【現在位置】トップページ > メーカー:カネカ

(スポンサード リンク)

2015年08月01日

カネカ社がヘテロ接合結晶シリコン太陽電池セルで変換効率24.52%を達成、2015年内にはモジュールを発売予定

カネカ社が2015年7月29日に、

  • ヘテロ接合結晶シリコン太陽電池セルにおいて、変換効率24.52を達成した。
と発表していました[1]。

概要は下記の通り。

  • セルの大きさ6インチ角
  • 主な採用技術
    • 「銅めっき法」による集電極の形成
      ※この技術の一部には、NEDOのプロジェクト「太陽光発電システム次世代高性能技術の開発」において、2014年度まで取り組んでいた「超低コスト高効率Agフリーヘテロ接合太陽電池モジュールの研究開発」で得られたものを適用している。
    • 表面欠陥の低減
      高品質アモルファスシリコンを用いた、結晶シリコン基板の表面欠陥低減技術を採用している。
  • 変換効率の認証:第三者機関「Fraunhofer ISE」による。

またカネカ社は今年度(2015年度)中に、ヘテロ接合結晶シリコン太陽電池モジュールを発売する予定。

更に、NEDOが今年度から実施するプロジェクト「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」に参画して、「結晶Si太陽電池をベースとした複合型太陽電池モジュールの開発」をテーマに、研究開発に取り組んでいくとのことです。


カネカ社はこれまで薄膜型モジュールを展開してきただけに、結晶シリコン型セルでかなり高い変換効率を実現した、という突然の発表には驚きました。

当ブログの過去記事(2010年7月)を見返すと、NEDOの「太陽光発電システム次世代高性能技術の開発」の中で、カネカの名前は薄膜シリコン太陽電池での参加企業の中にありますが、結晶シリコン型のほうには見受けられませんでした。

ただ、このプロジェクトは2012年に、太陽光発電システム価格の急激・大幅な下落への対応として追加公募を行っており、ここにカネカ社が(新分野への取組みとして)参加していた可能性が考えられます。

また市場に目を向けると、FITにより産業用をメインに急拡大してきた筈の国内市場では、少なくとも昨年(2014年)から、薄膜型モジュールの出荷量減少が目立つ状況。

そこに来て、技術開発を積み上げてきたうえでの結晶シリコン型への新規参入は、偶然なのかそれとも(カネカ社による)予測の的中なのかは判りませんが、需要の変化への対応という点で、結果的に理に適っていることは確かだと考えます。

最後にもうひとつ、ヘテロ接合モジュールについてはシャープも製品化を目指している[2]とのことであり、今はなき三洋電機が先駆的に取組み、製品化(HIT太陽電池)を実現した分野が、国内需要の変化の中で注目を集めつつあることには、ある種不思議な感慨が湧きます。


※参照資料:
[1]ヘテロ接合結晶シリコン太陽電池、変換効率24.5%を達成(カネカ社)
http://www.kaneka.co.jp/service/news/150729
[2]当社の高効率バックコンタクト型太陽電池の実用化に向けたテーマがNEDOに採択(シャープ社)
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/150626-a.html?_ga=1.103760384.1824089874.1380116465&__utma=1.1824089874.1380116465.1438352783.1438352783.1&__utmb=1.1.10.1438352783&__utmc=1&__utmx=-&__utmz=1.1438352783.1.1.utmcsr=sharp.co.jp|utmccn=%28referral%29|utmcmd=referral|utmcct=/corporate/news/&__utmv=-&__utmk=117938441

※関連記事:
posted by 管理人 at 06:00 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2013年07月24日

カネカが薄膜モジュールの新製品を発表、1層追加で出力・開放電圧を大幅アップ

カネカ社が2013年7月24日に、新しい薄膜太陽電池モジュールを発表していました[1][2][3]。

製品の概要は下記の通り。


主な特徴
  • 3層構造化
    従来製品の2層(アモルファスシリコン層と薄膜多結晶シリコン層)の間に、新たにアモルファス系シリコン層追加
    自社保有の透明中間層技術と合わせて、吸収できる太陽光量を拡大した。
  • 出力を向上
    上記の3層構造化により、自社従来製品(1,420mm×1,100mm、量産品)と比べ、初期出力10W以上7%)アップした。
  • 電圧を大幅アップ
    3層構造化により、開放電圧
    ・単位電池あたり:2.0V(従来製品の1.5倍
    ・パネルあたり:280V程度
    にアップした。

適用製品
  • 瓦一体型モジュール「ヴィソラ
  • スレート瓦専用モジュール「ソルティレックス
  • 据置型「グランソーラ

また本格販売の開始時期は、2013年7月とのことです。


特定の一機種に留まらず、建材一体型など様々なタイプの製品の発電能力を底上げする技術であるのが、大きな魅力です。

もちろん、従来製品との価格差にもよるとは思いますが、国内の住宅用太陽光発電では1軒あたりの容量の拡大が進んでおり、今回の技術も、その傾向を更に進めるものとなりそうです。


※参照・参考サイト:
[1]薄膜三層型太陽電池モジュール商用生産開始(カネカ)
http://www.kaneka.co.jp/service/news/130724
[2]カネカ、大幅に出力を向上させた薄膜三層型太陽電池モジュールの生産を開始(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/news/2013/07/23/209/
[3]カネカ、発電効率向上させた薄膜三層型太陽電池を発売(日刊工業新聞)
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820130724caag.html
posted by 管理人 at 18:34 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2012年09月27日

カネカが、陶器瓦屋根への負担を軽減できる太陽電池パネル設置工法を開発

カネカ」社が、太陽電池パネル設置による陶器瓦屋根への負担軽減できる工法を開発したとのこと。

(ニュース記事)
・カネカ、一般住宅向けの陶器瓦に太陽光発電システムを設置する工法を販売(日本経済新聞)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=320306&lindID=6

(カネカのサイト内ページ)
・太陽電池同質支持瓦採用工法の販売開始
 http://www.kaneka.co.jp/service/news/120927

上記URL先ページによると、工法の概要は

・背景:
 瓦葺きの屋根に太陽電池パネルを設置する場合、瓦の上への設置が一般的である。
 また陶器瓦の場合は、架台取り付け瓦として、一般的にアルミダイキャスト製支持瓦が用いられる。

・主な特徴:
 大阪府「若井産業」の「陶器瓦製の支持瓦工法」を標準採用する。
 ・屋根への負荷軽減
  太陽電池パネルを、支持部材を介して垂木に取り付けることで、
  ・瓦が受ける負荷の軽減
  ・パネルの設置強度確保
  とのメリットが得られる。
 ・瓦屋根へのフィット
  設置架台は、瓦と同じ段葺きになるよう設計する。
  また、屋根面からの高さを低くすることで、屋根面へのフィット感を高め、すっきりしたデザインを実現する。
 ・屋根形状への対応:
  寄棟などにおいて、大型の太陽電池パネルが設置困難な屋根形状の場合、小分割したパネルを採用することで、効率的な設置が可能になる。

・発売時期:2012年10月
・販売方法:「カネカソーラー」社を通じて販売する。

等となっています。


北海道では瓦屋根にお目にかからないので、太陽電池パネルの設置には専用の瓦が用いられる、というのは正直初めて知りましたが、トータルでみた場合に、通常の金属板の屋根とどちらが設置の手間・難易度が高いのか、というのが気になるところです。
posted by 管理人 at 22:56 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2012年09月05日

カネカの「防眩モジュール」は反射光を1/10に低減、試験販売は瓦一体型モジュール「ヴィソラ」で開始

カネカ社の「防眩モジュール」について、9月4日に正式発表が行われていました。

(ニュース記事)
・カネカ、まぶしくない太陽電池 光拡散で反射10分の1(NIKKEI住宅サーチ)
 http://sumai.nikkei.co.jp/news/smart/detail/MMSUvg000004092012/
・カネカ、太陽電池の反射光の眩しさを抑えたモジュールを開発(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=318398&lindID=4

(カネカのサイト内ページ)
・カネカ太陽電池 防眩モジュール 新発売のお知らせ
 http://www.kaneka.co.jp/service/news/120904

上記URL先ページによると、製品の概要は

・背景:
 太陽電池モジュールを建物屋根の北面に設置した場合、従来製品では反射光が近隣住民に影響を及ぼす問題があった。

・主な特徴:
 表面のガラス加工を工夫し、光が拡散しながら反射する。
 これにより、直接の反射光を従来製品の1/10に低減でき、屋根全面にカネカの瓦一体型防眩モジュールを設置することが可能になる。

・発売時期:
 ・現在は一般住宅向けとして、瓦一体型モジュール「ヴィソラ」での試験販売を開始している。
 ・2013年春に本格販売を始める予定。
  本技術を、他の商品にも展開する。

等となっています。


反射光を大幅に低減する一方で、発電能力は維持されるのか?(セルに到達する光は減らないのか?)という点が気になりますが、一般販売が視野に入っているということは十分な発電性能も備えている、ということでしょうか。

実際にガラスにどのような表面処理が施されているのか、今後より詳しい情報が発表されることを期待したいところです。


※関連記事:
カネカが反射光を低減した太陽電池パネルを、2013年春に本格発売する予定とのこと(2012/09/04)
posted by 管理人 at 05:57 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2012年09月04日

カネカが反射光を低減した太陽電池パネルを、2013年春に本格発売する予定とのこと

カネカ社が2012年8月3日に、

防眩タイプの太陽電池パネルの試験販売(一般住宅向け)を開始した。

と発表したとのこと。

(ニュース記事)
・カネカ、反射光を抑える太陽電池を試験販売=来春から本格販売へ(時事ドットコム)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012090300412

上記URL先ページによると、このパネルは従来製品より反射光を低減したもので、本格販売2013年春に開始する予定とのことです。

ただし現時点では、カネカ社のサイトに、この件に関する情報は掲載されていませんでした。


光の反射の低減を、特徴として明確に打ち出した太陽電池パネルというのは、私は今回初めて知りましたが、太陽光発電の普及ペースの加速を背景に、「光害」防止のニーズも増加している、ということでしょうか。


※関連記事:
横浜地裁が隣家屋根の太陽電池パネルからの反射光による被害を認定、北側パネルの撤去や損害賠償金(22万円)の支払いを命じる(2012/04/21)

カネカの住宅向け太陽電池の新製品「SOLTILEX」は、設置にスレート瓦のビスを活用(2010/04/22)
カネカがガラス封止型太陽電池モジュールを2012年1月に発売予定、海岸沿いのメガソーラー向けに耐塩害性を向上(2011/12/02)
カネカの「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」の特徴を紹介している「物流Weekly」の記事(2012/06/20)
posted by 管理人 at 05:45 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2012年08月09日

カネカの2012年4-6月は、太陽電池製品の出力補償などで7億円超の特別損失を計上

カネカ」社が8月8日に、20133月期第1四半期20124-6月)の連結業績を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・カネカ、4〜6月期は純利益減=太陽電池関連の特損計上で〔決算〕(時事ドットコム)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012080800881
・カネカ純利益17%減 4〜6月、補償費支払い響く(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNZO4472621008082012000000

(カネカのサイト掲載資料)
・平成25(2013)年3月期(第89期) 第1四半期決算短信
 http://www.kaneka.co.jp/service/attachments/pdf/title_pdfs/631/original/H25%E5%B9%B4%EF%BC%93%E6%9C%88%E7%AC%AC1%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E7%9F%AD%E4%BF%A1.pdf?1344403160
・平成25(2013)年3月期(第89期) 第1四半期決算説明資料
 http://www.kaneka.co.jp/service/attachments/pdf/title_pdfs/633/original/%E5%B9%B3%E6%88%9025%E5%B9%B43%E6%9C%88%E6%9C%9F%E7%AC%AC1%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E8%AA%AC%E6%98%8E.pdf?1344403306

上記URL先ページによると、まず全体の業績は

・売上高:1,176億7,900万円(前年同期比1.1
・営業利益:38億7,200万円の黒字(同6.5%増)
・経常利益:38億9,500万円の黒字(同11.6%増)
・四半期純利益:18億3,300万円の黒字(同17.1

そして太陽電池関連については、

・「エレクトロニクス事業」(太陽電池を含むセグメント)の業績:
 ・売上高:98億300万円(前年同期比2.4
 ・営業利益:6億5,800万円の赤字(前年同期(10億1,800万円の赤字)よりは改善)

・製品別の状況:
 ・太陽電池
  ・国内市場向けの拡販
  ・徹底したコストダウン
  に注力した。
 ・太陽電池関連部材
  販売数量が低調に推移した。

・その他:
 過去に販売した太陽電池関連の一部製品における、性能不足による支払い補償費(出力保証)などで、7億円超の特別損失を計上した。

との状況が記述されています。
(ただし特別損失については、カネカ社の発表資料には記載されていません)


性能不足による補償というのが、製造上の何らかの欠陥によるものなのか、それとも製品の仕様自体によるものなのか、というのが気になるところです。
(アモルファスシリコン型は温度上昇に強いとのことですが、それでも補いきれないぐらいの出力低下が起こった、ということなんでしょうか?)


※関連記事:
カネカの2010年3月期の太陽電池事業は、欧州での需要急減により営業赤字(2010/04/29)
カネカの2011年3月期の太陽電池販売は欧州で縮小、一方国内・アジアは増加(2011/04/29)
カネカの2011年4-12月の太陽電池パネル・太陽電池関連部材は、海外向け販売が減少(2012/02/09)
posted by 管理人 at 13:54 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2012年08月01日

カネカ社長が「豊岡エコバレー・山宮地場ソーラー」の起工式で、「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」の長所を語る

下記URL先ページでは、兵庫県豊岡市での「豊岡エコバレー・山宮地場ソーラー」の起工式の模様が報じられています。

(ニュース記事)
・豊岡・神鍋高原でメガソーラー着工 年内に稼働(神戸新聞)
 http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/0005254627.shtml

この中で、施工担当であるカネカ社の社長による、同社の「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」に関する

・「今日はうだるような暑さだが、暑い中でもきっちり発電できる
・「30度以上からが技術力の見せどころ」

とのコメントが紹介されています。
(豊岡市は当日、最高気温が37.4度まで上がったとのこと)


通常は発電能力の低下が課題となる、酷暑の中での稼動に強い自信があるとのことで、固定価格買取制度の開始による産業用の増加を背景に、カネカ社の薄膜シリコンハイブリッド型が、国内市場でこれからどのようなポジションを占めることになるのか、注目したいところです。


※参考サイト:
・[1] 薄膜シリコンハイブリッド太陽電池
 http://kaneka-solar.jp/sangyo/products/gransola/


※関連記事:
カネカが国内住宅市場向けに、「薄膜ハイブリッド太陽電池」を本格展開中(2011/01/14)
カネカの「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」の特徴を紹介している「物流Weekly」の記事(2012/06/20)
posted by 管理人 at 01:17 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2012年06月20日

カネカの「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」の特徴を紹介している「物流Weekly」の記事

下記URL先ページでは、カネカ社の薄膜シリコンハイブリッド太陽電池に関する、同社のソーラーエネルギー事業部の方へのインタビューが掲載されています。

(ニュース記事)
・カネカ 陰の影響を受けにくい太陽光パネル開発 二重の省エネ効果も(物流Weekly)
 http://www.weekly-net.co.jp/products/post-7451.php

この中で、同製品の特徴として

変換効率
 吸収する光の波長が異なる2つのシリコン層(アモルファスシリコンと薄膜多結晶シリコン)により、発電効率を高めている。

低角度での設置:
 他の太陽電池パネルと異なり、5度での設置が可能。
 これによりパネルの設置間隔を狭くでき、建物屋根への日照低減できる。

・省エネ効果:
 ・発電体の効果
 ・日傘効果(屋根を覆う)
 と、二重の効果が得られる。
 特に、物流施設に多い折板屋根では、高い遮熱効果が見込まれる。

温度変化への強さ:
 温度25度以上において、1度上昇あたりの発電電圧の低下は0.35%。
 (従来製品は0.5%)
 これにより夏に強く、
 ・沖縄
 ・九州
 での需要が多い。
 (特にデータセンター(屋内に熱がこもりやすい)への導入が進んでいる)

等の点が紹介されています。


通常注目されやすい発電能力だけでなく、屋根の遮熱効果が強調されているのが興味深いですが、この効果は産業用施設では特に大きな恩恵をもたらす、ということなんでしょうか。


※参考サイト・ページ
・[1]太陽光発電システム(カネカのサイト内)
 http://www.kaneka.co.jp/branch/electro/#c6


※当ブログの関連記事:
カネカは2011年3月期、ハイブリッド型太陽電池の生産能力を120MWまで拡大(80MW増加)する計画(2010/06/26)
カネカが国内住宅市場向けに、「薄膜ハイブリッド太陽電池」を本格展開中(2011/01/14)
カネカが2011年8月に、公共・産業用の大型太陽電池モジュールを発売予定(2011/06/21)
posted by 管理人 at 02:35 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2012年02月09日

カネカの2011年4-12月の太陽電池パネル・太陽電池関連部材は、海外向け販売が減少

カネカ」社が2月8日、2012年3月期3四半期(20114-12月)の連結業績を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・カネカの純利益53%減 12年3月期(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C889DE1EAE4E4E6EBE7E2E2EAE2E0E0E2E3E09686E0E2E2E2;at=ALL

(カネカ社のサイト掲載資料)
・平成24(2012)年3月期(第88期) 第3四半期決算短信
 http://www.kaneka.co.jp/service/attachments/pdf/title_pdfs/448/original/88_ren_dai3.pdf?1328681035
・平成24(2012)年3月期(第88期) 第3四半期決算説明資料
 http://www.kaneka.co.jp/service/attachments/pdf/title_pdfs/447/original/samarry-88_dai3.pdf?1328680934

上記URL先ページによると、まず全体の業績は

・売上高:3,519億700万円(前年同期比3.6%増)
・営業利益:94億5,000万円の黒字(同44.4
・経常利益:90億4,400万円の黒字(同47.3
・四半期純利益:30億500万円(同71.2

このうち「エレクトロニクス事業」の業績は

・売上高:286億400万円(前年同期比5.7
・営業利益:45億1,300万円の赤字

となっており、更にその中の太陽電池関連事業については

太陽電池パネル
 国内市場向けの販売数量は着実に増加した。
 しかし、
 ・欧州市場の需要低迷による海外向け販売数量の減少
 ・競争激化に伴う販売価格下落
 ・円高
 の影響を受けた。

・太陽電池関連部材
 海外向けの販売数量が低調に推移した。

との状況が紹介されています。


余剰電力買取制度などがまだ継続している国内と、FIT見直し等が進む海外では、販売に明暗が分かれた、ということでしょうか。

2012年は夏に固定価格買取制度が施行される予定なので、カネカ社の太陽電池関連事業にはどのような影響が及ぶことになるのか、良い影響を期待したいところです。
posted by 管理人 at 14:22 | Comment(0) | メーカー:カネカ

2011年12月02日

カネカがガラス封止型太陽電池モジュールを2012年1月に発売予定、海岸沿いのメガソーラー向けに耐塩害性を向上

カネカ社が、海岸沿いに立地するメガソーラー向けに、耐塩害性を高めたガラス封止型太陽電池モジュールを開発したとのこと。

(ニュース記事)
・カネカ、メガソーラー向け太陽電池・ガラス封止型モジュールを発売(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=298177&lindID=4

(カネカ社のサイト内ページ)
・メガソーラー向け太陽電池・ガラス封止型モジュールを発売開始
 http://www.kaneka.co.jp/news/n111201.html

上記URL先ページによると、今回の製品の概要は、

・主な特徴:
 モジュール裏面の封止用材料には、化学的にも安定しているガラスを採用し、フレームレス構造を実現。
 (従来製品では、有機材料(アルミニウム箔を含む)から作られるバックシートが用いられている)
 これにより材料的・構造的に、従来製品よりも耐塩害性が向上している。

・想定用途:
 日本国内でメガソーラーの立地検討が多い、
 ・海岸沿いの遊休地
 ・港湾の倉庫施設
 での採用を想定している。

・サイズ:1,500mm×1,100mm×50mm
・発売時期:2012年1月
・販売地域:日本国内

等となっています。


塩害に対する耐久力向上を明確に打ち出している太陽電池モジュール、という点が、従来には(私が知る限り)無かったものでユニークだと感じます。

全量買取制度の導入を来年に控えて、産業用太陽光発電設備の設置・導入拡大が見込まれる中で、機器(太陽電池モジュール等)のメーカーにおいても、より多様な設置環境に対応できる製品ラインナップの拡充が進みつつある、ということでしょうか。
posted by 管理人 at 13:06 | Comment(0) | メーカー:カネカ