【現在位置】トップページ > 賃貸住宅・集合住宅

(このページ内の記事一覧)
(スポンサード リンク)

2013年02月01日

レオパレス21が福島県での「仮想メガソーラー」実証事業で、各アパートでの発電状況などをウェブ上で公開する方針

レオパレス212013年1月31日に、福島県内の管理物件を活用する「仮想メガソーラー」の実証事業計画を発表していました。

(レオパレス21のサイト内ページ)
・67棟で1.2MW、約400世帯分の電力供給〜福島県で仮想型太陽光発電所の実証事業本格始動〜
 http://www.leopalace21.co.jp/news/2013/0131_649.html

上記URL先ページによると今回の事業では、レオパレス21が管理する福島県内のアパート67棟に、計1.2MWの太陽光発電システムを設置し、各棟ごとの稼動状況や環境条件をデータセンター(富士通)で一元管理

更に、その収集データはウェブ上で公開する予定で、具体的には

・太陽光発電システムの導入アパートを地図上に示し、各アパートにおける
 ・発電容量
 ・発電量
 ・日射量
 ・温度
 等の情報を公開する。

とのことです。


アパートと戸建住宅では、太陽電池パネルの設置条件(屋根の形状など)が異なるとは思いますが、それでも例えば自宅近辺のアパートにおける発電状況や環境が明示されることで、戸建住宅への太陽光発電導入においてもかなり有力な判断材料になるのでは、と考えます。

今回の事業は福島県内のみですが、仮想メガソーラーともども今後全国に取り組みが拡大して、豊富な情報が手軽に参照可能になることを、期待したいところです。


※関連記事:
富士通とレオパレス21が福島県内で、複数アパートの太陽光発電をICT技術で束ねる「仮想型太陽光発電所」の実証事業に取り組む(2012/09/08)
レオパレス21の管理アパートで太陽光発電設置が5,000棟を突破、2年未満で設置可能物件の22%超に(2013/01/17)
posted by 管理人 at 04:37 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅

2013年01月17日

レオパレス21の管理アパートで太陽光発電設置が5,000棟を突破、2年未満で設置可能物件の22%超に

レオパレス21」社が2013年1月16日に、

・太陽光発電システムを導入・設置したアパートの棟数が、2012年12月5,000を突破した。

と発表していました。

(レオパレス21のサイト内ページ)
・環境に配慮したアパート向けの「太陽光発電システム」 設置棟数が5,000棟を突破しました
 http://www.leopalace21.co.jp/news/2013/0116_643.html

上記URL先ページによると、主な導入状況は下記の通り。

・本格導入の開始時期2011年4月

・管理アパートに占める割合
 太陽光発電システムが設置可能な約22,000棟のうち、22%超を占める。

合計発電容量47MW


設置可能な物件のみとはいえ、設置率が2年を待たずに20%を超えたということに驚きましたが、それだけアパートでは戸建住宅よりも太陽光発電の導入に有利な条件(全量買取の適用、物件のPR効果など)が揃っており導入の動機付けが強い、ということなんでしょうか。

他社の管理物件も含めて、国内全体ではアパートでの太陽光発電の導入率がどの程度になっているのか、興味を引かれるところです。


※関連記事:
富士通とレオパレス21が福島県内で、複数アパートの太陽光発電をICT技術で束ねる「仮想型太陽光発電所」の実証事業に取り組む(2012/09/08)
posted by 管理人 at 03:16 | Comment(2) | 賃貸住宅・集合住宅

2012年09月08日

三菱電機が、集合住宅向けの大型太陽電池モジュール「PV-MA2500J」を発売予定

三菱電機2012年10月に、集合住宅向けの太陽電池モジュール「PV-MA2500J」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・三菱電、集合住宅向け単結晶型太陽電池モジュール−最大出力250W(日刊工業新聞)
 http://www.nikkan.co.jp/dennavi/news/nkx0320120907qtkd.html

上記URL先ページによると、製品の概要は

・主な特徴:
 ・10kW以上(全量買取の対象)の太陽光発電システムに向く仕様。
 ・太陽電池セルを10枚増加。
  1枚あたりの発電量を拡大することで、同じ総出力でも設置枚数を減らすことができる。
  (施工負担の軽減が期待できる)
・種類:単結晶型
・サイズ:幅1,625mm×奥行き1,019mm
・出力:250W(同メーカーの従来の最大出力は212W)
・価格:16万2,750
・販売方針:
 屋外設置タイプのパワコン(2012年7月発売)と合わせて提案を行っていく。

等となっています。

また記事では、三菱電機での太陽電池生産(年産能力27万kW)について、

・足元ではフル生産が続いている。

との状況が紹介されています。


集合住宅向けを謳う太陽電池パネルというのは、現状では珍しいと思いますが、公共・産業用とはまた別の仕様としている、ということなんでしょうか。

それだけ、固定価格買取制度によりアパートやマンションで太陽光発電を設置するケースが増えてきている、ということだと思われるので、今後は他社からも同様に集合住宅向けのパネルが発売されることになるのか、注目したいところです。


※参考サイト:
・[1]三菱住宅用太陽光発電システム
 http://www.mitsubishielectric.co.jp/service/taiyo/jutaku/product/module/


※関連記事:
三菱電機が、屋外設置可の「国内住宅用太陽光発電システム向けパワーコンディショナ」(4.0kW、442,050円)を発売予定、電力変換効率は96.5%(2012/07/11)
posted by 管理人 at 13:01 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅

富士通とレオパレス21が福島県内で、複数アパートの太陽光発電をICT技術で束ねる「仮想型太陽光発電所」の実証事業に取り組む

富士通
レオパレス21

の2社が2012年9月6日に、

・複数の太陽光発電設備をICT技術で束ねる「仮想型太陽光発電所」の実証検証を、福島県内で共同実施する。

との方針を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所の実証事業を開始(産経関西)
 http://www.sankei-kansai.com/press/post.php?basename=000000007.000005429.html
・富士通とレオパレス21、複数アパート連携の太陽光発電を実証へ(進建ハウジングWeb)
 http://www.s-housing.jp/archives/28924
・賃貸向け太陽光、福島で実験 富士通・レオパレス21(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD060C5_W2A900C1TJ2000/

(各社のサイト内ページ)
・富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所の実証事業を開始(富士通)
 http://pr.fujitsu.com/jp/news/2012/09/6-1.html?nw=pr
・富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所の実証事業を開始
 「ICT技術」と「屋根貸し太陽光発電事業」の融合に基づく実証検証(レオパレス21)
 http://www.leopalace21.co.jp/news/2012/0906.html

上記URL先ページによると、プロジェクトの概要は

・主な内容:
 ・新しい屋根貸し太陽光発電事業モデル構築・検証
  レオパレス21の賃貸事業スキーム(一括借り上げ方式)を活用し、同社がアパート屋根を借り上げる。
 ・大規模仮想発電所事業検討
  富士通のICT技術を活用し、各アパートに点在する太陽光発電システムを仮想的に束ねる
  各種情報(発電量など)は、富士通のデータセンターに集約して分析し、事業展開に生かす。
 ・ポータルサイトの開発:
  発電情報の可視化・地域住民への公開を行い、太陽光発電の普及を支援する。

・実証地域:福島県全域
・発電設備の規模:計1MW(レオパレス21のアパート60棟相当)
・期間:2012年9月〜2014年2月末
 この期間の結果により、事業化を判断する。

等となっています。


賃貸住宅の大手事業者が関わり、複数のアパートの太陽光発電をMW単位までまとめあげる、という点が非常に興味深く、魅力的な取り組みです。

富士通は米ニューメキシコ州でのスマートグリッド実証事業に参画しているとのことですが、そこでのノウハウも今回の実証実験に活用されることになるんでしょうか。

ICTの活用により、各建物単体での屋根貸しと比べてどのような付加価値を生み出すことができるのか、実験の動向に強く注目したいところです。


※関連記事:
NEDO等が、米国ニューメキシコ州で日米スマートグリッド実証事業に取組む(2010/01/30)
posted by 管理人 at 01:49 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅

2012年08月04日

大東建託が、自社施工の賃貸建物の屋根を活用する太陽光発電スキームを開始、オーナー・入居者にも経済的メリット

大東建託」社が2012年8月に、自社が施工・管理する賃貸建物屋根を活用する太陽光発電スキームを開始したとのこと。

(ニュース記事)
・3500棟の賃貸住宅で太陽光発電、2014年度に全国で50MWへ(スマートジャパン)
 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1208/03/news018.html

(大東建託のサイト内ページ)
・賃貸建物の屋根を活用する太陽光発電スキーム開始
 http://www.kentaku.co.jp/ir/news/2012/0802-2.html

上記URL先ページによると、事業の概要は

・対象建物:
 大東建託が賃貸管理を受託している管理物件のうち、下記いずれかに該当するもの。
 ・2001年度以降に完成済の、同社による施工建物
 ・2012年10月以降に完成する、大東建託施工による新築建物

・仕組み:
 ・大東建託
  上記建物の屋根を借りて太陽光発電を行い、固定価格買取制度を利用して売電する。
  また、
  ・発電設備の設置
  ・メンテナンス
  ・修繕
  等の費用を全て負担し、
  ・建物の中長期保全責任
  ・発電事業の変動リスク
  を負う。
 ・建物オーナー
  大東建託から、屋根の賃料支払いを受けられる。
 ・入居者
  オーナー・入居者・大東建託の三者一体による「省エネ&エコ運動」に協力してもらう。
  ・対象者:
   大東建託の管理物件の中で、
   ・「太陽光発電設備」
   ・「電力アグリゲーター設備」
   のいずれかが設置された管理物件の入居者。
  ・取り組みの内容:
   ・入居申し込みの際に、「大東建託の省エネ・エコ活動」の説明を実施。
    省エネを意識する生活に賛同する入居者には、「省エネの暮らし実行宣言」に署名してもらう。
   ・上記の署名を行った入居者には、
    ・個々の部屋で使用する電気料金5%相当額割引
    との特典を付与する。
    また、部屋毎にセットされた「省エネを意識する暮らし」を、日常生活で実践してもらう。

・太陽光発電設備の主な特徴:
 ・設置のための独自金物を開発。
  建物屋根部分への直接のビス打ち不要で、屋根本体の中長期的な毀損防止に寄与する。
 ・太陽電池パネルは、国内外から厳選した3社の製品を併用する。
  また長期保証として、25年のモジュール出力保証を備える。

・対象エリア:太陽光発電に適する、日射条件の良い下記の34都府県
 宮城、福島、
 栃木、群馬、茨城、千葉、東京、埼玉、神奈川、
 長野、静岡、山梨、愛知、三重、岐阜、
 兵庫、奈良、大阪、和歌山、
 岡山、広島、山口、
 徳島、愛媛、香川、高知、
 福岡、長崎、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、
 沖縄

・発電規模・対象建物数:
 ・2012年度:10MW/計780
 ・2014年度:50MW/計3,500
 の予定。

・売上高の見込み:
 ・太陽光発電の売電:
  ・2013年度:7億円(期末対象2,000棟)
  ・2014年度:14億円(同3,500棟)
 ・電力アグリゲーター事業:
  ・2012年度:1億円(期末対象2,000戸)
  ・2014年度:8億円(同15,000戸)

等となっています。


異業種による太陽光発電事業への参入が相次ぐ中で、自社が施工し管理を担当している建物を、オーナーと入居者の協力を得て利用する、という点が、ユニークで興味深いです。

ただ、入居者が経済的恩恵を受けるためには「省エネの暮らし実行宣言」への署名が必要、というのがちょっと気になりますが、この宣言や日常の実践内容が無理なく負担が少ないものであれば、入居者側からの支持・人気を得られる取り組みになるのでは、と考えます。
posted by 管理人 at 04:14 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅

2012年07月24日

積水化学工業 住宅カンパニーが、10kW超の太陽光発電搭載の賃貸住宅「BIGソーラー」を発売予定、発電電力の用途は複数プランを用意

積水化学工業 住宅カンパニー」が2012年7月に、10kW超の太陽光発電システムを搭載する賃貸住宅BIGソーラー」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・積水化学、10kW超の太陽光発電システム搭載の賃貸住宅『BIGソーラー』を展開(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=314968&lindID=6

上記URL先ページによると、製品の概要は

・背景:
 積水化学では3年前に、賃貸住宅での太陽光発電システムの搭載を本格開始した。
 同分野での主力商品(「レトア」シリーズ)はフラット屋根のため、太陽電池パネルの設置スペースを確保しやすく、2011年度には平均8.4kWを搭載。
 この設備による
 ・入居者:光熱費の削減
 ・オーナー:余剰電力の売電収入
 とのメリットが好評で、2011年度の採用率は約80%に達している。

・主な特徴:
 ・「レトア」シリーズに10kW超の太陽光発電システムを搭載する。
 ・全量買取制度の恩恵を高めるため、全商品で太陽電池パネルの全面設置が可能。
  (※2012年10月以降に対応)

・発電電力の用途:複数のプランを用意。(下記は一部)
 ・「全量売電:オーナー様還元型」:
  ・契約:オーナーと電力会社の間
  ・発電電力:
   オーナーが全て売電。(買取期間20年)
   家賃+売電のダブル収入により、収益性を拡大できる。
 ・「余剰売電:入居者様還元型」:
  ・契約:入居者と電力会社の間
  ・発電電力:
   全量を入居者世帯に分配。
   入居者は、余剰電力を売電できる。
   (買取期間は10年、J-PECの補助金が利用可能)
 ・「余剰売電:オーナー様還元型」:
  ・契約:オーナーと電力会社の間
  ・発電電力:
   ・共用部
   ・隣接するオーナー宅
   で使用し、余剰分をオーナーが売電できる。
   (買取期間10年、設備規模が10kW未満の場合はJ-PECの補助金を利用できる)

等となっています。


オーナー側としては選択肢の幅が広い分、どのようなプランにすることが最適なのか、判断する上で補助が必要になるのでは・・・と想像します。(この点は、メーカー側でサポートされるのかもしれませんが)

とはいえ、戸建住宅より建物が大きく入居世帯も複数になる賃貸住宅において、発電電力の活用方法を複数のプランから選択できるのは、集合住宅での太陽光発電システムの導入・利用の新しい形を提案しているようにも感じられます。


※関連記事:
積水化学工業住宅カンパニーが、太陽光発電を標準搭載の賃貸集合住宅「レトアおひさまスタイル」を発売(2009/07/18)

大阪府内のある賃貸アパート(9.1kWの太陽光発電システムを設置)では、1ヶ月の売電益が4万円余りとのこと(2010/08/25)
posted by 管理人 at 02:39 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅

2011年02月05日

積水ハウスの太陽光発電システム搭載賃貸住宅「シャーメゾン グリーンファースト」が、2010年度に890棟(前年の2倍以上)を販売

積水ハウスが、太陽光発電システム搭載の賃貸住宅シャーメゾン グリーンファースト」の販売状況を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・asahi.com(朝日新聞社):環境配慮型賃貸住宅「シャーメゾン グリーンファースト」 年間890棟達成 積水ハウス - 住宅新報社ニュース - 住まい
 http://www.asahi.com/housing/jutaku-s/JSN201102040001.html

(積水ハウスのサイト内ページ)
・<ニュースレター>積水ハウスの環境配慮型賃貸住宅「シャーメゾン グリーンファースト」 平成22年度の契約棟数は890棟 太陽光発電を搭載した賃貸住宅の年間契約棟数で業界最多 | 企業・IR情報 | 積水ハウス(セキスイハウス)
 http://www.sekisuihouse.co.jp/company/newsobj1585.html

上記URL先ページによると、2010年度(2010年2月1日〜2011年1月31日)の販売数は890棟に達した(2009年度は371棟)とのことです。


「グリーンファースト」の太陽光発電システム搭載戸建て住宅については、販売数1万棟突破が報じられていましたが、今回の発表からは、戸建てだけでなく賃貸向けにおいても、太陽光発電搭載住宅の人気が急速に高まっている、ということが感じられます。

個人的には、販売された賃貸住宅で、家賃の設定は(ほぼ同条件で太陽光発電が無い物件に比べて)どんな水準になっているのかが、気になるところです。


※参考
・[1]シャーメゾンECOスタイル(2階建て) | 賃貸住宅 | 積水ハウス
 http://shm-keiei.com/tintai/product/eco-style2/
posted by 管理人 at 22:11 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅

2010年12月21日

徳島県「フィット」社が、戸建て賃貸住宅向けに、太陽光発電システムの導入負担軽減・売電金分配を図る新プランを展開中

徳島県の「フィット」社が、戸建て賃貸住宅向けに、太陽光発電システムの導入負担を軽減し売電金を分配する新プランを展開しているとのこと。

(ニュース記事)
・家主負担ゼロで太陽光発電設置 :: 全国賃貸住宅新聞
 http://www.zenchin.com/news/2010/12/post-672.php

上記URL先ページによると、このプランの詳細は、

・目的:
 ・通常と同程度の価格での建築
 ・入居者への利益還元
 を両立できる方法として考案された。

・仕組み:
 フィット社が、賃貸住宅の家主に代わり太陽光発電システムの設置費用を負担する。
 そしてこのシステムによる売電金額を、
 ・家主
 ・入居者
 ・フィット
 の三者で等分し、設置費用を回収していく。

・試算例:
 戸建て賃貸住宅2棟に、各4.2kWの太陽光発電システムを導入した場合、売電価格は月あたり3万3,000円。
 これを、
 ・家主
 ・入居者
 ・フィット
 に、各々1万1,000円ずつ分配する。
 フィット社では、建築費用を約10年間かけて回収していく試算となる。

・実績:
 2010年10月頃から、試験的に提案を開始。
 11月末までには15棟を受注している。

等となっています。

またフィット社では、太陽光発電システムの設置法について、今後も様々な方法を検討していく方針とのことです。


記事に掲載されている試算例では、10年での回収費用は132万円となり、実際に設置費用を回収できるものなのか個人的には疑問がありますが、低コスト化のための工夫(例えば、低価格な海外メーカー製のシステムを採用する等)を図っている、ということなんでしょうか?


※参考
・[1]株式会社フィット | 徳島のマイホーム建築・不動産売買・賃貸
 http://www.fit-group.jp/index.html
posted by 管理人 at 19:25 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅

2010年08月25日

大阪府内のある賃貸アパート(9.1kWの太陽光発電システムを設置)では、1ヶ月の売電益が4万円余りとのこと

下記URL先ページでは、大阪府内の賃貸アパートにおける、太陽光発電システムの導入事例が紹介されています。

(ニュース記事)
・asahi.com : 太陽光発電を賃貸アパートに 売電で入居者にもメリット - マイタウン大阪
 http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201008240137.html

この中で、堺市のアパート(2階建て12戸、3年前に建築)の事例として、

・太陽電池パネル:9.1kW(屋根に設置)
・電力:共用部分(玄関のオートロック、防犯モニター等)に使用。
売電による利益:
 現在は1ヶ月あたり約5万円。(夜間・雨天時の電気代を差し引くと4万円余り)
 2009年11月の、余剰電力買取価格の値上げの恩恵を受けている。

との数字・状況が取り上げられています。


設置費用がどの程度だったのかはわかりませんが、年間の売電益が約50万円と考えると、余剰電力買取価格のアップの効果がかなり大きいことが感じられます。

これが他の地域(特に、雪が多い北国など)ではどのように変化するものなのかが、気になるところです。
posted by 管理人 at 19:10 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅

2010年05月28日

三井ホームの賃貸住宅仕様「三井ホームの『eco賃貸』」は、太陽光発電の電力分配に4方式を用意

「三井ホーム」が、「エコ」を提案する賃貸住宅仕様「三井ホームの『eco賃貸』」を、新発売する予定とのこと。

三井ホーム、「エコ」を提案した賃貸住宅仕様「三井ホームの『eco賃貸』」を発売(日経プレスリリース)
三井ホーム、太陽光発電など設定した「エコ賃貸」を発売(新建ハウジングWEB - 住宅ニュース)

上記リンク先記事によると、この「三井ホームの『eco賃貸』」は、

・背景:
 今年から申請受付が開始された「住宅エコポイント」は、賃貸住宅も付与の対象となる等、賃貸住宅オーナーにとってもメリットが高い制度となっている。
 加えて、昨今の環境意識の向上は、入居者ニーズの省エネやエコへの志向につながっている。
 これらの状況を受け、三井ホームは今回、賃貸住宅でのエコ仕様を新たに設定する。
・発売開始日:2010年5月28日
・販売地域:沖縄を除く全国

というもので、このうち太陽光発電システムについては、発電電力の分配において、下記の4方式を提案するとのことです。

・全住戸への分配:
 ・電力の分配先:
  全ての住戸に分配する。
 ・メリット:
  余剰電力は売電し入居者に還元するので、オーナーは
  ・高い入居率
  ・賃料のアップ
  が期待できる。
・中住戸などへの重点的分配:
 ・電力の分配先:
  一定あるいは特定の住戸に重点分配する。
 ・メリット:
  入居率や賃料の低下傾向がある住戸に対し、売電のメリットを付加することができるので、
  ・入居率の向上
  ・賃料対策
  といった効果が期待される。
・共用部への分配:
 ・電力の分配先:
  共用部の電気設備に分配する。
 ・メリット:
  余剰電力の売電による収益を、共用部分の電気代に充当する等、効果的な売電が行える。
・オーナーの自宅への分配:
 ・電力の分配先:
  賃貸住宅と同一敷地内にオーナー宅を建設する場合に、オーナー宅への電力分配が可能。
 ・メリット:
  オーナーの自宅の光熱費削減に貢献する。

等となっています。


個人的には、賃貸住宅における太陽光発電の利用というと、共用部での使用か各住戸への分配のいずれかしか頭に無かったので、今回提示されている他の2つの分配方法は、かなり意外でユニークに感じました。

今後の賃貸住宅において、太陽光発電がどのように活用されるうるのか、という点からも、これからの展開が気になる商品です。


※参考
・注文住宅の三井ホーム | ハウスメーカー ・ 住宅メーカー
 http://www.mitsuihome.co.jp/
・賃貸住宅にエコ仕様を提案 「三井ホームの『eco賃貸』」発売 住宅エコポイントにも対応(ニュースリリース | 三井ホーム  住宅メーカー・ハウスメーカー)
 http://www.mitsuihome.co.jp/company/news/2010/news0527.html
posted by 管理人 at 18:50 | Comment(0) | 賃貸住宅・集合住宅