【現在位置】トップページ > 国内のメガソーラー

(スポンサード リンク)

2014年01月25日

岩手県雫石町で約25MWのメガソーラーが建設予定、スイスのIPP「Etrion」社が関わる

岩手県の雫石町2014年1月22日に、市内での大規模太陽光発電事業(約25MW)の立地に関して、町と事業者間での協定が結ばれたとのことです[1]。

事業の概要は下記の通り。

  • 事業者:特別目的会社「雫石太陽光発電合同会社
    出資比率は、スイスのIPP「Etrion」社が85%、日立ハイテクノロジーズが15%。
  • 場所:沼返地内(小岩井農場隣接地)の民有地(約51ha)
  • 発電出力2万4740kW
    一般家庭約7000世帯分に相当し、雫石町の全世帯分(2013年12月末時点で約6200世帯)を上回る。
  • 発電電力の用途:全量を東北電力に売電する。
  • 事業費用:約76億7000万円(発電開始まで)
  • 完成時期2015年10月の予定
  • 事業期間:発電開始から20年間
  • その他の取り組み予定
    地域への貢献
     事業担当の合同会社は、雫石町内に設置。
     ・建設工事での地元企業の利用、雇用
     ・発電開始後の地元雇用
     ・環境教育(町内児童の施設見学など)
     を行う。
    環境への配慮
     架台基礎には鋼鉄製杭を採用し、事業終了後は撤去する。

海外事業者による太陽光発電事業に関する最近の報道・発表では、事業者や建設場所などの重要な情報が公開されていない場合がしばしばあるので、今回の事業でそのあたりが明確に公表されている点は安心感がありますが、地域・自然への配慮を含めて、Etrion社の豊富な経験が伺える気がします。

また発電容量が、自治体内の一般世帯の電力需要を十分カバーできる規模であることには驚かされます。

約25MWという規模は、Etrion社のチリでのプロジェクト(70MW、100MW)に次ぐものであり、同社としても今回の事業の重要性は大きいものと思われますが、建設はもちろん、完成後の運営でも経験・ノウハウが十分に発揮されることを、期待したいところです。


※参照・参考サイト:
[1]大規模太陽光発電事業立地に関する記者発表を行いました。(雫石町)
http://www.town.shizukuishi.iwate.jp/modules/etc/index.php/content2398.html
[2]Japan(Etrion社)
http://www.etrion.com/japan.php

※関連記事:
posted by 管理人 at 21:19 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年12月22日

鳥取県「日南町石見東太陽光発電所」の冬季の売電収入が想定より約220万円のプラス、降雪の少なさとパネル角度が奏功

ニュース記事[1]で、鳥取県の「日南町石見東太陽光発電所」(340kW)の売電実績が紹介されていました。

この発電所の稼動開始は2012年12月(売電価格42円/kWh)で、主な数字は下記の通り。

  • 稼動開始後1年間の売電収入:約1300万円(計画より200万円プラス)
  • 時期別
    冬季:約281万円(※想定額は60万円)
     ・2012年12月:約36万
     ・2013年1月:約46万
     ・同2月:約71万
     ・同3月:約128万
    同4月以降:計画通り

また冬季の発電が好調だった要因として、下記の状況が挙げられています。

  • 降雪量:昨冬の降雪は、例年の半分以下だった。
  • 太陽電池パネルの角度:落雪するように、通常(15度)より急な35度としている。

冬季の売電収入のプラス分(約220万円)は、通年のプラス分(200万円)を上回っており、冬の発電の伸びが予想を遥かに超えるものだったことが伺えます。

逆に考えると降雪地域では、冬にどれだけ発電能力を確保できるか、というのが、売電収入を最大限確保するための非常に大きな課題、ということかもしれません。

建設に携わったソーラーウェイ社はもともと、日南町で多雪な山間部向けのメガソーラー計画を立てており当初の事業計画こそ断念されたものの、今回の発電所でその方針(パネルの高さ・角度の確保)が生きている、ということだと思われます。


※参照・参考サイト:
[1]日南町ソーラー 雪対策が奏功(山陰中央新報)
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=543174006
[2]石見東太陽光発電所
http://aemsdata.mt-fields.com/nichinan/iwamihigashi.html

※関連記事:
posted by 管理人 at 03:00 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年12月21日

パネル上に18cm積雪したメガソーラーでは、発電量はほぼゼロ

ニュース記事[1]で、長野県内メガソーラーの太陽電池パネルに積雪した状況が報じられていました。

この発電所の所在地は富士見町落合烏帽子とのことで、主な状況は下記の通り。

  • 積雪の影響
    太陽電池パネル(9632枚)の表面に、18cmの雪が積雪。
    これにより、発電量はほぼゼロになった。(※積雪のピークは深夜)
  • 除雪方法
    先端がゴム製の熊手を用い、パネルを傷つけないように雪を落とした。
  • 凍結の懸念
    解けた雪が凍った場合も、発電効率が低下するため、冷え込みが懸念される。

所在地やパネル枚数から、該当の施設は「富士見メガソーラー」社が建設・運営しているものと思われます[2][3]が、傾斜面であるはずの太陽電池パネルに20cm近くも雪が積もったというのは、ちょっと意外な気がしました。

メガソーラーの写真は見つけられませんでしたが、富士見町のサイト掲載のイメージ図[4]では、パネルの角度が(降雪地域としては)浅いと見受けられ、実際の設備がこの角度なら、気温が下がった状況で雪が高く積もるのも、無理は無いかもしれません。

それはともかく、青森県で行われた実験では、10cm程度の積雪なら発電は行えたとのことでしたが、流石に20cm弱だと明確に無理、ということが伺えます。

また積雪が無い場合でも、日照が強い昼間に解けたガラス表面の水が、気温が下がり凍りついた場合に、発電能力に具体的にどの程度の影響が及ぶのか、というのは気になるところです。


※参照・参考サイト:
[1]地域 : 雪は大敵 メガソーラー(長野日報)
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=30194
[2]富士見あすの眺望(上) 相次ぐメガソーラー計画(信州Live on)
http://www.shinshu-liveon.jp/topics/node_250428
[3]行政・政治 : 富士見メガソーラー完成 11月1日に本格稼働(長野日報)
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=29794
[4]平成24年 富士見町重大ニュース(富士見町)
http://www.town.fujimi.lg.jp/page/so02judai201212.html
posted by 管理人 at 01:27 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年12月20日

古河機械金属が「足尾事業所太陽光発電所」の稼動を開始、足尾地区の遊休地利用の一環

古河機械金属が2013年11月28日に、栃木県の足尾地区メガソーラーの稼動を開始したことを、発表していました[1][2]。

事業の概要は下記の通り。

  • 名称:古河機械金属株式会社足尾事業所太陽光発電所
  • 背景
    古河機械金属にとって足尾地区は、礎の地であり、歴史的・技術的に重要な場所である。
    今回はこの足尾地区について、環境に配慮した遊休地の有効利用の1つとして、太陽光発電所を建設した。
    (今後は同地区の他の遊休地についても、有効利用方法を考える方針)
  • 場所:旧足尾製錬所硫酸工場の跡地(約1万2000m2
    同工場は、2010年10月に解体を完了している。
  • 発電出力1000kW
    太陽電池パネル4032枚を設置。
  • 年間発電電力量の見込み
    ・当初:約92万kWh
    ・20年間の平均:約85万kWh
    全量を東京電力に売電する予定。
  • 稼動までのスケジュール
    ・2013年2月:経産省の設備認定を取得
    ・同3月:東京電力に接続契約を申請
    ・同11月:接続契約を締結、完成
    ・同12月2日:発電・送電を開始

歴史的な鉱毒事件が起こった地域に現在、太陽光発電所が設置されているというのは不思議な感覚がありますが、この100年強での、環境に対する国内の意識の大きな変化が表れているとも感じられます。

写真を見る限り、メガソーラーとしては規模的にも設備的にもオーソドックスなものと見受けられますが、その点で、この設備が持つ象徴的な意味は小さくないものと考えます。


※参照・参考サイト:
[1]足尾事業所太陽光発電所完成および発送電開始のお知らせ(古河機械金属)
http://www.furukawakk.co.jp/info/2013/131128_release.html
[2]足尾銅山跡地 「公害発祥の地」で太陽光発電(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20131219/CK2013121902000166.html
[3]足尾銅山(ウィキペディア)
posted by 管理人 at 00:05 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年12月19日

Canadian Solarが、日本で地上設置型メガソーラー(計約145MW)の建設を予定

Canadian Solar2013年12月9日に、日本でのメガソーラー事業向けに「Harvest North Star Capital」から融資を受けることで合意した、と発表していました[1]。

この融資による事業の概要は下記の通り。

  • 融資額4000万ドル
    資金供給は3期に分ける。(第1期は2013年12月の予定)
  • 設置規模:計145.1MWDC
    複数の地上設置型太陽光発電設備を建設する。
    2014年の前半に、最初の建設(40〜50MWDC)が開始される予定。

Canadian Solarは既に、欧州で太陽光発電事業の実績を積んでいる[2]とのことで、好調なモジュール出荷(今年1-3月の日本向けは全出荷量(340MW)の約1/4)に加えて収益を確保するために、日本で発電事業に本格参入するのは、自然な流れと思われます。

ただ日本国内のメガソーラーは、稼動分が認定分の5%未満(7月末時点)に留まっている状況であり、(複数設備の合計とはいえ)100MW超を設置できる土地を今から確保できるのか、というのは気になるところです。

Canadian Solarが日本で設置したメガソーラー第1号は牛舎屋根への設置だったので、野立てに限らず、そのような特殊・ユニークな発電設備を展開することも、ちょっと期待したいものです。


※参照・参考サイト:
[1]Canadian Solar Signs Loan Agreement with Harvest North Star Capital for the Development of its Solar Power Projects in Japan(Canadian Solar社)
http://investors.canadiansolar.com/phoenix.zhtml?c=196781&p=irol-newsArticle&ID=1882938&highlight=
[2]日本に145MWのメガソーラーを建設、カナディアン・ソーラーが取り組む(スマートジャパン)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1312/18/news038.html

※関連記事:
posted by 管理人 at 01:54 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年12月12日

両面パネル採用の「旭川北都ソーラー発電所」(約1.2MW)が稼動開始、自立型融雪システムの実証実験も予定

北海道旭川市の「西山坂田電気」社が2013年11月27日に、

  • メガソーラー「旭川北都ソーラー発電所」の完成
  • 両面受光太陽電池パネルを用いた自立融雪システムの実証実験予定
を同時に発表していました[1]。

各自業の概要は下記の通り。

メガソーラー

  • 場所:旧・北海道旭川北都商業高校のグラウンド跡
  • 発電容量1250kW
  • 太陽電池パネル
    ・メーカー、機種:元旦ビューティ工業の「PST254EarthON60」(表面の定格出力254W)
     「PVG Solutions」社の両面受光セル「EarthON(アーソン)」を採用。
     冬の積雪による反射光も、発電に活用する狙いがある。
    ・設置枚数:5320枚
    ・設置角度:40
     伊藤組土建の「SEPイ型架台」を採用。
  • 想定年間発電量147万kWh
    ※反射光・散乱光による両面発電を考慮した数字。
  • スケジュール
    ・2013年5月:着工
    ・同11月29日:稼動開始

自立融雪システムの実証実験

  • 目的
    両面受光太陽電池パネルによる発電電力を直接用いて、外部電源が不要な自立型ロードヒーティングの効果を検証する。
    ※今回は太陽光発電時だけの融雪だが、来年度以降は今回の検証結果を生かし、蓄電池なども組み合わせた自立型融雪システムの実証を行う予定。
  • 実施場所:上記発電所の敷地内
  • 共同企業・団体
    ・クラレリビング
    ・PVG Solutions
    ・北海道庁
  • 融雪マット
    ・構造:
     導電繊維「CNTEC」(クラレリビングが開発)の織物によるファブリックヒーターを、絶縁性ゴムで封入している。
    ・特徴:
     熱伝導効率が良く、融雪効果が同じ通常のニクロム線ヒーターと比べて、約20%の消費電力減が見込まれる。
    ・サイズ、設置数:80cm×150cmのマット(消費電力250W/m2)を10枚。(設置面積は12m2
  • 電源:両面受光型太陽電池パネル(254W)を16枚用いる。(約4kW、メガソーラーの設置パネルとは別)

両面受光パネルを全面採用したメガソーラーの、降雪地域での本格稼動ということで、実際に積雪時にどれだけ発電量を上乗せできるのか、現状において貴重なデータが得られるものと期待します。

ロードヒーティングについては、稼動していれば路面の雪を溶かせて非常に便利である半面、現状の設備ではエネルギーの費用(燃料代など)が非常に嵩むのがネックとのことで、最近は自治体のコスト削減のため、せっかく道路にロードヒーティングが設置されているものの、停止しているケースもよく見かけます。

今回の実証実験では、12m2の融雪に4kWの太陽光発電設備を用いるとのことで、消費電力が低いヒーターを採用するとはいえ、やはり消費エネルギーの大きさを感じますが、それだけに、一定期間の運用により、初期コストの回収は十分期待できるとも思われます。

ただ、もし実用化するとすれば、融雪場所の近くに発電設備(太陽電池パネル)の十分な設置場所を確保することが、課題になるのでは、とも考えます。


※参照・参考サイト:
[1]旧北海道旭川北都商業高等学校グラウンド跡におけるメガソーラー「旭川北都ソーラー発電所」の運転開始についてのお知らせ(西山坂田電気)
http://www.nishiyama-s-denki.co.jp/pv/hokuto01.pdf
posted by 管理人 at 13:57 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年11月30日

西武鉄道のメガソーラー「西武飯能日高ソーラーパワーステーション」では、ヤギが除草に活用される予定

西武鉄道2013年11月27日に、メガソーラー「西武飯能日高ソーラーパワーステーション」の建設予定を発表していました[1]。

事業の概要は下記の通り。

  • 場所:埼玉県飯能市の西武飯能日高分譲地
    該当区画の開発・分譲が行われるまでの間、暫定的に発電事業を行う。
  • 土地面積:約3.9ha
  • 太陽電池パネルの枚数8588
  • 発電容量:約2100kW
  • 発電電力量:年約240万kWh(約640世帯分相当)の見込み
    売電額は約9600万円の見込み。
  • スケジュール予定
    2013年12月:着工
    2014年8月:発電開始
  • その他
    除草にヤギを活用
     完成後の太陽電池パネル周囲の除草には、時期により、「エコパートナー」として武蔵横手駅で飼育しているヤギが用いられる予定。

西武鉄道では2009年8月から、社用地(池袋線武蔵横手駅の線路脇)でヤギ4頭による草刈りを行っている[2]とのことで、既に数年間にわたり実績を積み重ねている点では、今回のメガソーラーでも、除草の効果は十分に期待できるものと考えます。
(もっとも1頭の除草範囲は1ヶ月あたり約100m2とのことなので、ヤギ1頭で敷地全てをカバーできないとは思いますが)

他社では、10月に稼動開始した「ニッケまちなか発電所明石土山」が羊3頭を放牧していますが、設備に支障(コードをかじる等)が生じないのであれば、今後同様の(草食動物を放牧する)手法が広まる可能性があるのではないでしょうか。


※参照・参考サイト:
[1]「西武飯能日高ソーラーパワーステーション」を着工します!(西武鉄道)
http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2013/__icsFiles/afieldfile/2013/11/27/20131127solarpower_1.pdf
[2]草刈りの概要(西武鉄道)
http://www.seibu-group.co.jp/railways/smile/yagi/outline/index.html
posted by 管理人 at 17:51 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年11月25日

「おおた鶴生田町太陽光発電所」が稼動開始、パネル配置などの工夫で古墳保存と発電事業を両立

JFEエンジニアリング2013年11月21日に、「おおた鶴生田町太陽光発電所」が稼動開始したことを発表していました[1]。

施設の概要は下記の通り。

  • 場所:群馬県太田市鶴生田町(つるうだちょう)
  • 設置面積:約2万7000m2
    耕作放棄地を、市が集約した。
  • 発電容量1.5MW
  • 発電電力量:年166万kWhの見込み
    全量を東京電力に売電する。
  • 稼動開始時期2013年10月
  • その他
    リース方式(JFEテクノスと東京センチュリーリースが提案、期間20年)の採用により、初期コストを抑制。
     太田市は東京センチュリーリースから、設備一式をリースして事業を運営する。
    ・用地内に点在する古墳群の保存と、発電事業を両立するため、太陽電池パネルの配置や基礎工法などを工夫している。

上空からの写真を見ると、整然と並んだパネルの中に、丸い古墳群が不規則に点在している光景が非常にユニークです。

用地はもともと耕作放棄地とのことなので、観光地でもある「吉野ヶ里メガソーラー」とは、また事情が異なっているとは思いますが、発電設備と遺跡をこのように非常に近接した状態で共存させている点には、太陽光発電の設置対応力の高さが感じられます。

ただ、発電設備の真っ只中に貴重な古墳があるだけに、建設・施工時だけでなく、設備のリース期間終了後の土地の扱い(どのように復元するのか)についても、注意する必要があるとも考えます。


※参照・参考サイト:
[1]JFEテクノス 群馬県太田市が運営する2件目のメガソーラーを完成(JFEエンジニアリング)
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2013/20131121084535.html
[2]古墳とメガソーラー、群馬で共存を図る(スマートジャパン)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1311/25/news034.html

※関連記事:
posted by 管理人 at 19:46 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年11月12日

「ソーラーオンザウォーター桶川」では、フロート上で鳥が休憩

「Tech-On!」さんの記事[1]で、埼玉県桶川市内に設置された水上メガソーラー「ソーラーオンザウォーター桶川」について詳しく報じられています。

記事によると、秋〜冬にはフロート上で渡り鳥水鳥が休むとのことです。


記事掲載の写真では、フロートだけでなく、周辺の水面などにも多数の鳥がいて、羊を放牧している太陽光発電所と同じく、のどかで和む光景です。

ただし写真では、パネル上に鳥の糞がかなり付着していることも見て取れます。

貯水池上に設置されているだけに、定期的な清掃で使う洗剤も、環境への影響が少ないよう特に配慮する必要があると思いますが、太陽光発電と鳥たちが共生しつつ、発電能力も十分に維持できるよう、この発電所の運営でノウハウが蓄積されれば・・・とも思います。


※参照・参考サイト:
[1]埼玉・桶川、池に浮かび、渡り鳥が羽を休めるメガソーラー
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20131107/314623/

※関連記事:
posted by 管理人 at 20:01 | Comment(0) | 国内のメガソーラー

2013年11月10日

「秋田市総合環境センター」最終処分場跡地のメガソーラーは三脚型架台を採用、日影対策で最下部のパネル1列を1回路化

「Tech-On!」さんの記事[1]で、「秋田市総合環境センター」の最終処分場跡地に建設されたメガソーラー1.5MW)について、詳しく報じられていました。

この中で太陽電池パネルの設置について、下記の特徴が紹介されています。

  • 三脚型架台
    最終処分場は地盤が弱く、造成工事に制限がある。
    このため傾斜地では「三脚型架台」を採用。
    パイプを地面に斜めに差し込んで三脚型に組み、その地上部分に、パネルを載せる支柱を接続金具で固定している。
  • 積雪対策と回路構成
    雪が滑り落ちるよう、パネルの設置角度は30度としているが、この場合朝夕にが長くなり、隣のパネルの一部(下側)に影がかかる。
    この対策として、地面に近いパネルの1列を、直列接続により1回路としている。
    これにより、該当のパネル部分に影がかかっても、上部のパネルは発電能力を維持でき、全体の出力低下を抑えることができる。

[1]の写真を見ると、「三脚型」と言っても逆三脚であり、パイプが集まっている地面の際の箇所に(横方向の)力が集中して変形が起こらないか、というのが気になりますが、その点はもうすぐ迎える冬が、良い実証の機会になるのかもしれません。

鉛直方向に打ち込むのと比べると、正確な施工が難しそうですが、施工の手間がそれほどかからず、且つ十分な強度が維持できるのであれば、地盤が弱い土地での施工方法として確立・定着しうるのでは・・・と考えます。


また、パネルの回路構成に工夫を講じているのも、雪国への適合策の一つとして、非常に興味深いです。

積雪地域ではパネルの設置角度を急にせざるを得ないだけに、最下部一列を1回路とする手法が、日影対策としてどれだけ有効性があるのか、こちらも今回の冬での実証・検証に期待したいところです。


※参照・参考サイト:
[1]秋田市、最終処分場跡地がクリーンな発電所に(Tech-On!)
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20131030/312670/?bpnet
[2]秋田市メガソーラー事業(秋田市)
http://www.city.akita.akita.jp/city/ev/mn/renewable-energy/Mega-solar.htm
posted by 管理人 at 16:03 | Comment(0) | 国内のメガソーラー