【現在位置】トップページ > メーカー:ホンダ

(このページ内の記事一覧)
(スポンサード リンク)

2013年10月31日

ホンダソルテックが事業終了の方針、市場の激変で継続困難に

ホンダが2013年10月30日に、ホンダソルテック事業を終了する方針を発表していました[1][2]。

概要は下記の通り。

  • 背景
    ホンダソルテックのCIGS薄膜太陽電池は、会社設立(2006年)の当時には高い製品競争力を持っていた。
    その後も性能向上に取り組んできたが、市場環境が激変し(結晶シリコン型パネルの価格下落など)、海外製パネルとの競争が激化
    業績不振により当初の事業計画が達成できない見込みとなり、事業継続が困難と判断した。
  • スケジュール予定
    2014年2月中旬:受注を終了
    同年春:事業終了、会社を解散
  • アフターサービス
    「ホンダ開発」社を窓口に、継続して提供する。
  • 雇用:従業員(約90人)は、グループ内の配置転換などを検討する。

ソーラーフロンティアと同タイプのパネルを製造販売してきたメーカーが、明確に事業終了を発表したことには非常に驚きました。

ホンダソルテックはホンダのグループ会社であるだけに、足元の事業環境が苦しくても、将来を見越して事業を続けていくものと思っていたので、今回の決定は残念ですが、FITにより国内需要が活況の中でも、メーカーの明暗が明確に分かれている、ということかもしれません。


※参照・参考サイト:
[1]太陽電池事業子会社 ホンダソルテックの事業終了について(ホンダソルテック)
http://www.honda.co.jp/news/2013/c131030d.html
[2]ホンダ、太陽光パネル撤退 ソルテックは閉鎖へ(熊本日日新聞)
http://kumanichi.com/news/local/main/20131030003.shtml
posted by 管理人 at 06:31 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2012年12月05日

ホンダソルテックが最大出力140Wの住宅用CIGS型太陽電池モジュールを発表、生産技術の進化や設計見直しで出力をアップ

ホンダ社が2012年12月4日に、

・子会社ホンダソルテックが、最大出力を140Wに高めた住宅用CIGS型太陽電池モジュールを発売する。

との予定を発表していました。

(ホンダ社のサイト内ページ)
・ホンダソルテックが最大出力140Wの住宅用太陽電池モジュールを発売 「PVJapan 2012」に出展
 http://www.honda.co.jp/news/2012/p121204.html

上記URL先ページによると、新製品の概要は下記の通り。

・主な特徴:
 下記の措置により、最大出力を現行モデル(135W)から5W向上した。
 ・生産技術の進化による、光発電層の結晶品質の向上
 ・サブモジュールパターンの設計見直しによる、非発電面積の縮小

・主な仕様:
 ・型名:HEM140PCB
 ・公称最大出力:140W
 ・外形寸法:幅1,417mm×奥行き791mm×高さ37mm
 ・変換効率:12.5
 ・質量:14.3kg
 ・希望小売価格:7万6,650円(税抜き7万3,000円)

・発売日:2012年12月5日


変換効率はまだ13%に達していないとはいえ、技術や設計の進歩により、発電能力を着実に高めてきていることが伺えます。

また、他社の結晶シリコン型では、小面積での発電容量アップのニーズに対応するべく、サイズや形状を変化させた製品が発表されていますが、CIGS型でも同様の製品がリリースされてくる可能性はあるのか、かなり興味を引かれるところです。


※関連記事:
ホンダソルテックが、変換効率11.6%の住宅用CIGS太陽電池モジュール(最大出力130W)等を発売(2010/08/07)
ホンダソルテックが、現行モデルより小型(約2/3)・高変換効率(目標13.0%)なCIGS薄膜太陽電池モジュールを2011年内に発売予定(2011/07/28)
ホンダソルテックが「PVJapan 2011」にCIGS薄膜太陽電池のプロトタイプを出展予定、住宅用の新型では変換効率13.5%を達成(2011/12/03)
posted by 管理人 at 06:52 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2012年06月21日

ホンダが、国内自社拠点での太陽光発電システムの総発電量をウェブサイトで公開開始

ホンダが、全国の事業所・四輪販売店に設置している太陽光発電システムの総発電量について、自社ウェブサイトでの公開2012年6月20日に開始したとのこと。

(ニュース記事)
・ホンダ、全国事業所や四輪販売店のソーラー発電量をホームページで公開(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=312469&lindID=5

(ホンダのサイト内ページ)
・Honda関連施設のソーラーパネル発電量をホームページで公開
 http://www.honda.co.jp/news/2012/c120620c.html
・発電電力量表示
 http://www.honda.co.jp/solar-power/

上記URL先ページによると、今回のサービスの概要は

・仕組み:
 ・太陽光発電システム
 ・データベースサーバー
 の連携による自動集計で、総発電量の表示を実現している。

・閲覧できるデータ:
 ・毎時・日別・月別の発電量
 ・発電量の世帯数換算
 等。

・太陽光発電システムの規模:計3.5W
 2012年5月末時点で、
 ・関連事業所:20拠点
 ・国内四輪販売店「Honda Cars」:43拠点
 に設置している。
 (※2013年度末には計7.0MWとなる予定)

等となっています。


総発電量のデータは6月18日分から公開されていますが、19日が前日・翌日に比べて約1/3と激減しているところに、台風による悪天候の如実な影響が伺え、非常に興味深いです。

個人的には、更に地域別(例えば県別)で設置規模/発電量を見ることができれば、各地域における太陽光発電の特性が浮かび上がってくるのでは・・・と考えますが、それは流石に高望みでしょうか。

とはいえ、自社拠点での発電量を広く公開するというのは、例えばソフトバンクによる実験プラントでの発電実績公開のように、CIGS太陽電池の実証実験的な役割も果たす、価値ある取り組みだと考えます。
posted by 管理人 at 04:47 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2012年04月24日

ホンダが「Hondaスマートホームシステム(HSHS)」導入の実証実験ハウスを運用開始、太陽電池は開発中のCIGS薄膜型を採用

ホンダが2012年4月23日に、「Hondaスマートホームシステム(HSHS)」を導入した実証実験ハウスを、埼玉県さいたま市で完成・公開したとのこと。

(ニュース記事)
・スマートホームシステムでCO2削減――ホンダさん家へ行ってきた(週アスPLUS)
 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/085/85156/

(ホンダのサイト内ページ)
・Hondaスマートホームシステムを導入した実証実験ハウスを初公開 〜ガス、太陽光、電動化モビリティーを活用した家庭内エネルギーマネジメント技術の検証を開始〜
 http://www.honda.co.jp/news/2012/c120423.html

上記URL先ページによると、今回のシステムは

・CIGS薄膜太陽電池パネル
・ホームバッテリーユニット(蓄電池)
・ガスエンジンコージェネレーションユニット
・給湯ユニット
・「Smart e Mix Manager」(日常時・災害時双方での電力供給制御を行う)

で構成され、家庭のエネルギー需給の総合的なコントロールを実現できるとのこと。

このうち太陽電池には、現在開発中新型CIGS薄膜太陽電池モジュールを用いており、実発電量の優位性を検証するとのことです。


太陽電池だけでなく、コージェネに蓄電池・EV等、ホンダが擁する幅広い技術が結集されている点には、同社がエネルギー分野において持つ能力が現れていると感じます。

同じCIGS(CIS)太陽電池でも、ソーラーフロンティア社とはまた異なる事業展開が垣間見えるようにも思われますが、今後今回のシステムをどのように実用化・製品化につなげるのか、興味を引かれるところです。


※当ブログの関連記事:
ホンダソルテックが「PVJapan 2011」にCIGS薄膜太陽電池のプロトタイプを出展予定、住宅用の新型では変換効率13.5%を達成(2011/12/03)
posted by 管理人 at 20:54 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2011年12月03日

ホンダソルテックが「PVJapan 2011」にCIGS薄膜太陽電池のプロトタイプを出展予定、住宅用の新型では変換効率13.5%を達成

ホンダソルテック社が「PVJapan 2011」(12月5〜7日)に、新型のCIGS薄膜太陽電池モジュール参考出展する予定とのこと。

(ニュース記事)
・【PVジャパン11】ホンダ、変換効率が世界最高レベルの太陽電池モジュールを出展(レスポンス)
 http://response.jp/article/2011/12/02/166449.html

(ホンダのサイト内ページ)
・ホンダソルテックが新型薄膜太陽電池を「PVJapan 2011」に出展
 http://www.honda.co.jp/news/2011/c111202a.html

上記URL先ページによると、モジュールの種類と概要は、

住宅用140W太陽電池モジュール」のプロトタイプ
 ・主な特徴:
  ・光発電層の結晶品質の改善
  ・サブモジュールパターン設計の見直しによる、非発電面積の低減
  により、最大出力を向上している。
 ・主な仕様:
  ・外形寸法:幅1,417mm×高さ791mm×厚さ37mm
  ・質量:14.3kg
  ・公称最大出力:140W
  ・モジュール変換効率:12.5

住宅用新型高効率太陽電池モジュール」のプロトタイプ
 ・主な特徴:
  ・上記の140Wモジュールの特徴に加えて、新しい封止構造の採用により非発電面積を低減。
   これにより、高い変換効率(現在市販されているCIGS薄膜太陽電池で世界最高レベルとのこと)を実現している。
  ・現行モデルより小型化しており、様々な形状の屋根で、効率良い設置が可能。
 ・主な仕様:
  ・外形寸法:幅930mm×高さ737mm×厚さ46mm
  ・質量:9.0kg
  ・公称最大出力:92.5W
  ・モジュール変換効率:13.5

・「新型高効率太陽電池モジュール」の公共・産業用コンセプトモデル

等となっています。


直接の発電部分以外の改善で、発電出力がかなりの程度改善されうるというのは、やはり非常に興味深いです。

ホンダソルテックのCIGS太陽電池の変換効率が、結晶シリコン型にどこまで近づきうるのか、という点も、非常に興味を引かれるところです。
posted by 管理人 at 12:49 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2011年09月20日

ホンダソルテックのCIGS薄膜太陽電池と、現在主流のシリコン系太陽電池の性能を比較している「サンケイビズ」の記事

下記URL先ページでは、ホンダソルテック社が製造しているCIGS薄膜太陽電池について解説されています。

(ニュース記事)
・ホンダ「化合物太陽電池」 変換効率向上で新興国に対抗 (2/3ページ)(サンケイビズ)
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/110919/bsc1109190501001-n1.htm

この中で、現在の主流であるシリコン系太陽電池との比較として、

変換効率
 ・シリコン系:最高レベルで20%超
 ・ホンダソルテックの太陽電池:
  2012年度初めに投入予定の製品で13%超。
  「数年で15%にし、20%も狙える」(ホンダソルテックの社長)

屋根設置の場合(表面温度が約80度に達する)の発電量
 CIGS薄膜式は高温に強いため、シリコン系より2%高くなる。

製造時の使用エネルギーを、製造後の発電エネルギーで取り戻すのにかかる期間
 ・シリコン系:約1年半
 ・CIGS薄膜式:11カ月足らず

との数字が挙げられています。


変換効率は低めとはいえ、ソーラーフロンティア社のCIS太陽電池と同じく、高温に強い点や生産工程の少なさは大きな利点であり魅力だと感じるので、ホンダソルテックの製品についても、今後の販売・普及の拡大に期待したいところです。


※参考サイト・ページ
・[1]ホンダソルテック
 http://www.honda.co.jp/soltec/
posted by 管理人 at 08:36 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2011年09月17日

ホンダソルテックが自社に「ホンダエンジニアリング」の太陽電池開発部門を集約、業務の強化・効率化を狙う

熊本県大津町の「ホンダソルテック」社が9月16日、

・自社に「ホンダエンジニアリング」(栃木県)の太陽電池開発部門集約する。

との方針を公表したとのこと。

(ニュース記事)
・太陽電池開発部門を熊本集約 ホンダソルテック(くまにちコム)
 http://kumanichi.com/news/local/main/20110916004.shtml

上記URL先ページによると、今回の措置の概要は、

・背景・目的:
 ・以前から、
  ・ホンダソルテック(太陽電池の量産拠点)
  ・ホンダエンジニアリング(生産条件の調整や製品検査などを担う)
  は関わりが深く、
  ・技術者の行き来
  ・部品のやりとり
  が多く行われていた。
 ・ホンダソルテックは2011年4-8月に、東日本大震災による被災で開発業務が停止したホンダエンジニアリングの技術者を、
  ・出張
  ・長期滞在
  等の形で受け入れてきた。
  今回は、量産現場と開発部門を集約することで、工程の効率化などが期待できる、と判断した。

・組織:
 2011年10月1日付で、ホンダソルテック内にホンダエンジニアリングの「ソーラー開発分室」を設置した。
 ホンダエンジニアリングからは、技術者ら30〜40人が、ホンダソルテックに移る。

・設備:
 ・太陽電池の性能検査や解析に必要な設備のホンダエンジニアリングからの移転は、ほぼ完了している。
 ・ホンダソルテックでは、1億円程度を投資して社屋を増築し、研究開発設備を新たに導入する予定。

等となっています。

また記事では、ホンダソルテック社の社長の方の

・「開発業務の強化は、太陽電池の性能向上につながる。
  年度内に(太陽光エネルギーを電気に変える)変換効率13%を達成し、商品競争力を高めたい」

とのコメントが紹介されています。


震災による被災への対応が、(兼ねてから繋がりがあった)太陽電池に関する部門の集約のきっかけになった、ということでしょうか。

CIGS太陽電池に対する需要も伸びてきていると思うので、今回はその状況に対応するための事業強化、という面もあるのでは・・・と個人的には想像するものです。


※参考サイト・ページ
・[1]ホンダソルテック
 http://www.honda.co.jp/soltec/
・[2]ホンダエンジニアリング
 http://www.honda.co.jp/EG/
posted by 管理人 at 10:15 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2011年07月28日

ホンダソルテックが、現行モデルより小型(約2/3)・高変換効率(目標13.0%)なCIGS薄膜太陽電池モジュールを2011年内に発売予定

ホンダソルテック」社が、

・現行モデルより小型変換効率が高いCIGS薄膜太陽電池を、2011年内に発売する。

との予定を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・ホンダソルテック CIGS系で世界最高効率の太陽電池を今年発売 2011/07/28(木) 01:01:08 [サーチナ]
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0728&f=business_0728_005.shtml
・NTTファシリティーズ、停電対応型の太陽光発電システムを販売へ  :日本経済新聞
 http://www.nikkei.com/tech/ecology/article/g=96958A9C93819499E0E5E2E09F8DE0E5E2E5E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E2E4E2E7E0E2E3E2E3E7EAEA

(ホンダのサイト内ページ)
・Honda  ホンダソルテックが新型薄膜太陽電池を2011年中に発売
 http://www.honda.co.jp/news/2011/c110126.html

上記URL先ページによると、発売予定の製品の概要は、

・主な特徴:
 ・受光部分(CIGS層)の性能向上
 ・非受光面積(外周フレーム等)の縮小
 等により、モジュール変換効率を現行モデル比で約1割アップした。
 また、モジュール面積を現行モデルの約2/3小型化
 これにより、様々な形状の屋根への効率良い配置が可能となり、より多くのモジュールが設置できる。
・変換効率:13.0%以上(世界最高水準)となる見込み。
 (※現行モデルのモジュール変換効率は11.6%)
・試作モデルの仕様:
 ・最大出力:89W(※現行モデル「HEM130PCA」は130W)
 ・サイズ:926mm×738mm×37mm(※同1,417mm×791mm×37mm)
 ・質量:8.7kg(同14.3kg)
 ・公称開放電圧:190V(同280V)

等となっています。


近いタイプの太陽電池モジュールを手がけているソーラーフロンティア社は、つい先日に最大出力150W・変換効率12.2%の新モジュール「SF130-150」シリーズの出荷を開始したとのことですが、ホンダソルテックも負けずに製品の性能アップを進めている、ということでしょうか。


※参考サイト・ページ
・[1]株式会社ホンダソルテック
 http://www.honda.co.jp/soltec/
・[2]株式会社ホンダソルテック | 製品情報 | 太陽電池モジュール
 http://www.honda.co.jp/soltec/product/module/index.html
posted by 管理人 at 09:52 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2011年07月14日

ホンダソルテックの社長が、開発・生産現場一体での取り組みが自社の強み、と語る

ホンダソルテック」社の数佐明男社長が7月13日、CIGS薄膜太陽電池における、自社が持つ競争力について語ったとのこと。

(ニュース記事)
・ホンダソルテック数佐社長「ライバルは簡単に追い付いてこれない」 | レスポンス (ビジネス、企業動向のニュース)
 http://response.jp/article/2011/07/13/159405.html

上記URL先ページによると、ホンダが開催した「ホームパワージェネレーション説明会」で、一部報道陣に対し、

・市場の状況:
 これまで、結晶シリコン型太陽電池を製造していた
 ・台湾
 ・韓国
 のメーカーが、中国メーカーによる低コスト化で採算が合わなくなったため、CIGS薄膜太陽電池への進出を開始している。

・自社が持つ競争力:
 ホンダソルテックはCIGS薄膜太陽電池市場をリードする立場であり、ライバル企業が増えても、そう簡単には追い付いてこれない、と考えている。
 具体的には、ホンダソルテックでは自動車事業と同様に、
 ・開発エンジニア
 ・生産エンジニア
 ・製造現場
 が一緒になって事業に取り組んでいる。
 (一方、半導体業界では
  ・研究所と工場が別会社
  ・製品の製造は委託
  といった状況があり、そのために技術開発が遅い)
 事業においては、実際に量産ラインを引き、そこで培った現場力・製造プロセスをどのように改善していくか、という点が重要となる。

等の内容が語られたとのことです。


自動車製造では当たり前となっている開発・製造一体の取り組みが、半導体分野では一般的ではないというのは、コストダウン・効率化のための分業を進めたが故に生じた欠点、ということなんでしょうか。

CIS薄膜型では、昭和シェル石油が相当な事業規模拡大を進めていますが、CIGS薄膜太陽電池においてホンダソルテックが今後どのようなポジションを占めることになるのか、非常に興味を引かれるところです。


※参考サイト・ページ
・[1]株式会社 ホンダソルテック
 http://www.honda.co.jp/soltec/
posted by 管理人 at 20:09 | Comment(0) | メーカー:ホンダ

2011年01月26日

ホンダソルテックが、現行モデルより小型化・変換効率アップを図る新型薄膜太陽電池を、2011年中に発売予定

ホンダソルテックが、現行モデルより小型化した新型薄膜太陽電池を、2011年中に発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・ホンダ子会社、新型薄膜太陽電池を2011年中に発売(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=271860&lindID=6
・ホンダソルテック施設増強で立地調印式(RKK 熊本のニュース)
 http://www.rkk.co.jp/cgi-bin/newscgi/localnews.cgi?id=NS003201101251623390111

上記URL先ページによると、詳細は、

・主な特徴:
 ・モジュール変換効率:
  ・受光部分(CIGS層)の性能アップ
  ・外周フレーム等の非受光面積の低減
  により、現行モデル比で約1割向上。
  同じ設置面積で、より多くの発電が可能となる。
 ・モジュール面積:
  現行モデル比で約2/3に小型化。
  これにより、様々な形状の屋根の限られたスペースに、より多くのモジュールを設置できるようになる。

・プロトタイプの仕様:
 ・公称最大出力:83W(現行モデル「HEM130PCA」は130W)
 ・外形寸法:幅926mm×奥行き738mm×高さ37mm(同1,417mm×791mm×37mm)
 ・モジュール変換効率:13.0%(同11.6%)
 ・質量:8.7kg(同14.3kg)
 ・公称開放電圧:190V(同280V)

・今後の予定:
 発売に向け、モジュール変換効率の更なる向上を目指している。

等となっています。

また2つ目の記事によると、ホンダソルテックでは、6億8,000万円を投資して生産ラインの増強などを行うとのことです。
(※管理人注:
  記事では、数佐明男社長の
  ・「年末にも国内向けの新製品を販売していけるようにしたい」
  とのコメントがあるので、今回発表の新モジュールと関係していると思われます。)


太陽電池の設置量をアップする製品としては、他社からは既に

・京セラの「ラックレス方式」採用システム「ECONOROOTS typeU」
・パナソニック電工の20%小型化製品「パナソニック住宅用太陽光発電システム 多結晶154シリーズ」を発売

が発表されていますが、太陽光発電システムの普及拡大に伴う設置環境の多様化が、これらの製品の需要を生み出している、ということなんでしょうか。


※参考
・[1]株式会社 ホンダソルテック
 http://www.honda.co.jp/soltec/
posted by 管理人 at 20:16 | Comment(0) | メーカー:ホンダ