【現在位置】トップページ > 飛行機

(このページ内の記事一覧)
(スポンサード リンク)

2018年07月02日

Sunpower社が「Mission SolarStratos」に参加、「Maxeon」太陽電池セル搭載の飛行機で、高度8万フィート以上の成層圏を目指す

Sunpower社が2018年6月20日に、

  • 太陽光発電飛行機成層圏到達を目指す「Mission SolarStratos」に参加した。
と発表していました[1]。

今回はその概要をまとめてみました。


目標 高度8万フィート以上の成層圏に到達する。
(※商業旅客機の典型的な巡航高度の、2倍の高度)
背景
  • SolarStratos社の社長(兼パイロット)の方は、冒険家であり、2012年には太陽光発電ボートPlanetSolar」で、世界中の海を航海した。
  • Sunpower社はこれまで、
    • 1993年に豪州「World Solar Challenge」に参加した、ホンダのソーラーカー(同大会で1位)
    • 太陽光発電ボート「PlanetSolar」
    • NASAの無人飛行機Helios solar plane」(高度9万6863フィートに到達)
    • 太陽光発電飛行機「Solar Impulse 2」(燃料ゼロで世界中を飛行)
    といったプロジェクトに関わってきた。
「SolarStratos」の主な仕様
  • 機体のサイズ:
    • 全長:8.5m
    • 全幅:24.8m
  • 重量:450kg
  • 乗員:2人
    ※機体軽量化のため、キャビンは加圧されない。
    このため乗員は、宇宙服(太陽光発電の電力で加圧される)を着る必要が有る。
  • エンジン:32kWの電気エンジン
    (電気自動車の約1/3のサイズ)
  • 太陽電池:SunPower社の「Maxeon」セル(変換効率22〜24%)を、22m2搭載する。
    (※同社の住宅用・商業用モジュールと同じセル)
  • バッテリー:20kWhのリチウムイオン電池1個
  • 自律性:12時間以上の電力供給を、太陽光発電によって自ら行える。
今後の予定
  • 2018年9月:「SolarStratos」の試作機で、高度3万3000フィート到達を目指す。
  • 2020年まで:目標達成が予想される。


1フィートが約0.3m[2]なので、8万フィートは約2万4000m(約24km)。

いっぽう成層圏は高度11〜50km[3]なので、今回の「SolarStratos」では、成層圏の厚みの真ん中より、少し下あたりが目標高度と見受けられます。

世界一周を達成した「Solar Impulse 2」(最大高度12km[4])よりも、遥かに高い高度を飛ぶことになるので、飛行機の機器が正常に動作し続けられるかが、気になるところです。

ただ、NASAの無人機が既に9万フィート以上を達成済みであることから、「SolarStratos」でもSunPower社が持つ技術と経験・知見が生かされることで、成功の確率は大幅に上がるのではないでしょうか。

再エネの可能性・実用性を図り示す、という意味でも、本プロジェクトの成功を期待するものです。


※参照・参考資料:
[1]SolarStratos Aims to Reach Stratosphere More Than 80,000 Feet Above Earth Using SunPower Solar Technology(SunPower社、2018/6/20)
http://newsroom.sunpower.com/2018-06-20-SolarStratos-Aims-to-Reach-Stratosphere-More-Than-80-000-Feet-Above-Earth-Using-SunPower-R-Solar-Technology
[2]フィート(ウィキペディア)
[3]https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B1%A4%E5%9C%8F(同上)
[4]ソーラー・インパルス(同上)

posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | 飛行機

2012年06月07日

太陽光発電飛行機「ソーラー・インパルス(HB-SIA)」がスペインのマドリード〜モロッコのラバト間(830km)を飛行、大陸間飛行は初

太陽光発電をエネルギー源とする飛行機「ソーラー・インパルス(HB-SIA)」が2012年6月5日に、初の大陸間飛行を達成したとのこと。

(ニュース記事)
・初の大陸間飛行に成功=スペインから海峡越えモロッコ到着−太陽電池機(時事ドットコム)
 http://jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012060600201
・ソーラー飛行機、初の大陸間飛行 スペイン―モロッコ間(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/eco/news/TKY201206060211.html
・ソーラー飛行機で初の大陸間飛行(NHK)
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120606/k10015634112000.html

(プロジェクトのサイト)
・SOLAR IMPULSE - AROUND THE WORLD IN A SOLAR AIRPLANE
 http://solarimpulse.com/

上記URL先ページによると、今回の飛行の概要は

・区間:スペインのマドリード〜モロッコの首都ラバト
 (ジブラルタル海峡を跨いでいる)
・飛行距離:830km
・飛行時間:19時間
 ・出発:6月5日5:22
 ・到着:同日23:30

等となっています。


初の大陸間飛行の達成とのことで、「ソーラー・インパルス」が2年後の世界一周に向けて着実に準備を進めていることが伺えます。

それだけに、次はどのような飛行に挑むのか、今後の発表が非常に楽しみです。


※当ブログの関連記事:
インドで開発中の太陽電池搭載飛行機「Solarimpulse」(2008/11/17)
スイスの科学者が、太陽光発電のみで飛ぶ飛行機「ソーラー・インパルス」を開発中(2009/06/28)
太陽光発電飛行機による世界一周計画「ソーラー・インパルス」が、日本で発表(2010/03/06)
「ソーラー・インパルス」が約1時間30分の試験飛行に成功、最高高度は1,200m(2010/04/08)
「ソーラー・インパルス」の飛行機が約26時間の連続飛行を達成、エネルギーは約3時間分を残す(2010/07/09)
スイスの「ソーラー・インパルス」が、ソーラー飛行機での国際飛行(飛行距離約500km)を初成功(2011/05/16)
ブルガリアの「ソルベイ・グループ」が2012年5月に、航空機「ソーラー・インパルス」の48時間連続試験飛行(スイス−モロッコ間2,500km)を行う予定(2012/04/06)
posted by 管理人 at 23:28 | Comment(0) | 飛行機

2012年04月06日

ブルガリアの「ソルベイ・グループ」が2012年5月に、航空機「ソーラー・インパルス」の48時間連続試験飛行(スイス−モロッコ間2,500km)を行う予定

ブルガリアの化学企業「ソルベイ・グループ」が2012年5月に、同社が製造した航空機「ソーラー・インパルス」の48時間連続試験飛行を行う予定とのこと。

(ニュース記事)
・<EMeye>ブルガリア化学大手ソルベイ、5月にソーラー飛行機の48時間試験飛行へ(モーニングスター)
 http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=677629

上記URL先ページによると、これはブルガリアでの「太陽エネルギー国際展示会」で公表された計画で、今回はスイス−モロッコ間2,500km)のノンストップ飛行を目指すとのことです。


当ブログでチェックしてきた限りでは、「ソーラー・インパルス」はこれまで

・2010年7月:約26時間の連続飛行
・2011年5月:初の国際飛行(飛行距離約500km・飛行時間約13時間)

を達成しており、今回は更に長距離で且つ国際飛行となりますが、これまでの実績などから、達成の可能性は十分に高いと見込んでいる、ということでしょうか。

ともあれ、太陽光発電+蓄電池による飛行機の性能・可能性を示すという意味で、達成に強く期待したいところです。


※参考サイト・ページ
・[1]Solvay group
 http://www.solvay.com/EN/Homepage.aspx


※当ブログの関連記事:
「ソーラー・インパルス」の飛行機が約26時間の連続飛行を達成、エネルギーは約3時間分を残す(2010/07/09)
スイスの「ソーラー・インパルス」が、ソーラー飛行機での国際飛行(飛行距離約500km)を初成功(2011/05/16)
posted by 管理人 at 08:30 | Comment(0) | 飛行機

2012年02月15日

韓国航空大学が開発した太陽光発電+蓄電池採用の無人航空機(翼幅3.6m・重量3kg)が、12時間の連続飛行に成功

韓国航空大学の研究チームが2012年2月13日、太陽光発電採用の無人航空機連続飛行に成功したことを発表したとのこと。

(ニュース記事)
・太陽光無人航空機 12時間連続飛行に成功…韓国初(中央日報)
 http://japanese.joins.com/article/271/148271.html?servcode=300§code=330

上記URL先ページによると、機体と飛行結果の概要は

・機体
 ・翼幅:3.6m
 ・重量:3kg
 ・エネルギー源:
  ・シリコン太陽電池:翼に搭載。
  ・リチウムイオンバッテリー
   太陽電池による発電電力を蓄電し、夜の飛行に使用する。
・連続飛行時間:12時間
・飛行高度:200〜400m

等というもの。

韓国航空大学では今後、高度15〜20kmで飛行し、低軌道人工衛星の機能を担う無人航空機の開発に取り組む計画とのことです。


(他国の先行事例と比べて)機体は小型であり、飛行高度・時間もまだ高い水準では無いとはいえ、太陽光発電と蓄電池による無人飛行を実際に成功させた点は、非常に興味深いです。


※参考サイト・ページ
・[1]韓国航空大学 航空宇宙博物館
 http://www.aerospacemuseum.or.kr/
posted by 管理人 at 23:11 | Comment(0) | 飛行機

2011年05月16日

スイスの「ソーラー・インパルス」が、ソーラー飛行機での国際飛行(飛行距離約500km)を初成功

スイスの団体「ソーラー・インパルス」が5月13日、太陽光発電の電力のみで飛行する飛行機で、初の国際飛行を成功させたとのこと。

(ニュース記事)
・初の国際飛行に成功 スイスのソーラー機 - 47NEWS(よんななニュース)
 http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011051401000028.html
・初の国際飛行に成功 スイスのソーラー機−主要│くまにちコム
 http://kumanichi.com/news/kyodo/main/201105/20110514003.shtml
・ソーラー飛行機 国境越え飛行 NHKニュース
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110514/t10015894351000.html
・ソーラー飛行機が国境を越え 初の国際フライト(テレビ朝日)
 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210514043.html

上記URL先ページによると、今回の飛行の概要は

・飛行距離:約500km
 ・スタート地点:スイス西部のパイエルヌ
 ・ゴール地点:ベルギーのブリュッセル国際空港
・飛行速度:70km/h
・飛行時間:約13時間(※ジェット旅客機の場合は約1時間)
 出発時刻は午前8時半頃。

とのこと。

また記事では、

(操縦士のアンドレ・ボルシュベルグ氏)
・(飛行中の電話インタビューで)
 「順調に飛行できている。
  世界一周が次の目標。
  状況が許せば東日本大震災の被災地にも着陸したい」
・「自分の挑戦を通じて太陽光など再生可能エネルギーの重要性を伝え、エネルギーの節約を呼び掛けたい」

(研究グループの1人)
・「騒音や燃料を気にすることなく、環境に配慮しながら、国境を越えて飛行できたことはうれしい」

(プロジェクトリーダーのスイス人冒険家・ピカール氏)
・「(飛行成功を受けて)こうした新たな技術を促進する必要がある」

とのコメントが紹介されています。


3つ目と4つ目のニュース記事には、ソーラー飛行機が実際に飛んでいる状況の動画が掲載されていますが、ゆったりとした様子には何か優雅さを感じました。

世界一周の予定は2年後とのことですが、東日本大震災の被災地訪問は、太陽光発電の可能性を具体的に示す、という点でも大きな意味があると考えるので、個人的には是非とも実現してほしいです。


※参考サイト・ページ
・[1]SOLAR IMPULSE - AROUND THE WORLD IN A SOLAR AIRPLANE
 http://www.solarimpulse.com/
posted by 管理人 at 08:01 | Comment(0) | 飛行機

2010年09月26日

米国防総省「DARPA」がボーイング社と共同で、無人航空機「SolarEagle」を開発する方針、5年間の無着陸飛行が可能とのこと

米国防総省の「DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency、国防高等研究計画局)」が、

・米「Boeing(ボーイング)」社と共同で、無人航空機SolarEagle」の開発プログラムをまとめた。

ことを公表したとのこと。

(ニュース記事)
・DARPA、米ボーイングと5年間飛び続ける無人航空機の開発プログラムを最終化 | 海外CSR・環境通信 | 環境とCSRの専門メディア ecool(エクール)
 http://www.ecool.jp/foreign/2010/09/darpa25-926.html

(DARPAの発表資料)
・DARPA’s Vulture Program Enters Phase II
 http://www.darpa.mil/news/2010/NewsReleaseVultureII.pdf

上記URL先ページによると、計画の詳細は、

・背景:
 DARPAが推進する、高高度滞空型の無人航空機開発計画「Vulture(ハゲワシ)」のPhaseIIとして開発される。
・機体:
 ・全長:400フィート(約122m)
 ・エネルギー供給:
  機体全面に太陽電池パネルを設置。
  これにより日中に、燃料電池(プロペラの動力源)を充電する。
  (最終的には、5年間の無着陸飛行が可能となる予定。)
・今後の予定:
 開発が順調に進行した場合、2014年に30日間のデモンストレーション飛行を実施する予定。

等となっています。


記事に掲載されている機体の完成予想画像を見ると、「飛行機」と呼ぶには何とも異形なものだと感じます。

太陽電池と燃料電池により、5年間着陸しないで飛行できるというのは驚異的ですが、この機体が本当に実現するのかどうかを確認するには、まだ数年はかかる、ということでしょうか。


※参考
・[1]DARPA | Home
 http://www.darpa.mil/
・[2]The Boeing Company
 http://www.boeing.com/
posted by 管理人 at 21:16 | Comment(0) | 飛行機

2010年07月26日

ソーラー無人航空機「Zephyr」が、14日間と21分間の連続飛行を達成

英QinetiQ社が7月23日、

・軍事偵察用のソーラー無人航空機「Zephyr(ゼファー)」が同日、14日間連続飛行の記録を達成し着陸した。

ことを発表したとのこと。

(ニュース記事)
・ソーラー無人機「ゼファー」、14日間連続飛行の記録達成 国際ニュース : AFPBB News
 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2742627/6004540

上記URL先ページによると、キネティック社の広報のClaire Scotter氏は、

・Zephyrは、14日と21分間に渡り飛行した。
・現在は、FAI(World Air Sports Federation、国際航空連盟)による世界記録の公式認定を待っている状況。

等と語ったとのことです。


7日間の連続飛行達成時のニュース記事では、エネルギーの供給・蓄電にかなり優れていることが解説されていたので、今回の14日間という記録も、達成するべくして達成された、とも感じられます。


※参考
・[1]QinetiQ Zephyr UAV
 http://www.qinetiq.com/home_farnborough_airshow/unmanned_air_systems/zephyr.html
posted by 管理人 at 18:05 | Comment(0) | 飛行機

2010年07月19日

英キネティック社のソーラー無人飛行機「ゼファー」が、7日間の連続飛行を達成、更に7日間飛行する見通し

英「QinetiQ(キネティック)」社が開発したソーラー無人飛行機Zephyr(ゼファー)」が、7日間の連続飛行(世界記録)を達成したとのこと。

(ニュース記事)
・CNN.co.jp:ソーラー無人機、7日間連続飛行の新記録 英企業
 http://www.cnn.co.jp/business/AIC201007180006.html

上記URL先ページによると、機体の詳細は、

・重量:53kg
・翼:
 ・全長:22.5m
 ・面積:約30m2
・エネルギー源:
 紙より薄い太陽電池パネルで、羽を覆っている。
 また夜間飛行には、パネルに接続されているリチウム・硫黄電池を電源に使用する。
 (一夜飛行しても、前日の朝と同じ充電量を残すことができ、永続的な飛行が可能とのこと)
・開発の経緯:
 ・2001年:「ゼファー」の開発を開始。
 ・2004年:英国防省の予算を確保した。
  その後数回の試作を重ねて、82時間以上の連続飛行を記録。
 ・今回の最新モデルは、1年半前から開発に取組んでいた。
・実用化の予定・用途:
 軍用の通信機器などを搭載しての飛行が可能で、1年後には実用化される見通し。
 また軍用の他にも、
 ・災害時の救援活動の通信支援
 ・山火事の監視
 等の民生利用も期待される。

等となっています。

また、今回の飛行記録については、

・開始日:2010年7月9日
・出発場所:米アリゾナ州の米軍試験場
・飛行高度:約1万8,300m
・今後の予定:
 帰還まで、更に7日間の飛行を継続する見通し。

等の内容が記述されています。


当記事の作成時点では、QinetiQ社のウェブサイト[1]に表示されている飛行時間は、10日と1時間47分となっており、まだまだ飛行記録を塗り替えているようです。

外部からの電力供給無しでこれだけの長期間飛行できるというのは、やはり驚くべきことだと思いますが、個人的には幅広い民生利用が行われることを期待したいものです。


※参考
・[1]QinetiQ - Delivering customer focused solutions
 http://www.qinetiq.com/global.html
・[2]QinetiQ Zephyr UAV
 http://www.qinetiq.com/home_farnborough_airshow/unmanned_air_systems/zephyr.html
posted by 管理人 at 18:27 | Comment(0) | 飛行機

2010年07月09日

「ソーラー・インパルス」の飛行機が約26時間の連続飛行を達成、エネルギーは約3時間分を残す

太陽電池をエネルギー源とする、「ソーラー・インパルス」(ベルトラン・ピカール氏が創設)の飛行機「HB-SIA」が7月8日朝に、約26時間の連続飛行を達成したとのこと。

(ニュース記事)
・太陽エネルギー機が初の夜間飛行、2010年には世界一周へ | ワールド | Reuters
 http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-16192320100708
・太陽の力で飛ぶ「ソーラー・インパルス」、昼夜連続26時間飛行に成功 写真18枚 国際ニュース : AFPBB News
 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2739974/5949956
・初の夜間有人飛行に成功 スイスの太陽光機 - 47NEWS(よんななニュース)
 http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070801000920.html

上記URL先ページによると、同機は7月7日にスイス西部・Payerne(パイエルヌ)の空港を出発し、8日朝には再び同空港に着陸。

今回は、初の夜間飛行を含んでいましたが、日中(14時間)に蓄電したエネルギーは、日の出の時点で、予想より3時間分多く残っていたとのことです。

3つ目の記事では、終了後の記者会見におけるベルトラン・ピカール氏の

・「目的は航空技術の革新ではなく、再生可能エネルギーに対する人々の理解を得ることだ」

とのコメントが紹介されています。


4月の試験飛行は約1時間30分だったので、本当に24時間も飛行できるのか?と個人的には正直疑問を持っていましたが、実際にはかなり性能は高い、ということでしょうか。

今後は、世界一周の取り組みに注目したいと思います。


※参考
・[1]SOLAR IMPULSE - AROUND THE WORLD IN A SOLAR AIRPLANE
 http://www.solarimpulse.com/
posted by 管理人 at 12:23 | Comment(0) | 飛行機

2010年04月08日

「ソーラー・インパルス」が約1時間30分の試験飛行に成功、最高高度は1,200m

太陽電池をエネルギー源とする飛行機「ソーラー・インパルス(Solar Impulse)」の試作機の、初の試験飛行が、4月7日にスイスのパイエルヌ空港で実施され、成功したとのこと。

太陽電池飛行機「ソーラー・インパルス」、初の試験飛行に成功 | その他 | sorae.jp
スイスのソーラー飛行機、高度1200メートル達成 世界一周に弾み 写真12枚 国際ニュース : AFPBB News

上記リンク先記事によると、今回の試験飛行では、4月7日10時27分(現地時間)にパイエルヌ空港を離陸。

飛行時間は約1時間30分、最高高度は1,200mを達成し、無事に着陸したとのことです。
(※2009年12月の初飛行では、距離約350m、高さ1mだった)

記事では、

・「この初飛行は私にとって緊張な一瞬でした。
  HB-SIAはフライトシミュレーションと同じように飛行し、巨大な翼と軽いボディであるのにも関わらず、制御性能は我々の期待通りでした」
 (テストパイロットのMarkus Scherdel(マルクス・シャーデル)氏)

・「夜の飛行や世界一周までは長い道のりですが、チームの今日の素晴らしい飛行によって、我々はその目標に向かって最初の一歩を踏み出した」
 (開発者の1人・スイス人飛行家のBertrand Piccard(ベルトラン・ピカール)氏)

とのコメントが紹介されています。

ちなみに今後の計画は、

・飛行試験を継続した後、世界初の昼夜連続36時間の無着陸飛行に挑戦する。
・後続機体「ソーラー・インパルスHB-SIB」を開発して、2012年には25日間かけての世界一周飛行に挑戦する。

としているそうです。


今回の試験は、飛行時間・高度ともに十分な数字が得られているのでは、と感じます。

ただ、目標は36時間連続飛行とのことなので、まだまだ実現までの道のりは長い、ということでしょうか。


※参考
・07.04.2010 Successful Maiden flight for Solar Impulse!(SOLAR IMPULSE - AROUND THE WORLD IN A SOLAR AIRPLANE)
 http://www.solarimpulse.com/common/documents/news_affich.php?lang=en&group=news&IdArticle=69
posted by 管理人 at 19:49 | Comment(0) | 飛行機