【現在位置】トップページ > 国内のメガソーラー > 当記事

(スポンサード リンク)

2014年01月25日

岩手県雫石町で約25MWのメガソーラーが建設予定、スイスのIPP「Etrion」社が関わる

岩手県の雫石町2014年1月22日に、市内での大規模太陽光発電事業(約25MW)の立地に関して、町と事業者間での協定が結ばれたとのことです[1]。

事業の概要は下記の通り。

  • 事業者:特別目的会社「雫石太陽光発電合同会社
    出資比率は、スイスのIPP「Etrion」社が85%、日立ハイテクノロジーズが15%。
  • 場所:沼返地内(小岩井農場隣接地)の民有地(約51ha)
  • 発電出力2万4740kW
    一般家庭約7000世帯分に相当し、雫石町の全世帯分(2013年12月末時点で約6200世帯)を上回る。
  • 発電電力の用途:全量を東北電力に売電する。
  • 事業費用:約76億7000万円(発電開始まで)
  • 完成時期2015年10月の予定
  • 事業期間:発電開始から20年間
  • その他の取り組み予定
    地域への貢献
     事業担当の合同会社は、雫石町内に設置。
     ・建設工事での地元企業の利用、雇用
     ・発電開始後の地元雇用
     ・環境教育(町内児童の施設見学など)
     を行う。
    環境への配慮
     架台基礎には鋼鉄製杭を採用し、事業終了後は撤去する。

海外事業者による太陽光発電事業に関する最近の報道・発表では、事業者や建設場所などの重要な情報が公開されていない場合がしばしばあるので、今回の事業でそのあたりが明確に公表されている点は安心感がありますが、地域・自然への配慮を含めて、Etrion社の豊富な経験が伺える気がします。

また発電容量が、自治体内の一般世帯の電力需要を十分カバーできる規模であることには驚かされます。

約25MWという規模は、Etrion社のチリでのプロジェクト(70MW、100MW)に次ぐものであり、同社としても今回の事業の重要性は大きいものと思われますが、建設はもちろん、完成後の運営でも経験・ノウハウが十分に発揮されることを、期待したいところです。


※参照・参考サイト:
[1]大規模太陽光発電事業立地に関する記者発表を行いました。(雫石町)
http://www.town.shizukuishi.iwate.jp/modules/etc/index.php/content2398.html
[2]Japan(Etrion社)
http://www.etrion.com/japan.php

※関連記事:

(スポンサード リンク)


posted by 管理人 at 21:19 | Comment(0) | 国内のメガソーラー
この記事へのコメント
コメントを書く

※SEO目的のコメントはお断りします。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。