電事業急増を背景に、日本の大手太陽電池メーカーによるパネルの生産・供給は、(需要に対して)遅れが続いている[5]とのことで、その中で海外メーカー製モジュールの販売余地も拡大し、Moser Baer社の製品もその恩恵を受けているものと思われます。

一方モジュールではなくセルでは、2013年度の日本国内出荷統計で、海外生産された多結晶セルの国内出荷量が4-6月7-9月ともに前年同期比約4.4倍と驚異的な伸びでしたが、Moser Baer社の多結晶型セル[3]もその中に含まれていないのかが気になるところです。(今回発表されていないということは、さほどの量ではない・または輸出していないのか)


※参照・参考サイト:
[1]Promoting bi-lateral trade with Japan, Moser Baer Solar first to achieve Rs 100 crore business in its segment within 9 months(Moser Baer社)
http://www.moserbaer.com/mediaroom.asp
[2]Multicrystalline Modules(Moser Baer Solar社)
http://www.moserbaersolar.com/products-multi-crystalline-modules.asp?links=pr3
[3]156mmx156mm Multicrystalline Solar PV Cells(同上)
http://www.moserbaersolar.com/products-multi-crystalline-cells.asp?links=pr2
[4]為替レート計算結果(Yahoo!ファイナンス)
http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/convert/?a=1&s=INR&t=JPY
[5]<第11回>「2013年度の太陽光発電所のEPC受注額は約600億円に」、九電工・本松氏(上)(page 2)(Tech-On!)
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20140116/327704/?ST=pv&P=2

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 21:11 | Comment(0) | 他の海外メーカー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。