【現在位置】トップページ > 製造用のソフトウェア等

(このページ内の記事一覧)
(スポンサード リンク)

2011年05月28日

Odersun社が、ウェブ上で個別設計ソーラーモジュールの設計を行える「ソーラーモジュールデザイナー」を無料公開

ODERSUN(オーデルサン)」社が5月26日、ウェブ上で個別設計ソーラーモジュールを設計できるソフトウェアツール「ソーラーモジュールデザイナー」を無料公開したとのこと。

(ニュース記事)
・オーデルサンが太陽光発電モジュール用のオンライン設計ソフトウエアを公開(Odersun AG)
 http://www.zaikei.co.jp/releases/10019/

(Odersun社のサイト内ページ)
・Odersun AG | Create Your Own Solar Module - Odersun AG Publishes Online Configuration Softwar
 http://www.odersun.com/press/create-your-own-solar-module-odersun-ag-publishes-online-configuration-software-for-solar-modules

(該当サイト)
・Odersun Solar Module Designer
 www.solarmodule-designer.odersun.com

上記URL先ページによると、このソフトの概要は、

・対象ユーザー:
 カスタム設計可能な太陽光発電部材を求める、
 ・建築家
 ・プランナー

・特徴・機能:
 ・個々の建築プロジェクトやシステムに最適な、太陽電池モジュールを設定できる。
  具体的には、モジュールについて
  ・大きさ
  ・形状
  ・外観
  ・構造
  ・材質
  等の豊富なパラメーターが変更可能で、太陽光発電設備の用途(屋根、壁面など)に合わせて調整できる。
 ・操作は、直感的で使いやすいものとしている。
 ・エクスポート時には、選択したパラメーターの明細をまとめたPDFファイルが作成される。
  また、設計されたモジュールのCADファイルはダウンロード可能。
 ・近日中には、「iPad2」用アプリもリリースする予定。

等となっています。

また記事では、オーデルサン社のセールス・マーケティング最高責任者のウベ・ヘリング氏の、

・「ソーラーモジュールデザイナーは、クリエイティブなデザインに柔軟に対応できる当社製品の可能性を示す非常に有効なツールだと考えています。
  結局のところソーラーモジュールのカスタム生産はまだ歴史が浅く、多くの場合非常に技術的なものとなります。
  この設計ソフトウエアは、オーデルサンのカスタムメード製品ならではの可能性を容易で魅力的、かつ技術的に正確な形で体験していただけるよう、特別に用意したものです。」

とのコメントが紹介されています。


私のPC環境では、残念ながら該当サイト自体が表示されない状況ですが、発表内容を読む限りでは無料で利用できるとのことなので、カスタムメードのBiPV(建物一体型太陽光発電)を手がけるオーデルサン社のサービス・事業を大きく補完し、魅力を高めることに寄与するのでは、と想像します。


※参考サイト・ページ
・[1]Odersun AG
 http://www.odersun.com/en
posted by 管理人 at 01:00 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2010年03月17日

ポルトガルの「クリティカル・マニュファクチャリング」社が、PVメーカー向け製造実行システム「cmNAVIGO2.0ソーラー版」を発表

ポルトガルの「クリティカル・マニュファクチャリング」社が、太陽電池メーカー向けのMES(製造実行システム)「cmNAVIGO2.0ソーラー版」を発表したとのこと。

時事ドットコム:太陽電池業界向け製造実行システム発表=欧クリティカル〔BW〕

上記リンク先記事によると、このシステムの特徴は、

・「Silverlight(シルバーライト)」を基盤とした、インタラクティブなウェブインターフェースを装備。
 統計的プロセス管理など、包括的な品質管理を行える。
・カスタマイズにより、多様な製造プロセス(太陽電池材料のモデリング等)への対応が可能。

とのことです。


既存の製造管理システムと比較して、具体的に(主に数字の面で)どのようなメリットが期待されるのかが、気になるところです。


※参考
・Critical Manufacturing
 http://www.criticalmanufacturing.com/
・Critical Manufacturing releases Navigo 2.0 Solar Edition at SOLARCON CHINA 2010
 http://www.criticalmanufacturing.com/newsroom/press_releases/2010/3/cmNavigoSolarEdition/
・Microsoft Silverlight - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/Microsoft_Silverlight
・Microsoft Silverlight
 http://www.microsoft.com/japan/silverlight/
posted by 管理人 at 19:49 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2009年12月23日

「みずほ情報総研」が、太陽電池メーカー向けソリューション「Solar Suite」を提供開始

みずほ情報総研」が2009年12月に、太陽電池メーカー向けのソリューション「Solar Suite」の本格提供を開始するとのこと。

みずほ情報総研、太陽電池製造業界向けのMES「Solar Suite」を本格提供(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、「Solar Suite」は米「Camstar Systems」社製のソリューションで、太陽電池製造業界向けの製造実行システム「MES」(Manufacturing Execution System)を内包。

その詳細は、

・Camstar社が開発した、汎用的なMESパッケージ「Camstar Manufacturing」を、太陽電池製造業界向けに特化したテンプレートと組み合わせることで、太陽電池製造工程の
 ・管理項目
 ・作業フロー
 等に適応。
 これにより、
 ・ユーザの利便性向上
 ・比較的短期でのシステム導入
  (広範なカスタマイズ等を除き、60〜90日で可能)
 が実現される。

・企業の基幹業務システム(ERPやPLM(Products Lifecycle Management)等)と連携して、
 ・管理者
 ・製造現場
 の2者間での、正確な情報の共有を実現する。
 これにより期待されるメリットは下記の通り。
 ・製造に関する計画・指示情報(仕様書・手順書など)を、製造現場へ的確に伝達し、人的ミス(作業ミス等)を削減。 
 ・製造工程(材料の受け入れ〜最終組み立て)の情報を、リアルタイムで記録・集約し、管理情報を可視化。
  現場で発生した課題の分析を可能にする。
 ・品質工程を高精度化するため、変換効率の高い太陽電池製造に寄与する。
 ・管理業務の高度化によって、製造現場で
  ・一定の品質の維持
  ・納期短縮、生産効率の改善
  を両立する。
 
等となっています。

みずほ情報総研では今後、同社が1985年から手がけている、半導体・電子機器製造分野で培ったノウハウを、太陽電池製造分野にも応用して「Solar Suite」と連携させることで、多様な顧客ニーズに対応するカスタマイズサービスを提供する予定だそうです。

ちなみに「Solar Suite」については、世界的な太陽電池市場・産業の盛り上がりの中、国際的な大規模太陽電池メーカーが導入して、

・徹底した品質管理、規制
・顧客ニーズに柔軟に対応できる、生産効率の向上

を図り、市場競争力の強化を図っているとのことです。


既にどの太陽電池メーカーが「Solar Suite」を導入し、どのような効果を挙げているのかが、気になるところです。


※参考
みずほ情報総研:太陽電池製造業界向け製造実行・管理パッケージ Solar Suite
 http://www.mizuho-ir.co.jp/solution/corporation/industry/manufacturing/production/solarsuite/
posted by 管理人 at 12:04 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2009年10月24日

Qセルズが、米「カムスター・システムズ」社の製造管理ソフト「ソーラースイート」を新工場などに導入

企業向けソフトウェアを手がける米「カムスター・システムズ」社が、同社の製品「ソーラースイート」(SolarSuite)が、独「Qセルズ」社に採用されたことを、発表したとのこと。

時事ドットコム:独Qセルズが太陽電池製造管理ソフトを採用=米カムスター〔BW〕

上記リンク先記事によると、「ソーラースイート」の詳細は、

太陽電池・半導体メーカー向けに設計された製造管理ソフト。
 「カムスター・システムズ」社の企業向けプラットフォームを基盤としている。
・機能:
 ・太陽電池製造のプロセス品質とセル効率を改善し、Wあたりのコストを削減できる。
 ・複雑な設定は必要無く、大量のデータの迅速な処理が可能。

となっています。

Qセルズでは、この「ソーラースイート」を、

・ドイツの新ライン
・マレーシアの新工場

で使用するそうです。


太陽電池の製造過程において、「ソーラースイート」導入が具体的にどの程度のコスト削減をもたらすものなのか、興味を惹かれます。


※参考
・Camstar | Advancing Product Quality | Manufacturing Software Solutions
 http://www.camstar.com/
・Q-Cells SE
 http://www.q-cells.com/en/index.html
posted by 管理人 at 07:19 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2009年10月10日

日本アールソフトデザイングループが、「Green Device 2009」で「Solar Cellユーティリティ」等のデモを実施

日本アールソフトデザイングループが、「Green Device 2009」(10月28〜30日、パシフィコ横浜)で、

太陽電池セル設計・解析用の最新版Solar Cellユーティリティ
・光取り出し効率等の光学特性を解析するFullWAVE
DiffractMOD

など、最新のフォトニック関連シミュレーション・ソフトウェアを、設計・解析事例のデモと共に紹介するとのこと。

日本アールソフトデザイングループ株式会社 10月28日(水)から30日(金)までパシフィコ横浜で開催される『Green Device 2009』に太陽電池セル設計・解析用のSolar Cellユーティリティと光取り出し効率等の光学特性を解析するFullWAVEを出展!

上記リンク先記事によると、このうちSolar Cellユーティリティの出展内容については、

太陽電池セル設計・解析に特化したオプションとして、RSoft社の「DiffractMOD」または「FullWAVE」と併せて使用することで、
 ・太陽光スペクトラム
 ・J-Vカーブ
 ・量子効率対波長
 ・セル効率の計算
 など、太陽電池の評価・解析に必要なデータを簡単に得られ、高効率太陽電池セルの設計・解析に寄与する。
・「Green Device 2009」では、をSolar Cell ユーティリティと「DiffractMOD」「FullWAVE」を中心に、
 ・回折光学格子を持つ太陽電池セル
 ・ランダムなテクスチャー・インターフェースを持つ太陽電池セル
 ・表面プラズモン・エンハンスト太陽電池セル
 等の使用事例を紹介する。

といった内容とするそうです。


私が見てもチンプンカンプンだとは思いますが、実際に解析を行なっているところは、ちょっと見てみたい気がします。


※参考
・トップ・ページ - 日本アールソフト
 http://www.rsoftdesign.co.jp/
・光デバイス:FDTD,RCWA,BPM,FEM - 製品案内 - 日本アールソフト
 http://www.rsoftdesign.co.jp/product_device.html
・Green Device 2009 -- Tech-On!
 http://techon.nikkeibp.co.jp/GD/GD2009/
posted by 管理人 at 13:01 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2009年09月17日

コグネックス社が画像処理ソフトウェア「VisionPro」に、太陽電池セル製造工程向けツール「VisionPro Solar Toolbox」を新搭載

米「Cognex」社の日本法人「コグネックス」が9月16日、同社の画像処理ソフトウェア「VisionPro」に、太陽電池セル製造工程向け検査ソリューションを提供するツール「VisionPro Solar Toolbox」を、新しく搭載したことを発表したとのこと。

Cognex、太陽電池セル製造向け検査ソリューションツールを発表 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

上記リンク先記事によると、今回のツール「VisionPro Solar Toolbox」は、
太陽電池セル製造工程における位置決め
検査アプリケーションで使用される画像処理
向けに最適化されたツール。

その特徴・機能は、

・対応検査
 ・エッジチップの検査
 ・ピンホールの検出
 ・裏面印刷のレジストパターン検査
 ・バスバー電極のレジストパターン検査
 ・フィンガー電極のトレース検査
 ・色の均一性の検査
 ・クラックの検出
 等。
・結晶系太陽電池の他、薄膜太陽電池製造に対しても、
 ・検査
 ・位置決め
 ・IDソリューション
 ・表面検査ソリューション
 等、工程全体に対応するトレーサビリティの提供ができる。
・任意のカメラ、フレームグラバ、デジタルI/Oに接続しての使用が可能。

となっています。


この新ツール導入により、製造工程において実際にどのぐらい効率化が図られることになるのかが、気になるところです。


※参考
コグネックス マシンビジョン・システム/マシンビジョン・センサ
 http://www.cognex.com/Main.aspx?langtype=1041
コグネックス太陽電池セル検査に最適な新しいビジョンツールを搭載
 http://www.cognex.com/CognexInfo/PressReleases/PressRelease.aspx?id=5142
posted by 管理人 at 12:09 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2009年08月11日

「サイバネットシステム」社が、スイス「FLUXiM AG」社の有機デバイスシミュレータ「setfos」の、有機太陽電池用解析モジュールの国内販売を開始

サイバネットシステム」社が、スイスの「FLUXiM AG」社の有機デバイスシミュレータ「setfos」(セトフォス)に新たに加わった、有機太陽電池に特化した解析モジュールについて、8月10日から日本国内での販売を開始したとのこと。

サイバネットシステム、有機デバイスシミュレーター「setfos」から有機太陽電池解析モジュールを発売(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると有機デバイスシミュレータ「setfos」は、電気と光の特性を包括的に解析できるソフトウェア。

具体的な用途としては、

・有機EL・有機太陽電池の光学特性(発光・光吸収など)
・電気特性(I-V特性など)

に関する研究・開発の支援ツールとして、利用されているとのこと。

また、デバイス特性や実験データの比較検証を補助する解析機能が充実していることから、製品開発の期間短縮に寄与しているとのことです。

今回、サイバネットシステム社が日本国内で販売開始した解析モジュールは、

・Emission(発光モデル解析):
 光電子薄膜の光学特性(反射率・輝度・色度・電磁場強度分布・光取り出し効率など)を算出する。
・Drift-diffusion(電気モデル解析):
 有機半導体デバイスの
 ・電荷分布
 ・I-V特性
 ・発光層内部の発光分布
 ・過渡および安定状態の電位
 等をプロットする。
・Absorption(光の浸透・吸収に関する解析):
 太陽電池の解析に利用される。

3種類。

ちなみに、リンク先記事から閲覧できる資料を見ると、解析モジュールの年間ライセンス料金は126万円(消費税込み)〜となっています。


FLUXiM AG」社は、有機デバイスのシミュレーターにおいては、一日の長がある企業・・・ということなんでしょうか?


※参考
・NEWS:有機デバイスシミュレータ「setfos」有機太陽電池解析モジュール リリースのお知らせ:サイバネット
 http://www.cybernet.co.jp/news/press/2009/20090810.html
posted by 管理人 at 19:32 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2009年06月03日

日本アールソフトデザイングループが、「PVJapan2009」に「Solar Cell ユーティリティ」等を出展

日本アールソフトデザイングループが、「PVJapan2009」(6/24〜26、幕張メッセ)に、「Solar Cell ユーティリティ」等、最新のフォトニック関連シミュレーション・ソフトウェアを出展するとのこと。

日本アールソフトデザイングループ株式会社 2009年6月24日(水)から26日(金)幕張メッセで開催される「PVJapan2009」に太陽電池セル設計・解析用のSolar Cellユーティリティを出展!

上記リンク先記事によると、出展されるソフトウェア「Solar Cellユーティリティ」は、RSoft社の

・「DiffractMOD」(DM):薄膜系太陽電池を中心とした、基本特性の解析に向くシミュレーション・ソフトウェア
・「FullWAVE」(FW):DMよりも、より複雑な解析に適したシミュレーション・ソフトウェア

の、いずれかと共に使用することで、

・太陽光スペクトラム
・J-Vカーブ
・量子効率対波長
・セル効率の計算

など、太陽電池の評価・解析に必要となる多種データを簡単に得ることができ、高効率な太陽電池セルの設計・解析に効果が期待されるとのことです。

今回の「PVJapan2009」で日本アールソフトデザイングループは、このDMFWと「Solar Cell ユーティリティ」を中心に、

・回折光学格子を持つ太陽電池セル
・ランダムなテクスチャー・インターフェースを持つ太陽電池セル
・表面プラズモン・エンハンスト太陽電池セル

等での使用事例を紹介する予定だそうです。


考えてみれば当たり前なのかもしれませんが、現在では、効率の高い太陽電池の開発にも、コンピューターによるシミュレーションは欠かせない・・・ということでしょうか。
posted by 管理人 at 19:43 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2009年04月03日

埼玉県「オプトラン」社が、CIGS太陽電池向け試作システムを開発

埼玉県の光学用成膜装置メーカー「オプトラン」が、太陽電池製造方法の改善などに用いる試作システムを開発したとのこと。

オプトラン、太陽電池試作システムを開発 「非シリコン」向け(NIKKEI NET(日経ネット):地域経済ニュース)

上記リンク先記事によると、オプトランが今回開発したのは、CIGS(銅・インジウム・ガリウム・セレン)太陽電池向けの試作システム

オプトランでは、取引先から、低コストの小規模試作システムに対する需要を受けており、これに応えるために製品化したとのことです。

同社では、政府の「グリーン・ニューディール政策」により今後、太陽電池開発にも多方面からの参入が見込めるため、太陽電池関連事業を、新しい収益の柱に育成していく狙いがあるそうです。

ちなみにCIGS太陽電池は、シリコン系太陽電池に比べると、製造工程は半分程度で済み、材料も安価なものの、発電効率が低い点が、現在の課題となっているとのこと。


オプトラン
社の今回の製品が、CIGS太陽電池の技術革新に寄与していくことを期待したいものです。
posted by 管理人 at 12:23 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等

2008年08月28日

米マグマ社が太陽電池セル製造の支援ツールを開発中

アメリカの「Magma Design Automation」(マグマ・デザイン・オートメーション)が8月26日、Pegasus Semiconductor-Solar社と共同で、太陽電池の変換効率改善や、歩留まりの向上、製造コストの低減を支援するソフトウエア・ツールを開発していると発表したとのこと。

eetimes.jp マグマ社が太陽電池市場に参入、製造向け歩留まり改善ツール投入へ(2008/08/27) 〜 EE Times Japan 世界最大のエレクトロニクス情報誌の日本版

上記リンク先記事によると、今回開発中のソフトウエア・ツールは、マグマ社が従来から提供していた、半導体メーカーや半導体ファウンドリ企業向けの歩留まり改善ツール「YieldManager」を基に開発しているとのことです。

これまで太陽光発電は、エネルギー変換効率が低いことと、非常に数多くのウエハーを製造する必要があることからコストが高く、他の発電方法(火力発電など)と比較すると、2〜3倍のコストが掛かっていたそうです。

マグマ社のツールは、既に半導体業界で実績をあげていることから、今回開発中の太陽電池製造ライン向けツールも、製造コスト低減に寄与することが期待されているとのことです。


太陽電池の製造コストがどのぐらいなのか、私は正直知らなかったので、マグマ社のツールが太陽電池業界の発展にどのぐらい貢献することになるか、期待したいです。
posted by 管理人 at 06:29 | Comment(0) | 製造用のソフトウェア等